« July 2017 | Main | September 2017 »

August 2017

Aug 28, 2017

J-TECH X-500 の内部配置見直し

以前に書いた ように、購入当初の状態のままではなく、すでに一度、内部の配置替えをやっている J-TECH X-500 プロカメラマンバッグ。

ところが、「カメラバッグ沼」だけでなく「カメラバッグ内部配置工夫沼」というのもあるようで、またいじりました。機材の陣容が変わったり、新しいアイデアが出てきたりすると、発症するようです。

その結果がこれ。内部の幅がボディの横幅ギリギリだと気付いたので、端に寄せた結果です。

IMG_1006

一応、5D3・5D4・7D2 のいずれか (w/標準ズーム) と、広角・望遠が各 1 本 (ただし 100-400mm とサンヨンは高さの関係で不可)、それとフラッシュが入ります。ただし、広角ズームのレンズフードだけは収まりませんでしたが。

以前のレイアウトだと、カメラのグリップと干渉するので、中間の区画に入れるレンズは、基本的に寝かせる必要がありました。しかし、新レイアウトでは立てて入れられるので、その脇に若干の空きスペースができました。40mm/2.8 や M5 用のマウント アダプタぐらいは入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 24, 2017

2017 年 8 月のお仕事・その 6

お次は「世界の艦船」。特集「世界の新型軍艦」のうち、「空母」と「水上戦闘艦」の紹介ページを担当しました。

で。納品した段階では、個々のクラスごとに (ちょっと毒のある) ひとことコメントを付けてあったのですが、特に水上戦闘艦は数が多く、ページ割りが厳しかったのでボツになっちゃいました。

でも、そのまま埋もれさせてしまうのはもったいないので (?)、ここでいくつか紹介してみます。

  • ズムウォルト級駆逐艦「"フロム・ザ・シー" の忘れ形見」
  • ラドロワ級コルベット 「艦籍に組み入れられたショーケース」
  • アドミラル・グリゴロヴィッチ級フリゲイト「打撃力は大きいが主機に泣く」
  • 055型「旅洋型フライトIII」
  • コルカタ級駆逐艦「超音速の長い槍」
  • ホバート級駆逐艦「CEC対応のお手頃イージス」
  • ブン・トモ級フリゲイト「八割引セールで手に入れた水上艦」
  • タヒヤ・ミスル級フリゲイト「商売のためなら外国向けが優先」

ちなみに、30DD については納品後に情報が出てきたので、慌てて差し替えをお願いしたのでありました。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Aug 22, 2017

名阪国道

先日、18 年ぶりだか 19 年ぶりだかに名阪国道を走ってきました。空いていたので比較的楽でしたが、「規格が低いのにペースが速い」「幅方向の余裕が少ない」「路面が荒れている」との印象は相変わらず。これで混んでたら怖いわ…

でも、名阪国道を端から端まで走る (駄洒落ではない) のはまだマシで、途中から合流する方がもっと怖いかも。なにせ加速車線が短いから。だから途中で休憩に立ち寄るのは避けて、一気に走りきる方が気が楽かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 21, 2017

2017 年 8 月のお仕事・その 3~その 5

掲載誌が一挙に届いたので、一挙に取り上げます。

「Jwings」は、まずいつもの「月刊 F-35」で「直しマスカラ」のコーナーが拡大版になり、マウンテンホームで発生した火災事故の調査報告書について詳報。先月号のカラーページで AX-5 がエマー宣言して降りてきた話に絡んで IPP 云々の話を取り上げてましたけど、実はその解説の裏付けにもなっているのが、この報告書。

あと、特集「『スゴイ』がわかる軍用機入門」で、技術解説のページを担当しました。そこでこしらえたのが「『戦闘機技術の発達』図」。何を取り上げて、どう関連しているかを見せるのに四苦八苦したという労作 (←自分でいうか)

「Jships」の派生で、「アメリカ海軍の力」も出ました。こちらの労作 (←自分でいうか) は、日本に前方展開した米艦のリスト。スペースの都合もあって特務艦は外しましたけど、それでも配備開始/終了を日付まで突き止めるのは大変で、横須賀に前方展開した艦の一部は、とうとう月までしか分かりませんでした。

# 誌面ではどっちみち、月までしか出てきてないんですけど

面白かったのは。このデータをまとめるのに横須賀市と佐世保市がまとめた資料を参考にしたんですが、横須賀市の基地対策課がまとめた資料では、ガンとして「配備」「前方展開」という言葉を使っていないのです。前方展開して横須賀に来ると「(艦名) が初入港」と書いてました。面白いなあ (なにが)。

あと、アメリカ海軍全体の組織についてまとめたページも、今回のための書き下ろし。

「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄ですが、比較的、風変わりなネタとして米空軍のアジビラ散布爆弾を取り上げてみました。こんな廃物利用の仕方もあったとは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 16, 2017

