« SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 試写 | Main | SIGMA 150-600mm (ry の運搬手段 »

Dec 30, 2017

今年、やっちまったもの

年末恒例 (?) のまとめを。

カメラボディ

  • EOS M5
  • EOS 5D Mark IV

交換レンズ

  • EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM
  • EF-EOS M マウントアダプタ
  • EF 24-105mm F4L IS II USM
  • SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

あれえ、数量ベースだと、意外と少ないなあ… 金額ベースだと、5D4 のせいで数字が押し上げられるのですけど。

カメラ関連のアクセサリはというと、バッグは買ってないし、三脚も買ってないし、ストラップぐらい。PC 関連はマウスや Bluetooth アダプタみたいな小物だけ。ATOK2017 も、金額的には小物。クルマ関連はスタッドレスタイヤだけ。

この後の懸案としては、まず仕事用本務機となるデスクトップ PC のリプレース。次は腹をくくって Windows 10 にするかなぁ。写真の編集に使うから、馬力とストレージは欲しい。

それと、そろそろ給湯器の交換を考えないと。

|

« SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 試写 | Main | SIGMA 150-600mm (ry の運搬手段 »

Comments

あー、写真も1枚が5千万画素がそろそろデフォになりそうですし、CPUもGPUも容赦無いのが必要になりますねー…
coffee lakeで遂にi7が6コアになりましたが、次は8コアの噂もあるので、逆に欲しい時が買い時ですねw

あっ、i9でガチガチで作るのはそれはそれでアリだと思いますw 10Gbaseでネッとワーク、NASを組んでおけばやや暫くストレージとして持ちますw

Posted by: ぼろねこ2k | Dec 30, 2017 at 11:48 PM

とりあえず Core i7 ベースにする腹は固まっているのですけれど、詳細はこれから検討するのです。一度買ったら 5 年かそこらは使うと思われるので、それなりに欲張っておいた方がいいなあと。

5D4 で 3,000 万画素の大台に乗ってしまったので、それなりのスペックがないと辛いですし。

Posted by: 井上孝司 | Dec 31, 2017 at 08:32 AM

Windows10でもClassic shellを使えば実質7風のインターフェースにできるのでその点は問題無いかと。自分もPCのリプレースを考えてますが、性根がねじくれてるのでRyzenあたりで何かないかなぁ、などと探す今日この頃でございます。

Posted by: TBSH | Dec 31, 2017 at 05:05 PM

 わたくしもですね、メモリ目一杯積んだゲーミングPCで作業しているので(ここどや顔!)、フォトショとかぐりんぐりん動かしても、Lightroom でいくらサムネイル開いても、痛くも痒くもなく快適に作業しているわけですが、現状、ストレージのコストダウンの速度と、デジカメのサイズ拡大とどっちが高速かと言えば、やはりサイズ拡大の方が大きいような気がするんです(*個人の感想です)。
 クラウドに、BDに、HDDにと気楽に保存出来なきゃ、サイズの拡大なんて意味ないじゃん、とか思っているんですけどね。

Posted by: えいじ | Dec 31, 2017 at 07:17 PM

> Classic Shell
ああそうだ、前に使ったことがありましたよ ! これがあればスッと移行できそう。メモメモ。

Windows 10 といえば、実家の PC がアップデート分だけでデータ通信容量をドカ食いしているようで、ちと頭が痛いのです。

>サイズ拡大
ぬーん。使う機種にもよるのでしょうけれど、CN のプロ機を使ってる人と比べると、ソニーあたりのユーザーは大変そう。7D3 は画素数がドカッと増えるという説があるけれど、とりあえず 7D2 で引っ張るつもりなので気にしない気にしない (←

Posted by: 井上孝司 | Dec 31, 2017 at 09:06 PM

給湯器:エコジョーズじゃ補助金降りなくなってたorz
更新は計画的に(夏なら良いけど、今止まったらgkbr)

Posted by: sionnoiri | Jan 01, 2018 at 08:26 AM

職場用に写真からの3D合成をゴリゴリできるPCを考えてはいるのですが、GISもメモリもCPU占有率も(ついでに通信回線もイマドキは)容赦なく食ってくれるので、ガチガチの高スペック機を考えているのですが、結果X299マザーを使った40万コースが待っているので中々に頭が痛いですw。

RYZENもThreadripperの16コア機だと、立体合成の速度を稼いでくれそうなのですが、いかんせんほぼ自作でしか出回っていないので、職場で試すにはハードルが高いのが何とも。corei9の16コアはCPUだけで20万という素敵価格ではありますが。そんなモンを出すきっかけを作ってくれたThreadripperにはある種の感謝はありますがw

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 01, 2018 at 11:01 AM

> Ryzen
Intel-AMDの間を動く機種更新だと、OSはクリーンインストールしかないのでご注意ください。(経験者談)

> PC更新
そう言えば昨年、写真データを一次保存しているDドライブを、空きが200GB台になった3TB×2台のミラードライブから、7TB×2台のミラードライブに更新したので、大容量データドライブも必要かと。

年末に↓こんな記事もありましたので、参考に自作してみるのも一興かと。
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/1099154.html

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jan 01, 2018 at 05:34 PM

自作するか、完成品を買ってズボラするかで悩んでるんですよ、実は。
星野のアルミケースを有効利用する観点からすると、マザボと CPU とメモリだけ買ってこいという話になるんですけれど。

OS は 32bit から 64bit への切り替えになるし、上書きするのは嫌だからクリーン一択。Office も最新版にしないといけないけど、データを溜め込むのに Access が要るから高くつきますなあ (´・ω・`)

Posted by: 井上孝司 | Jan 01, 2018 at 06:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66218591

Listed below are links to weblogs that reference 今年、やっちまったもの:

« SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 試写 | Main | SIGMA 150-600mm (ry の運搬手段 »