« August 2017 | Main | October 2017 »

September 2017

Sep 29, 2017

ヴィアイン梅田の朝ごはん

ルートインに泊ると、朝食はパンではなくごはんにすることが多いのですが、たいてい、納豆のミニパックももらってきて食べます。

先日、大阪に行ったときに、定宿のヴィアイン新大阪ではなくて、初めてヴィアイン梅田に泊ってみました。8 月にオープンしたばかりのピッカピカで、枕元のパネルには USB 充電ポート付きという気の効いた仕様。それはそれとして。

以前は、ヴィアインの朝食というとパンが主体で、ご飯はおにぎりが置いてあるぐらいだったと記憶していますが、ヴィアイン梅田では和食もだいぶパワーアップしてました。で、「えっ」と思ったのは、おかずがいろいろ並べてあるのと一緒に、納豆が置いてあったこと。

大阪では納豆は不人気だという話は、都市伝説だったのかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 26, 2017

NuAns NEO × DTI SIM

その後の NuAns NEO」で書いた通り、IIJmio のプリペイド SIM が 9 月末で期限切れになるのに合わせて、DTI SIM の 1GB データプランを申し込みました。過去 4 ヶ月の利用実績だと、30 日間で 600-700MB 程度の利用量だったので、1GB でちょうどよいと踏んだわけです。

DTI SIM はなぜか、NuAns NEO の動作確認済み端末に入っておらず、大量にある「登録済み APN」にも含まれていないのですが、理屈の上では使えるはず。それで、手作業で APN を登録したら接続で…

Continue reading "NuAns NEO × DTI SIM"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 24, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 8

お次は「世界の艦船」。特集「艦載ミサイルのすべて」で、対艦ミサイル、対空ミサイル、対潜ミサイルの中から現役にあるものをピックアップして、要約した紹介記事を書きました。

といいますか、対潜ミサイル以外はなにせ数が多くて、要約するのにたいへん手を焼きました。3 本合わせて 2 万何千文字だかになっているはずですが、これを書くために国会図書館に何度も通い、ジェーン年鑑と首っ引き。

これも含めて、最近、国会図書館でジェーン年鑑と格闘する場面が、やたらと増えてるような気がします。でも、あれを全部買ってたら費用はかかるし、場所をとるし、床が抜けそうだし…

ちなみに、記事中ではカタカナ表記になってますが、2 種類ある Mistral 携帯 SAM の艦載発射器はいずれも、名前が頭文字略語になってます。

  • SADRAL : Système d'Auto-défense Rapprochée Anti-aérienne Léger
  • SIMBAD : Système Integré Mistral Bitube d'AutoDéfense

「エリア 88」のウォーレンじゃないですが、「俺、フランス語わかんねえよ…」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 23, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 7

イカロスさんから「日本のミサイル防衛」という薄い本が出ました。

その中で、「究極の戦略兵器として生まれた ICBM その驚異的な破壊力と射程とは !?」を書きました。他の記事が「日本を取り巻く現状」について書かれたものなのに対して、私のパートは「普遍的な基本の話」。

そのせいもあって、「図解入門 最新 ミサイルがよ~く分かる本」(品薄で御不便をおかけしておりますが、増刷がかかりそうです) の中で書いた弾道ミサイルがらみの話とは、被る部分が多分にあります。

私のパートも含めて、めっちゃ詳しいという種類のものではありませんが、そのおかげで気軽に読めるし、重要な話は頭に入ります。とりわけ、さまざまな名称がこんがらかることが多い北朝鮮の弾道ミサイルに関する小泉さんのまとめは、重宝するんじゃないかしらん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 22, 2017

はじめての互換インク

プリンタのインク カートリッジ、普通は純正品を買う主義です。本体が安いんだから、それぐらいは利益に貢献したってバチは当たるまいと。

ただ、メインで使っている EPSON EP-807AW はそれでいいんですが、実質的に電話機としてしか機能していないブラザーの MFC-670CD は話が別。FAX は受信だけして、プレビューした上で印刷するかどうか決めているので、プリンタの出番は極めて少ないわけです。たまにコピーをとるときぐらいか。

すると、装填しているインクの大半がヘッドクリーニングのために消えていくわけで、そうなると「互換インクでもよくね ?」と。

それで「黒」がインク切れになったついでに、初めて試してみたのですが、さて吉と出るか、凶と出るか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 21, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 6

「自著」ではないのですが、少しお手伝いしましたので、ここでも紹介します。

作品社さんの「サイバネティクス全史」です。過去の戦史にまつわる話が出てくるセクションがあり、そこの翻訳などについて、確認や説明をするという関わりでした。

だいぶ昔に「クローズド・ワールド」という、コンピュータとアメリカの軍事戦略の関わりについて書いた本がありましたけど、これはどちらかというと対象を絞った内容。それと比べると、「サイバネティクス全史」は、より包括的に物事を知る役に立ちそうです。

