« 謎の空き領域増加 | Main | 2018 年 5 月のお仕事・その 2 »

May 09, 2018

2018 年 5 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。例の性能向上ネタで、取り上げたテーマは「ANZAC フリゲートの ASMD 改修」。(また地味なところを突いてくる…)

これ。昨年、シンガポールまで IMDEX ASIA を観に行ったとき、改修艦が来てたんですよ。なのに艦艇展示には姿を見せてくれなかったので、生写真を確保し損なったという痛恨事がありまして。今回の記事には間に合わなかったけど、何か機会を作って日本に来てくれないかなあ。横須賀じゃなくて佐世保でもいいから。

詳しくは記事中で書きましたけど、指揮管制装置を改良、レーダーを一新、SAM も一新。そこで開発した成果物の延長線上に次期フリゲートの戦闘システム。と、なかなか合理的に事を運んでいるので、何をやったのか知っておく価値はあると思われます。

|

« 謎の空き領域増加 | Main | 2018 年 5 月のお仕事・その 2 »

Comments

これ見て、さめ型どうすんだろ?とか思ったり思わなかったりw あと20年は使うでしょうから、AESAレーダーを搭載の検討は…メーカー側がお願いするかもしれませんね、維持費の事考えたら自腹足しても交換する意味が出るかもしれませんし。

C4Iの方はCOTSを使ってうまい事やりつつあるみたいですが、海自は。

Posted by: ぼろねこ2k | May 23, 2018 at 09:04 PM

理想をいえば FCS-3 搭載ですが、上構を総取っ替えするぐらいの覚悟が要りそうだし、重心が上がる可能性も懸念されるところ。レーダーはそのままで、ESSM ブロック 2 を導入する選択肢も、あるかも知れません。

Posted by: 井上孝司 | May 24, 2018 at 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66701737

Listed below are links to weblogs that reference 2018 年 5 月のお仕事・その 1:

« 謎の空き領域増加 | Main | 2018 年 5 月のお仕事・その 2 »