« 辛いものが苦手になったみたい ? | Main | 撮り鉄・落ち穂拾い »

Apr 03, 2018

DPP の傾向の違い

ひょっとすると、単なる「気のせい」かも知れないんですが、

DPP (Digital Photo Professional) のバージョン 3 とバージョン 4 を比較すると、どうも後者の方がスキッとした艶のある画を吐き出してくるような気がします。

以前は、DPP4 の対応機種が限られていたので、たとえば 40D で撮った写真は DPP3 で現像してました。ところが、いつのまにやら DPP4 が 40D の RAW も扱えるようになったので、試してみたら、どうも絵作りの傾向が違うような気がして。

そのせいで最近、過去に 40D で撮った写真の再現像をいろいろやってみています。そもそも DPP3 より DPP4 の方が調整項目が多いし、細かい調整ができるので。

もちろん DPP4 の方が動作が重いのですが、40D の RAW ぐらいだとデータ量が少ないので、そんなに気にはならないようです。

|

« 辛いものが苦手になったみたい ? | Main | 撮り鉄・落ち穂拾い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66571275

Listed below are links to weblogs that reference DPP の傾向の違い:

« 辛いものが苦手になったみたい ? | Main | 撮り鉄・落ち穂拾い »