なにしろ厚みが 1.5 インチぐらいある大著なので、ボチボチと読み進めているのですが、「軍事」と「コンピュータ」を二股かけて生きてきた人間にとっては、すんごく楽しいです。米空軍の「スーパー コックピット」なんて、学生の頃に話を聞いてワクワクしたもんですけど、いつになっても具現化する気配がなく… と思っていたら、それに近いモノがようやく F-35 で世に出てきたというね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 20, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 4 & その 5

お次は「Jwings」と「航空ファン」。後者はいつもの海外ニュース欄、前者はいつもの「月刊 F-35」に加えて、「わくわく」でイージス アショアの話を書きました。

なんかここのところ、あちこちでイージス アショアの話を書いているような… まだ世に出ていないものを含めると、少なくとも 4 件は書いてるぞ…

「Jwings」で石川さんが、CVW-5 の飛行隊配備履歴をまとめておられましたけど、これは大変な作業。先日に自分が「横須賀・佐世保の前方展開艦履歴」を苦労してまとめたので、この手の作業がかなりしんどいのは分かります。 いったん完成すれば「やったあ !」っていう達成感があるんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 3 : 新刊「図解入門 最新 ミサイルがよ~く分かる本」

なにも、発売日に北朝鮮が弾道ミサイルをぶっ放さなくたって… (;´・ω・`)

というわけで新刊でございます。「戦うコンピュータ (V)3」は「これでもか、これでもか」と話を詰め込みましたけれど、今回はもともとのシリーズのコンセプトもあり、「ミサイルってよくわかんない」という層を想定した内容になっています。だから、計算式は一切なし、基本的な原理原則の話に徹しました。

…でもないなあ。後の方に行くと、「ミサイルができるまで」なんて話も出てくるしなあ。

あと、組んでみたらあちこちに空きスペースができたので、ちょっとしたコラムを手当たり次第に突っ込んでみました。 それがいちばん面白かった、なんていわれちゃったらどうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 2

お次は「Jships」。連載「艦艇用語の基礎知識」は推進器の話・その 1 です。

それに加えて、特集「空母最新大図鑑」のうち「フランス、ロシア、イタリア、インド、タイ - 空母保有国の現況」。それと、急遽書くことになった「ジョン S.マケイン衝突事故」も書きました。

前の号でもフィッツの事故の話を書いているし、なんか事故レポ屋さんと化しつつあるような (汗) 前回の「艦艇用語の基礎知識」も、フィッツの事故を受けて急遽、ネタを変えてるし…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2017

フレアいろいろ

昨日は「太陽フレア」が話題で、原稿が進まないのも郵便ポストが赤いのも太陽フレアのせいにしちゃえ、って感じでしたけれど。

よくよく考えると、フレアっていろいろあるんですよね。

_7D22597 着陸するときのフレア

_7D23628_DP4 撃たれそうになったときのフレア

_7D25312 船体構造のフレア

あと、適当な写真がなかったけど「フレアスカート」というのもあるし。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 08, 2017

2017 年 9 月のお仕事・その 1

トップバッターは「軍事研究」。今回は「軍事と鉄道」の 7 回目で、占領地の鉄道の利用と、それに付随する話題として日本の占領軍専用列車について書きました。

記事中に出てくる陸奥市川駅の写真は、確か 6 年前に大湊線の乗りつぶしに行った帰りに「おお、この駅だ」と気付いて撮っておいたもの。忘れた頃になって出番がめぐってくるというやつですね。

なお、「軍事と鉄道」はあと 1 回、「補遺編」を残しておりますが、来月は金ちゃんのせいで予定が変わりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 05, 2017

バット・ケイブ

Leonardo Sp.A の傘下にある航空電子機器部門、要するに Selex ES の流れですが。そこで作っている使い捨てジャマーで、BriteCloud という製品があります。

チャフ/フレア ディスペンサーのカートリッジと同サイズのデコイで、その中に「脅威となる電波を受信して、贋電波で応答して贋目標をでっち上げる」機能を組み込んだ優れもの。

で。その BriteCloud を作っている工場の名前が Batcave というそうです。BriteCloud Assembly and Test Controlled and Ventilated Environment の略。

ぜーったいに、関係者にバットマンが好きな人がいて、それでこのバクロニムをでっち上げたでしょ (・∀・)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 03, 2017

今日の LX161

「丘」に着いて、カメラを引っ張り出した途端に上がってくるという、実にきわどいタイミングで捕獲。

_5D40368

ス~ウィス~ウィス~ダララッタ スラスラスウィスウィスウィ~ (スウィスだけに)

この A340 も、そのうち双発機にリプレースされる模様。すでにフィンエアの A340 は成田から姿を消しちゃったし、SAS とタヒチもいつまで続くのやら。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Sep 01, 2017

フェイクニュース

ふと思ったんですけど。

何かニュースに接したときに、「そうそう、その通りだよ !」と思った場合と「なんだこりゃ、怪しからん !」と思った場合には、拡散するのを少なくとも半日待ったらどうかなあと。

いわゆるフェイクニュースって、「受け手が見たい・聞きたいと思っている "いかにも、もっともらしい話" を流布する」ってところがありそうだから、「ちょっと待って」とブレーキをかけるだけで、少なくとも拡散は抑制できるんじゃないかなあと。

どんなもんでっしゃろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main | October 2017 »