« 2017 年 7 月のお仕事・その 4 ~ その 7 | Main | 2017 年 7 月のお仕事・その 8・その 9 »

Jul 23, 2017

EOS M5 (EF レンズ編・その 2)

その 2 は、EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM と組み合わせた飛行機撮影で、すべてスムーズゾーン AF と AI サーボの組み合わせ。

最初の「つかみ」で少し迷いを見せることがありますが、民航機の上がりぐらいだったら、いったん掴んだらもう逃がしません。気になるのは、EVF に切り替わるときのタイムラグで、タイミングによってはこれが原因で取り逃がす可能性があるかも。

あと、わずかとはいえ OVF と比べると EVF はタイムラグが出る上にシャッターを切ったときのブラックアウトがあるので、被写体をフレーム内で意図した通りに追い続けながら連写するのは、ちょいと慣れが要りそう。

最後のカットは撮影時刻が 1829 で、もう日が暮れかかっていたので、ISO1250 まで上がっちゃいました。こうなると DIGIC7 をもってしても、ちょっと辛い感じではあります。

|

« 2017 年 7 月のお仕事・その 4 ~ その 7 | Main | 2017 年 7 月のお仕事・その 8・その 9 »

Comments

 良いですね。何枚かダウソしてフォトショで覗いて見たけれど、ブレも甘さも無い。

>1/1250 秒。 f/6.3 226 mm

 デルタ機のデータ。絞り6.3だと、もう少し周辺光量不足とか出たりするものだけど、やっぱEFレンズは別格なのね。

Posted by: えいじ | Jul 23, 2017 at 10:02 PM

あ、周辺光量は補正女ので、ちがう、補正オンなので、そのおかげだと思います。APS-C だから、もともとフルサイズ機ほど盛大には出てないかもしれませんけれど。

そのデルタの機体の写真でちょいと気になってるのは、主翼下面がつぶれちゃってるんですよね。普段、M5 ってわりと露出がオーバー気味に出るので -1/3 をデフォにしているのですが、こういう状況だと背景に釣られるのか、プラス補正が要る感じでした。

Posted by: 井上孝司 | Jul 23, 2017 at 11:21 PM

> 補正女
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 24, 2017 at 10:29 PM

そこで「レンズ収差」のことだと思うか「下着」のことだと思うか… と思ったら、後者は「補正」ではなくて「補整」だったというオチでした。にゃはは。

Posted by: 井上孝司 | Jul 25, 2017 at 04:05 PM

いやいや、昨今は「Photoshop補正女」と言う話もありまして・・・。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 26, 2017 at 06:39 AM

ぽっちゃり体型でもスレンダー体型に修正してしまって「細っせえ女」と…

Posted by: 井上孝司 | Jul 26, 2017 at 08:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/65570806

Listed below are links to weblogs that reference EOS M5 (EF レンズ編・その 2):

« 2017 年 7 月のお仕事・その 4 ~ その 7 | Main | 2017 年 7 月のお仕事・その 8・その 9 »