« May 2017 | Main | July 2017 »

June 2017

Jun 30, 2017

CPU クーラー換装

最近、仕事用本務機の Hestia (CPU は Core i5-760) で RAW 現像をかけると、いきなり CPU の温度が跳ね上がって「90 度越えのアラート」が頻発する事態に。特に EOS M5 の RAW を扱うと…

IMG_0732これまで使用していた Intel のリテールクーラー

いずれはハードウェアの更新と 64bit 化が必要と認識してはいるものの、いきなり代えろといわれても。で、とりあえず CPU クーラーを替えてみようと思い、思案の結果、CoolerMaster の Vortex 211Q を買ってきました。

IMG_0733

交換前は、平常時で 50 度台後半、RAW 現像時で 90 度台まで跳ね上がったのですが、換装後は平常時で 30 度台後半から 40 度台半ば、RAW 現像時で 60 度台半ばか後半。

やはり、ずっと使い続けていたリテールクーラーがへたってたか。ケースの蓋を外して見てみたら、ファンの回り方がなーんか頼りなかったし。

3,380JPY の投資でこの結果が出れば、満足。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 28, 2017

その後の NuAns NEO

NuAns NEO はその後、どうなったか。動作速度は不満ないですね。

導入直後、「目覚めたときに microSDHC カードを見失う」事態が何回か発生しました。

スロットにカードを押し込むのではなくて、コネクタが露出した場所にカードを載せて金具で固定する仕組みになってます (ここに写真あり)。そこで微妙な接触不良があった模様。

これは、カバーを外してカードを装着し直してからは再発していません。隣接する SIM カードの方は何もトラブルはなかったので、かなり微妙みたい。

ソフトウェアはどうかというと、Twitter クライアントはタブレットと共通の Flantter、あと Windows Mobile のお約束で IC カード残高読み取りツールの Kumalica を愛用中。

これはホント便利で、Suica、Kitaca、nanaco、JMB WAON と、みんな残高や履歴を読み取って記録しておけます。おかげで、残高確認のために直近のレシートを保管しておく手間はなくなりました。

NuAns NEO の背面には IC カードが入る空間があるので、ここにカードを入れっぱなしにすれば「贋モバイル Suica」が実現できます。んが、入れたカードを取り出そうとすると、いちいちカバーを外さないといけないのでチャージが面倒。

そこでカードは入れないことにして、データの読み取りだけ NuAns NEO にやらせることにしました。背面に近付けるだけで読み取ってくれるから不便はないし、複数のカードを取っ替え引っ替えして読み取らせることもできるし。

お尻の充電用端子は USB Type C。Type A-Type C の充電ケーブルを買おうかと思ったけれど、そうするとケーブルが増えてしまうので、microUSB-Type C 変換コネクタを調達。これを、カメラバッグに常備してある充電用ケーブルの先っぽに付けてあって、microUSB デバイスを充電するときは外します。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 26, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 5

取材やらなんやらで 3 日間、お出かけしていたら、更新が滞っちゃいました (´・ω・`)

ともあれ、お次は「世界の艦船」。空母の特集ですが、そのうち「米新型 CVN『フォード』最新情報」を書きました。

↑のツイートが 2017/6/1 のこと。これなら今月売りの雑誌に間に合う、とホッとした次第。

同級の基本的なところは 2016/12 号で取り上げたばかりなので、それと重複しないように内容を組み立ててみました。そして、またも DOT&E の報告書が大活躍。

この原稿を送り出した後で、レイセオンの中の人に EASR (Enterprise Air Surveillance Radar) の話を聞く機会があったのですが、「ああ、間違ったことは書いてなかった」とホッ。

ちなみに EASR ですが、「いーさー」と読みます。中の人がそう呼んでいるので、間違いございません。その読み方でいーさー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 4

お次の「航空ファン」は、いつもの海外ニュース欄だけ。

初っ端に F-35A (AX-5) の初飛行が入っていますが、土壇場で写真 1 枚だけ差し替えたのではないかしらん。それはそれとして。

今回の号では日常的な流れだけでしたが、次号の作業はパリ航空ショーがらみでごった返しております。ことにパリやファーンボロの場合、民航機に関する動きが大量に出てきて、エアバスとボーイングの受注・お披露目合戦になるのが通例。

それと併せて搭載システムがらみでもいろいろ動きが生じるのですが、今回も例外ではありませんでした。

ただし「月刊エアライン」じゃありませんから、民航機の個別の受注をいちいち追うことまではしていません。追ってもいいんですけど、少なくとも 1 ページは増やさないと、他のニュースが入らなくなっちゃいます (´・ω・`)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jun 20, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 3

