« April 2018 | Main | June 2018 »

May 2018

May 31, 2018

2018 年 5 月のお仕事・その 3~その 5

物欲散財部のネタに押し出されて、書き忘れてました (´・ω・`)

まず「航空ファン」。いつもの海外ニュース欄に加えて、カラーページの「シリア空爆に赴いた英仏空軍の長い槍」。英仏両国からリリースされた、出撃の模様などを撮影した写真の解説を書いています。

夜間の出撃だから仕方ないけど、アップで見てみると、けっこうノイズまみれの写真なんですよね。それでも、公表に耐えられるものが映るんだから、大したものではあります。

「Jwings」は、いつもの「月刊 F-35」。今月は比較的、ニュース欄の記事が多かった方かなあ。そして「開発試験」と「運用評価試験」の違いを説明するのにどうしようかと思案して、どんな説明をひねり出したかは現物を見てのお楽しみ。

「丸」も、いつもの「World Military Information」です。個人的には、リトアニアのレーダーの話がツボ。特集が「日本の潜水艦」では、そっちに私の出る幕はございません。

そーいえば、海上自衛隊って、WAVES にも相撲をとらせるのね… なんかすごい…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 2]

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1] の続き。

まず AF と連写ですが、空を飛んでいる飛行機を狙ったときの食いつきはいい方かなと。斜め移動ができないのは不満だけど、ジョイスティックで測距点をサッと移動できるし、移動と併せてダイヤルでサイズを柔軟に変えられるのは二重丸。

EVF のフレーム レートを 120fps に設定したことと、メカシャッター使用時のブラックアウトが短いことから、被写体を追いながらの連写は EOS M5 よりもやりやすいです。そうでなかったら G9 Pro に手を出した意味がなくなっちゃいますけど ()

最近の EOS DIGITAL と同様に AFC の設定をいろいろいじれるので、追従性重視のセッティングで。AFC 時のレリーズは、安全策をとって「フォーカス優先」。既定値は「バランス」ですけど。

レリーズ モードの選択は、モードダイヤルと同軸のダイヤルで選択する方式。連写に「I」と「II」があり、メニュー設定で好みのモードを割り当てられるので、「I」はメカシャッター、「II」はプリキャプチャなしの電子シャッターにしてみました。

電子シャッターなら EVF はブラックアウトしないので、被写体を追うのは楽です。その代わり、トンでもない分量のデータが溜まります。もっとも、ボタン操作ひとつで連続再生できたり、まとめて撮ったひとつのシーケンスをまとめて削除できたりするのは気が利いているところ。

電子シャッター使用時のローリングシャッター歪みは目立たないレベル… と思ったけど、カメラを止めて、被写体だけ動いている場面も試してみないと。

それでは、肝心の写りはどうか。飛行場で遠くの機体を撮ると、大気の揺らぎの影響もあるので、さすがに「スキッとした画」というわけにはいきません。でも、これは被写体のせいでレンズのせいじゃないです。近くのものを撮る分には問題なし。

絵作りのモードはどうか。「スタンダード」だと、ちょっと地味。でも「ヴィヴィッド」だとどぎつい。という悩ましい状況。その他のパラメータとしては、シャープネスと超解像があって、「あーでもない、こーでもない」とやってます。

ノイズリダクションは、状況によってはやや強めにかけてみてます。これも含めて試行錯誤中。

珍しいなあと思ったのは、画のサイズは指定できず、圧縮率も「スタンダード」と「ファイン」だけ、と選択肢が少なめなこと。「ファイン」にすると、JPEG データは軽く 8MB ぐらい行きます。

RAW 現像は、Abobe の DNG Converter を使って DNG に変換して、Lightroom 4.x で K-5 や D600 の RAW とまとめて扱う方向で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1]

昨年、EF/EF-S/EF-M にマウントを一本化したばかりだというのに、また浮気してるし (爆)

