« EOS M5 をゲレンデに持ち込んでみたら | Main | 2018 年 2 月のお仕事・その 3 »

Feb 18, 2018

2018 年 2 月のお仕事・その 2

続きましては、イカロスさんの「新シリーズ名艦」の新刊で「いずも型護衛される艦」 「いずも型護衛艦」です。

担当パートはもちろん、いつもの通りに「戦闘システム概論」です。前に「丸」でも書いたことがあるテーマですが、内容の見直しやアップデートはかけています。

|

« EOS M5 をゲレンデに持ち込んでみたら | Main | 2018 年 2 月のお仕事・その 3 »

Comments

>「いずも型護衛される艦」

吹いちゃいました。
いっそのこと「ヘリコプター搭載艦」でいいんじゃねぇの?

"空母"ってしちゃうと、アレルギー反応を起こす方々が内外にいらっしゃるからね。

Posted by: き~よ | Feb 21, 2018 at 05:18 PM

確か「いずも」が進水する頃からいいだしたフレーズですが、他にも同趣旨のことを書いている方はいらっしゃいますし、意外と当を得ているんじゃないかと自画自賛しております < 護衛される艦


日本に限りませんけれど、「空母」という言葉に心を惑わされる方はあちこちにいますよね~

Posted by: 井上孝司 | Feb 21, 2018 at 09:31 PM

弾道ミサイル迎撃という話が出てきてからは誰も言わなくなりましたが、海上自衛隊では、イージス艦こそが、最優先護衛対象となる高価値ユニットじゃないかという冗談がありましたね。

護衛されるべき高価値ユニットが、一番(ソフト的)防御力が高いw。

Posted by: いーの | Feb 22, 2018 at 09:48 AM

「他の艦を護衛する役回りのはずの艦が、いちばん大事なので護衛されてしまう」というあべこべ現象。もっとも昨今だと、水上戦闘艦はみんな貴重品になってきているので、護衛艦だか護衛される艦だか、わかんなくなってきているかも。

Posted by: 井上孝司 | Feb 22, 2018 at 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66408710

Listed below are links to weblogs that reference 2018 年 2 月のお仕事・その 2:

« EOS M5 をゲレンデに持ち込んでみたら | Main | 2018 年 2 月のお仕事・その 3 »