お次は「Jwings」。今月はいろいろあります。

まず、特集「現代航空戦」のうち、「航空戦の実際 - 湾岸戦争航空戦」と「航空戦を有利に戦うテクノロジー」。
前者は、航空戦のさまざまな局面がフルコース (?) で出てきたのは湾岸戦争が最後じゃないかということで、そろそろ古めのネタですが、引っ張り出してみました。時間が経っている分だけ、情報が多いですし。

このほか、いつもの「月刊 F-35」と、そこからスピンアウトした「空自パイロットが F-35 操縦課程を初修了 !」。

さらに「アメリカの最新無人偵察機 グローバルホーク」。ブロック 40 が出てくるかと思ったら、ブロック 30 だったのは嬉しい驚き。いや、両方並べてくれたらもっと良かったけど (←無茶いうな)

ちなみに、63 ページに載っているグロホの真正面からの写真ですが、EOS 5D Mark III にシグマの 12-24mm を組み合わせて、二段の脚立に乗って、ほぼワイド端で撮ってます。グロホの翼幅を考えると出目金は必須と踏んで持って行きましたが、大当たり。

それと、「F-35A 戦闘機 (国内生産初号機) お披露目レポート」の写真の一部も。メインは赤塚さんだったので、自分はもっぱらディテール写真に注力していて、その一部を載せていただけました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jun 17, 2017

消えた五十肩

3 年前の入院騒ぎの後ぐらいから、腕が上がらなくなりまして。それで何が困るって、高いところに置いてあるものを取るときと、風呂場で背中を流すとき。

「あーあ、五十肩が来た」といって、クサったわけです。もっとも、自分でそう思ったというだけで、整形外科かどこかでそういう宣告が下されたわけではなかったのですが。

ところが昨年の後半あたりから、また腕が上がるようになりまして。おかげで不自由はしなくなりましたけれど、なんなんだいったい。

この調子で、ついでに近くのモノが見える状態に戻ってくれればよかったのになぁ (´・ω・`)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 13, 2017

いまごろになってスマホ

世間で流行るスマホというものを、我もしてみんとてするなり。というか、ちょっと遊んでみたくなりまして。

どーせ「スマホでは原稿は書けない」ので、Let's Note を持って出るのがお約束。それならスマホに多機能を求める必要はないし、使えるソフトウェアの数だけが、やたら多くても意味なし。

むしろ、Windows 10 が走っているタブレットと同期をかけられるとか、そのタブレットと同じソフトウェアを使える (つまり使い方を覚える手間がかからない) とかいうメリットを重視した結果、iPhone でもなければ Android でもなく Windows 10 Mobile という斜め上の選択に。

さらに斜め上に行ったのは、定番と思われる VAIO Phone Biz に行かずに、NuAns NEO にしてしまったこと。Android に鞍替えした NuAns NEO [Reloaded] が出たばかりだというのに、ゲッツしたのはオリジナル版。

理由は、こっちの方がバッテリのキャパが大きいとか、こっちの方がシャレオツで女子力が高そうだとか、その他いろいろ。

IMG_0505

とりあえず Flantter をインストールして Twitter にアクセスできるようにして、タブレットで走っている Windows 10 との同期をかけて、ソフトウェアのアップデートをありったけやって。

と、そこまで自宅の無線 LAN で作業してから、今は IIJmio のプリペイド SIM を突っ込んで、ボチボチといじってみてます。3 ヶ月後の末日まで使えるから、容量上限の 2GB を超えなければ 9 月末まで使える計算。

メール環境をどうするかという大問題にぶち当たってるんですが、これはまだ答えが出ていないので、書くのは保留。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 2

続きましては「軍事研究」。あれこれ思うところがあってテーマの入れ替えをやりまして、今回のお題は「車両の武装化」。つまり、装甲列車とか、列車砲とか、列車移動式 ICBM とか、そういうやつです。

たぶん、これって「軍事と鉄道」といったときに真っ先に思いつくテーマなんじゃないでしょうか。調べてひとつの記事にまとめるのはけっこう大変でしたけど、やっていて面白かったです。

そして今回、私としては (たぶん) 珍しいことですが、最後でちょっとおちゃらけてみました。ちょっとですよ、ちょっと。

なお、次号では「軍事と鉄道」はお休みして、別のテーマでやります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 09, 2017

EOS M5 導入のメリット

昨年、フォートワースに行ったときには「この生涯に一度の大イベントを取り逃がすわけには行かぬ」といって、EOS 5D Mark III と EOS 7D Mark II の二丁拳銃で出かけていきました。かなり荷物が嵩張って大変でした。

