« 手持ちの機材まとめ Mark X | Main | 本日のガックリ大賞 »

Oct 06, 2017

最近読んだ本 : 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

以前からハードカバーは出ていたらしいのですが、見過ごしてました。文庫で出ていたのが目にとまって、即買い。

さまざまな分野の事故を取り上げて、事実経過や背景事情について解説しているのですが、事故そのものよりも、その事故に至るまでの経過に着目、それを複数のケースに分類しているのが目新しいところ。

そして改めて認識させられるのが、「連鎖」でしたね。ひとつのドジや不具合だけでは、そう簡単に大事故にはならないのです。ドジや不具合の連鎖があると大事故につながるし、その過程で人為的な判断ミスや手抜きや骨抜きが入ると致命的。

そして全体を通じて流れているのが、「人がマシンやシステムを御する」という厄介な課題。人とマシンの関わりというところでは、少し前に読んだ「サイバネティクス全史」も良書だったので、この 2 冊を併せて読んでみるのがお薦めかも。

航空事故に関する本は以前からいろいろ読んでいたので、航空事故については馴染み深い (なんだそれ) 事例が多かったですね。

|

« 手持ちの機材まとめ Mark X | Main | 本日のガックリ大賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/65882127

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 : 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか:

« 手持ちの機材まとめ Mark X | Main | 本日のガックリ大賞 »