« June 2017 | Main

July 2017

Jul 23, 2017

EOS M5 (EF レンズ編・その 2)

その 2 は、EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM と組み合わせた飛行機撮影で、すべてスムーズゾーン AF と AI サーボの組み合わせ。

最初の「つかみ」で少し迷いを見せることがありますが、民航機の上がりぐらいだったら、いったん掴んだらもう逃がしません。気になるのは、EVF に切り替わるときのタイムラグで、タイミングによってはこれが原因で取り逃がす可能性があるかも。

あと、わずかとはいえ OVF と比べると EVF はタイムラグが出る上にシャッターを切ったときのブラックアウトがあるので、被写体をフレーム内で意図した通りに追い続けながら連写するのは、ちょいと慣れが要りそう。

Continue reading "EOS M5 (EF レンズ編・その 2)"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jul 21, 2017

2017 年 7 月のお仕事・その 4 ~ その 7

あああ、仕事がテンパって更新が滞っている間に、こちらもいろいろスタックしてしまった (´・ω・`)

まず「Jwings」では、いつもの「月刊 F-35」と、「わくわく」でイージス BMD のお話を。いままで、イージス BMD を取り上げてなかったのが意外。

お次の「航空ファン」では、いつもの海外ニュース欄。「字」に加えて、IMDEX ASIA 展示会で撮ってきた ANL/Sea Venom の写真も入れていただきました。こうやってボチボチと、かかった経費を回収していくわけです。

あと、「Reader's Report」には、ニュージーランド海軍の HMNZS Te Kaha が載せてきた SH-2G(I) の写真を。

そして「新幹線 EX」は「システム考察」。今回のお題は脱線防止ガード。地味なテーマに思えますが、実際にお話を伺ってみたら、これが面白いのなんの。ということで、インタビュー取材の後で一気にグワーッと書き上げてしまったのが今回の記事。

あと、「日経ビジネス」で F-35 をお題にして「ステルス機の航空戦」について書きました。技術的な話はホドホドにしておいて、「ゲーム・チェンジャー」であるということの意味で締めたのは、ビジネス誌という媒体の性格を意識したため。実業界でも、「ゲーム・チェンジャー」に類する話はたくさんありますからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 16, 2017

EOS M5 (EF レンズ編・その 1)

小型軽量な EF-M レンズがそこそこ揃っているのだから、そっちを使えば ? というのは正論でありますが、使える資産は有効活用したいし、ことに望遠系は EF-M だと手薄だし。

ということで、当初からの目論見通りに EF-EOS M マウント アダプタをゲッツしました。当初、品薄だったみたいで「7 月末になる模様」「いや、8 月初頭になる模様」なんていわれてビビッたのですが、蓋を開けてみれば、ずっと早く到着。

ところが、ブツが届いた頃からやたらと忙しくなってしまい、なかなか試写が進まなかったのであります。それでも、ある程度の作例が溜まってきたのでお披露目を。

当たり前といえば当たり前ですが、ちゃんと「組み合わせたレンズなり」の写りをします。ここで挙げたのはみんなワンショット AF ですが、飛行機相手の AI サーボ AF 撮影も試してみたいですね。

Continue reading "EOS M5 (EF レンズ編・その 1)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 13, 2017

J-TECH のカメラバッグを (ちょっぴり) パワーアップ

3 年ばかり前に導入した、J-TECH の X-500 プロカメラマンバッグ (関連記事 1 / 関連記事 2)。軽くて丈夫なのはいいのですが、ちょっとキャパが少ないのが悩みの種。

それでも、機材を選べば、ボディと広角ズーム・標準ズーム・・望遠ズームが 1 本ずつ、それとクリップオンストロボは入ります。問題は、それとラップトップとラップトップの電源アダプタを入れると、メインポーチとフロントポーチが満タンになってしまうこと。

サイドポーチが 2 個ありますけど、これは着替えや洗面道具を入れると、おおむね満タン。その他の小間物が入るスペースがありません。つまり、名刺とか IC レコーダーとかメモ帳とかボールペンとか。かといって、小間物のためだけに荷物を増やしたくはないですし。

それで思案の結果、中田商店で J-TECH の EOD 用ポーチをひとつ買ってみました。これをフラップの外側に付けて、そこに仕事がらみの小間物をまとめてしまえという腹づもり。PALS (Pouch Attachment Ladder System) のおかげで、ポーチの増設は容易にできます。

IMG_0762

IMG_0763

その結果、厚みが少し増えて、実測してみると 29cm ぐらいになりました。「げっ、これだと機内持ち込みサイズの制限にひっかかるのでは ?」と焦ったものの… 実測してみると、長手は 50cm、厚みは 29cm。ところが高さが 25cm に満たないので、「55cm×40cm×25cm」制限をクリア。やったね♪

