« J10 の電源ケーブルを延長 | Main | スタッドレスタイヤの新調 »

Nov 27, 2017

5D3 と 5D4 の DC カプラ部の構造の違い

EOS 5D Mark IV の DC カプラ通し部がプラプラする (クマデジタル)

 

これ、うちの 5D4 でも発生する現象で、なんかイラッとしてました。実は、5D3 と 5D4 で、この部分の構造が違っています。ちょうどいい機会なので、写真入りで。

まず、蓋を閉めた状態。左が 5D4、右が 5D3。

IMG_1313_2

5D3 は電池蓋の側が DC カプラ通し部にはみ出してカバーしているのですが、5D4 は DC カプラ通し部の蓋が下面まで来ています。そこで電池蓋を開けてみると…

IMG_1315

電池蓋の輪郭の違いが分かると思います。さらに斜めから。まず 5D3 側にピントを合わせて…

IMG_1318

つぎに 5D4 側にピントを合わせて…

IMG_1319

こういう構造なので、5D4 では電池蓋を開閉する度に DC カプラ通し部のカバーに当たって押し出して、プラプラする原因になっているようです。また、DC カプラ通し部のカバーの端が下面から微妙に出ていて、そこに何かが当たると開いてしまうようにも見えます。

これだけ見ると設計ミスに思えますけど、なんで設計を変えたのかなあ。

|

« J10 の電源ケーブルを延長 | Main | スタッドレスタイヤの新調 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66092360

Listed below are links to weblogs that reference 5D3 と 5D4 の DC カプラ部の構造の違い:

« J10 の電源ケーブルを延長 | Main | スタッドレスタイヤの新調 »