« 2018 年 4 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | 2018 年 4 月のお仕事・その 6 »

Apr 26, 2018

2018 年 4 月のお仕事・その 5

お次は「世界の艦船」。「特集 F-35B キャリアーの時代」のうち、「海自の『いずも』改造計画を考える」の中の「戦闘力と運用構想」を書きました。

飛行甲板の耐熱処理とか、格納庫のスペースとか、エレベーターの搭載能力とか。そういう話は以前からさんざん書かれていますが、意外にも見落とされていたのが艦側の燃料補給能力。

で、「どういう場面でどの程度の能力になりそうか」という話と併せて、その燃料補給の話や早期警戒機がらみの話なども加える形で、まとめてみました。

「いずも」型、サイズの割には意外と燃料搭載量がある、との説があるのですが、具体的な数字は公になっていないので、推測にとどまるのが歯がゆいところではあります。

QE 級から排水量に合わせて単純比例させると、「えっ」というぐらいに少ない数字になってしまうのですが、どうも実際にはもっと多いらしいという噂でして。

,/p>

|

« 2018 年 4 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | 2018 年 4 月のお仕事・その 6 »

Comments

>補給
機関砲はミサイルは
>JP-5 fuel stations
http://aviationweek.com/awin/us-navy-details-ship-mods-required-f-35
https://news.mynavi.jp/article/aero_tech-83/
JP-8 or 5 ?

Posted by: sionoiri | Apr 30, 2018 at 09:23 PM

 35Bの搭載機数×出撃ソーティがそれなりに計算された上での燃料タンク設計でしょうから、トン数と比較して少ないだろうということはないと思います。
 基準排水量が2万トンを越えないよう(法的根拠は何もない)、くだらない苦労をしているそうですが。おおすみの次級がいきなり3万トンとか行っちゃったら笑いますよね。

Posted by: えいじ | May 01, 2018 at 02:02 AM

民間のフェリーだと、税金の関係で寸法だか総トン数だかが閾値を超えないように腐心する事例があるそうですが。でも、当節の軍艦はドンガラよりアンコの方が高いでしょうから、排水量をちょっとへつったぐらいでは、コストは大して変わらないんじゃないですかねえ…

ただ、コストの問題よりもむしろ基地の岸壁が制約要因になるやも知れず…

Posted by: 井上孝司 | May 01, 2018 at 11:35 PM

Panamaxも有りますからね。(これは軍も民間もそうですが。)
新運河開削で制限が大きくなったとは言え、無制限では有りませんし。(まあ他の運河や海峡の制限も有りますし。)
岸壁の問題も世艦でも何回か取り上げられていた記憶が。
QE級にしても建造時から色々大き過ぎて問題が生じていたし、整備の問題も有ったかと。
ロシアにしても港湾の問題で艦艇の寿命に影響する様な事になったいたかと記憶が有ります。

Posted by: 井上さん1人半分の重さの男 | May 03, 2018 at 07:58 PM

そういえば、ドイツ海軍の巡洋戦艦の動きを制約しようといって、入渠可能なドックをぶち壊す作戦を実施した話がありましたね。やはりインフラは制約要因。

Posted by: 井上孝司 | May 04, 2018 at 12:51 AM

元すずらんのはくおうが、割とどこの港にでも入って行っているので(熊本とか根室とか)だいたい日本の岸壁は200mまでは対応できるようになっていると思います。
容積を増やすならミストラル級よろしく上に積んで行く形で。幸い日本には自動車輸送船に長けている造船会社が複数ありますし。…とうまくいけば良いんですがw
作る方は300m何するものぞ、なので問題は少ないでしょうね、ドック占有期間が長くなるくらいで。

Posted by: ぼろねこ2k | May 04, 2018 at 11:52 AM

民間の港よりも、却って海上自衛隊の基地の方が制約が厳しかったりして… (´・ω・`)
なんて心配をしてしまいました。
現に横須賀では逸見の岸壁を新設する事態になりましたし。あれ、どれぐらいのサイズのフネまで対応できるんだろう ?

Posted by: 井上孝司 | May 04, 2018 at 05:34 PM

そう言えばうちの所の金沢港最近クルーズ客船よく来ているよなあと思って大きさ調べたら、戸水ふ頭(金沢駅西口から50m道路が港迄続いてますが、その行き止まりの所)によく来るコスタ・ネオロマンチカで全長221mで50,000総トン超えていたみたいです。少し離れた所からでも、岸壁にデカい建物突然建った様な感じでしたね。
今度連休明け後(9日)にMSCスプレンディダて全長333m(金沢港のHPだと335m)14万総トン弱で高さ66mの物凄いデカいのが来るそうな。戸水ふ頭じゃ泊められ無いので外の大浜ふ頭になる様ですが。
QE級やニミッツ級の長さでも何とかなるんだなあ。

Posted by: 井上さん1人半分の重さの男 | May 04, 2018 at 05:51 PM

戸水ふ頭… になるのかな。みなと会館がある場所の西側なら、W7 の陸揚げ取材で行ったことがあります。あの辺にクルーズ客船も来てるんですね。

そういえば、「あさひ」の取材で長崎に行ったときにも、前日に松が枝の国際ターミナルに RCI の Quantum of the Seas が来てまして。それで「あさひ」とのツーショットを期待したら、翌日にはいなくなってたという (´・ω・`)

Posted by: 井上孝司 | May 05, 2018 at 09:17 PM

W7陸揚げしたのは隣の無量寺ふ頭(みなと会館も無量寺です)なんですよね。
無量寺ふ頭が旅客船のふ頭なんですが、3万t迄しか対応出来ないので隣の10万t迄対応出来る戸水ふ頭使っているです。(10万t超の船は大浜ふ頭です。)
今無量寺ふ頭は戸水ふ頭並の10万t超の船泊められる様に改修工事中です。みなと会館も改修計画有りまして、いずれ取りかかる予定。(どちらもクルーズ客船対応です。)

Posted by: 井上さん1人半分の重さの男 | May 05, 2018 at 10:58 PM

あっ、そうでした。取材案内にそう書いてあったような…

スケジュールがキツキツだったので、陸揚げの模様を取材・撮影した後で、みなと会館のロビーでワーッと原稿を書いて送ったのです。

Posted by: 井上孝司 | May 06, 2018 at 12:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66654020

Listed below are links to weblogs that reference 2018 年 4 月のお仕事・その 5:

« 2018 年 4 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | 2018 年 4 月のお仕事・その 6 »