# 高さが低いから、長さがあるレンズが入らないんだろうに (´・ω・`)

そして、洗面道具、最小限の着替えをワンセット、商売用の小間物を常備しておいて、「カメラ機材とラップトップと洗顔フォームを放り込めば出動可能」という体制にしてみました。そこまで慌てて出動しなければならない事態は、まず起きないと思うのですけれど。

でも、1 月に「いつ F-35B が岩国に来るか分からん」状態だったときは、連日「1 時間待機」だったしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 12, 2017

2017 年 7 月のお仕事・その 3

「丸」の別冊、2017 年 8 月号「護衛艦『いずも型』&『ひゅうが型』」で、「ヘリ搭載護衛艦の戦闘システム」を書きました。幸いなことに現物を何回も見ているので、比較的、サクッと書けた記事ではあります。

そして、例の謎のアンテナ群。「CESM があるのは空母型 DDH だけ」「件のアンテナがついてるのも空母型 DDH だけ」「よって件のアンテナ群は CESM のアンテナと思われる」という三段論法ですが、真相やいかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 11, 2017

2017 年 7 月のお仕事・その 2

続きましては「Jships」。今回は盛りだくさん。

まず、いつもの「艦艇用語の基礎知識」は、USS Fitzgerald の衝突事故を受けて急遽書いた、ダメコン入門編。それとの関連で、「USS フィッツジェラルド衝突事故」も。

そして特集「南シナ海クライシス」の「南シナ海のミリタリーバランス」。普通、この手の記事だと「フネが何隻で排水量の合計がなんぼ」とやるものですが、いまどきのシーパワーは排水量だけでは測れないだろうと考えて、違うメソッドを提案してみました。中身は記事を見てのお楽しみです。

あと、「FOREIGN HOT SHOT」の「IMDEX ASIA 2017」。Gui toremans さんからの写真とレポに、自分が見てきた話と写真をマージして、IMDEX ASIA 2017 展示会の記事を組み立てました。

IMDEX ASIA 2017 の会場で話をしたタレスの広報さんが、極めて迅速に画像データなんかを送ってくれたので、「タレス提供」の画像も入れてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2017

2017 年 7 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。「軍事と鉄道」はお休みしまして、今回のお題は「北朝鮮がサイバー攻撃によって実現しようとした資金窃取」のお話を。

IT 業界の人なら「スピアフィッシング」とか「水飲み場攻撃」とかいう言葉が出てきてもたじろぎませんけれど、その他の業界だと事情は違いそう。で、その辺の話をメインにして、しばらく前にあった不正送金騒ぎなどの背景を。

さて、そろそろ「軍事と鉄道」の原稿ストックが怪しくなってきたし、このテーマでもう少し引っ張るか、別のテーマに移行するか。考えておかないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 06, 2017

そのまたその後の NuAns NEO

いまごろになってスマホ」と「その後の NuAns NEO」の続き。

メール環境をどうしようか、というのが懸案になってました。スマホの世界では基本的に、メッセージは鯖に置いておいて、必要に応じて見に行くのが正統なやり方なのかもしれません。でもねえ。

Google Reader 終了騒ぎからこちら、オンライン サービスというものをどうも信用しきれておらず、データはすべて手元に落として持っておくのを基本にしているせいで、そういう運用はしたくないわけです。

Windows Phone には Outlook メールなる、Microsoft Office の Outlook とは似ても似つかぬ電子メールソフトが入っていますが、これの設定を調べてみたところ、POP/IMAP サーバの場合には「同期」ができると。

つまり、メールボックスにメールが届いたときに、そこに Outlook メールからアクセスすると、メッセージがスマホに落ちてくるけれど、メールボックスにも残ったまま。だから、それを後から PC でダウンロードすれば OK。

スマホは着信確認・とりあえずの内容確認に徹すれば、とりあえず、この体制で運用できるかなと。ただ、「返信したメールがちゃんと届くのかどうか」、それ以前に「返信したメールがちゃんと出て行っているのか」については、目下、検証中。

これでとりあえず、必要最低限の基本機能は揃ったといえるのかな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jul 01, 2017

#今まで使ったことがある空港

なぜ神戸が「番外編」かというと、ターミナルビルから民航機に乗ったのではなくて、ユーロコプター (当時) の工場から EC135 で発着した、という内容だから。

よくよく考えたら、子供の頃に名古屋から日本航空の 727 で福岡に飛んだことがあったような気がするけれど、記憶が定かでないので、とりあえず除外。

あと、「ターミナルビルまで行ってるのに飛行機に乗ってない」空港が 4 つ。仙台、静岡、中部、関西。特に中部の場合、制限区域に 3 回も立ち入ってるのに飛行機には乗ってないという (爆) あと、軍民共用で軍側だけ立ち入ってるのが岩国。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main