既視感のあるお天気

ここのところ、首都圏は天気が悪い日が続いていて、肌寒さすら感じるぐらい。寝床を夏仕様のままにしていると、寒くて熟睡できないぐらい。

となると思い出すのは、1993 年の夏がやっぱり似たような天候で、その後に米の作付け不良と「平成の米騒動」が勃発したこと。また同じことの繰り返しにならなければいいんだけどなあ (´・ω・`)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 14, 2017

今後の NuAns NEO

さて。2 ヶ月ちょっと、IIJmio のプリペイド SIM で運用してみた NuAns NEO ですが、実質的には「Twitter 端末機」「Kumalica で残高チェック」「Web で調べ物をしたりニュースを見たり」「メールボックスの着信確認」というあたりの使い方に落ち着いてます。

となると月間のデータ量なんてタカが知れているわけで、1GB もいかないのが実情。それでは、月間 3GB プラン (IIJmio だと 972JPY) でも割に合わない感があります。それで、「データ量の上限は月間 1GB 程度でいいから、もっと安上がりな SIM はないか」と検討中。目下のところ、有力視しているのは DTI の 1GB プラン。

限度を超えそうになっても、以前から使っている携帯電話のテザリングで緊急避難する手もありますから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 11, 2017

2017 年 8 月のお仕事・その 2

う~、仕事がいろいろとスタックしてしまって、新しいカメラもレンズも試す余裕がない~

と、それはともかく、「その 2」は「軍事研究」。今回は日本国内の話も織り交ぜつつ、戦時輸送の話をメインにしてみました。

実は、このツイートが単なる駄洒落ツイートではなくて、そのすぐ後に出る軍研の記事を予告するものになっていたというね (←誰も気付きません)

今回は戦中の話がメインだったので、次回については容易に想像がつくところかも。その次回と、さらに続く 1 回で「軍事と鉄道」は終わりにして、新テーマに行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2017

2017 年 8 月のお仕事・その 1

イカロスさんの「シリーズ・世界の名鑑」。新刊は海自の潜水艦「おやしお」型と「そうりゅう」型です。そして例によって、戦闘システムに関する解説を書いたわけですが…

なにせ情報が少ない潜水艦のこと。システムの話だけでまとめるのは難しいし、そもそも馴染みが比較的薄い世界。そこでパッシブ ソナーを使った目標運動解析 (TMA) の話をかなり大きく扱ってみました。

単に搭載機器の名前を羅列するよりも、こっちの方が面白いんじゃないかしらん。と、書いた本人は思ってます。可能であれば今後も、この路線でいってみるのは面白いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 06, 2017

EOS 5D Mark IV + EF 24-105mm F4L IS II USM

昨日の横須賀サマーフェスタは、実は %タイトル% のコンビの試運転も兼ねてました。もっとも、遠景用に「成城石井」こと EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM も持って行ってましたけど。

EOS 5D Mark IV は発売当初からずっと、値動きを見てました。なかなか下がらないのは毎度のことですけど、さすがに最近になっていくらか下がってきたのと、仕事がいろいろスタックしてテンパってて「気晴らし」が欲しかったのと。そして、人身御供に出した機材のおかげで追い銭が意外と少なくて済んだのとで、背中を押された恰好。

IMG_0958

あと、EF 24-105mm F4L IS USM も、EF 24-105mm F4L IS II USM にリプレース。だから EF 24-105mm F4L IS USM も人身御供に出してます。新型の方が長く、寸胴になったなあ。

IMG_0956

ともあれ、その新鋭コンビを実際に撮影現場に持ち込んでみたら。

Continue reading "EOS 5D Mark IV + EF 24-105mm F4L IS II USM"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 05, 2017

操艦は難しい

ここのところ、いろいろと仕事がテンパっていて blog の更新も滞ってしまってました。ですが、今日は仕事をサボって (?) 横須賀サマーフェスタに行ってきました。ここのところ、入門の行列に恐れをなしてベース側には行かず、海自側に行ってます。こちらも朝一番は大行列だから、少し遅めの時間に。

今回が従来と大きく異なるのは、吉倉にも長浦にも逸見にも「護衛艦」がまったくいなかったこと。公開対象になったフネは「しらせ」「あすか」「たかしお」の 3 隻のみ、そのうち「たかしお」は上甲板を歩いてみるだけ。まあ、艦内に入れるといろいろ大変だし、そもそも不慣れな人間はハッチをくぐって降りるだけでひと騒動だから…

で。その「しらせ」で伺った話。回してみると、舵輪は軽いんです。でも、舵輪を回した後でフネが反応するまでには時間がかかり、いったん回り始めると止めるにも時間がかかるのだと。だから、回り始めたら早めに舵を戻さないといけないみたいです。

速力通信機を見ると、「原速」の上は「一強速」「二強速」「三強速」「全速」「一杯」(後進には「全速」がない)。戦闘艦じゃないから「○戦速」じゃないってことかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2017 | Main | September 2017 »