でも実際のところ、片方は予備機という位置付けだから、メイン機がダウンしなければ出番はないわけです (実際にダウンに見舞われたことはない)。

で。先日の AX-5 お披露目の取材では、EOS 5D Mark III と EOS M5 の二丁拳銃で行ってきました。EOS M5 は高倍率ズーム付きだから、併せて持って行くものは充電器ぐらい。

PowerShot G1X Mark II ではいけなかったのか、っていう話は当然ながら出てきますけれど。G1X2 の場合、写りはいいんですが、AF が微妙に頼りないのは辛いところ。モノによっては、寄れなくて困ることもあるし。

ともあれ、今後は「5D3 または 7D2」プラス「M5」で行けそうなので、荷物がいくらか軽く、コンパクトになるんじゃないかと期待してます。もっとも、EF-M レンズを何本も持って行くことになれば台無しですけれど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 07, 2017

F-35A (AX-5) お披露目

すでにさんざん報じられている通り、三菱重工の FACO 施設で組み立てた最初の F-35A (AX-5 / 79-8705) が 2017/6/5 にお披露目されました。

まだ納入はしていないとかなんとか、いろいろ事情があって「ロールアウト式典」でもなければ「納入式典」でもありません。ともあれ、無事にここまで話が進んだのはめでたいことです。

_5D32807

予想していた通り、撮影可能な範囲はフォートワースのときよりも狭かったので、斜め後方からの撮影も難しいって感じでした。時間は意外とありましたけれど、なにせ人の数がフォートワースのときとは大違い。真正面からの一枚を撮ろうと思ったら、某全国紙の人がビデオカメラを回していたせいでしばらく待たされた、なんてことも。

詳しい話は今月売りの「Jwings」で赤塚聡さんが書いてくださる予定です。それはそれとして、小ネタをひとつ。

AX-5 のタイヤは AX-1 と同じ、ミシュラン「AIR X」でした。岩国で式典会場に置かれていた F-35B (BF-51 / 169293) はダンロップのタイヤを履いていたんですが。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

雑談用 (V)14

雑談用 (V)13 が満タンになりましたので、新エントリに移動します。引き続き、御利用ください。

| | Comments (78) | TrackBack (0)

Jun 04, 2017

本日の大失敗

うっかりして EOS M5 の電源を切り忘れたら、「さあ撮ろう」という段になってバッテリがスッカラカン。ミラー付きの EOS DIGITAL だったら電源を入れっぱなしにしていても「どうということはない」けれど、ミラーレスはアカンなあ。

背面液晶を強制的に切る操作を [M-Fn] ボタンにアサインしてあるんですけど、それが意味を持つのはカメラを触っている場合。電源を入れたままで放置していたら、気付かない間にバッテリが減る一方。「撮るときだけ電源 ON」を徹底しないと駄目だあ。

幸い、充電器は持って出ていたので、クルマの AC コンセントにつないで緊急的にいくらか充電できたけれど…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 03, 2017

ボン Q

先日、ブライトリングの DC-3 を撮ってみたくて仙台空港まで日帰り遠征してきました。

当初の情報では 10 時台に上がって 17 時台に降りるというので、降りまで粘るつもりでしたが、その後の情報だと降りが日没後にずれ込みそうだったので、上がりだけ。

_7D25541

Continue reading "ボン Q"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 1

まだ発売までに 4 日あるけど、いいや、上げちゃえ。というわけで、イカロスさんの「日本のステルス機 F-35 ライトニング II」でございます。

過去に「Jwings」で掲載した記事のリライト版と、新規書き下ろし原稿を組み合わせた内容。各型解説などの新規書き下ろしパートは、最新情報を盛り込んだ決定稿のつもり。

子細に見ていくと、「あ、これはこの本で初めて書かれたのではないか ?」というネタが混じっています。あと、末尾にまとめた年表と開発ヒストリーも、力の入っている部分。

そして今回の特徴は、私があちこちでカメラマンをやっていること。ことに、フォートワースでの AX-1 ロールアウト時に撮りまくったディテール写真は渾身の作 !?

たぶん、日本で組み立てた AX-5 のロールアウトでは、AX-1 のときみたいに「人が少なくて時間的余裕がたんまり」とは行かないだろうなあ… だって、多数の報道陣が押しかけて大騒ぎになるのは目に見えてるし。

それに、X-2 のお披露目の例からすると、どこまで立ち入らせてもらえるんだろか、と心配になってみたり。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2017 | Main | July 2017 »