ソニーα 7 系列にも興味はあったけど、フルサイズ故の宿命で、ボディは小さくできてもレンズはさほど小さくなりません。それでは、システム全体の小型軽量化という観点からすると疑問符が付きます。だったら扱い慣れた EOS 5Dx 系列でよくね ? と。

それで目が向いたのが MFT。しかし、EOS M5 で流し撮りに難渋した経験もあり、「AF はいいとしても、EVF で動きものをちゃんと追えるんかいな ?」という不安が。

それで、店頭で E-M1 Mark II と G9 PRO を触ってみたのですが、EVF のブラックアウトは G9 PRO の方が少なめ、という印象 (個人の感想です)。そのことと、操作系が馴染みやすそうだとか、ステータス表示用の液晶ディスプレイがあるとかいう理由から、パナの方がいいなあと。

それでも不安はあって、その筆頭が「AF の最初の食いつき」。ただ、あれこれ検索をかけてもよく分からないので、ヤケクソで自ら人柱になってしまいました。

主目標は飛行機だから、レンズは当然、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S. (なげーよ)。
レンズ側の手ぶれ補正とボディ側の手ぶれ補正が協調動作して、ピタッと止まってくれます。

最初の試し撮りは「民航機では AF 食いつきのテストにならん」といって、百里のファントムをターゲットにしました。続いて羽田で民航機、ついでに京急、と、いろいろシチュエーションと検証項目を変えつつ、テスト撮影を進めているところ。

そして、いろいろ撮影しながら、あれこれと設定をチューニングしているところなのです。どうも、初期値の絵作りがいまひとつピンとこないので。(D600 でも似たような経験をしたっけか)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 23, 2018

その後のエアポート エッセンシャルズ

21-22 日にかけて、ガーディアン UAV の取材で壱岐に行ってきました。

前日に壱岐に入ってしまってもよかったのですが、天候に起因するスケジュール変更の可能性も考慮して、前夜は大村泊まり。当日の朝に長崎空港からオリエンタルエアブリッジの DHC-8-201Q で現地入りする作戦で。どのみち取材現場は壱岐空港だし。

すると、DHC-8-201Q は「100 席未満」なので、そのサイズの機体で機内持ち込みできるエアポート エッセンシャルズが本領を発揮。実際、オーバーヘッド ストウェージにはギリギリいっぱいでちゃんと入りました。

ただ、ボディ 1 台、レンズ 3 本、着替え、洗面道具、ラップトップなどといった具合に詰め込んでいくと、ちょっとキャパ不足は否めないところ。それで、フォーマット 160 をサブバッグとして持って行って、現場で適宜、中身を入れ替えつつ対処する方法で。

洗顔フォームだけならともかく、リップクリームにハンドクリームに日焼け止めに、と小間物が増えると、サブのバッグがないと無理。それに、現場でパッとレンズ交換するにも、サブのバッグがある方がいいですし。

そんなこんなで、この「エアポート エッセンシャルズ + フォーマット 160」のコンビが定番になりそう。ただ、エアポート エッセンシャルズの内部配置については、ちと改善の余地があるかなあという感触でした。

何がマズいかというと、下の写真で左上隅にある小スペース。ここに USB 充電器や耳栓や予備のバッテリを入れているのですが、場所が場所だけに出しにくい。これはなんとかしないと。

IMG_1359

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2018

Let's Note XZ6 (その 3)

Let's Note XZ6 (その 1)Let's Note XZ6 (その 2) の続きです。今回は「実際に使ってみて感じたこと・分かったこと」を主体に。

もう J10 はリサイクルに回してしまって手元になく、XZ がフル稼働状態になってます。

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2018

Let's Note XZ6 (その 2)

Let's Note XZ6 (その 1) の続き。

現物が到着したのは、自分が福井に行っている最中でした。なので、翌日、帰宅したときにブツを宅配ボックスから引っ張り出して、その翌日からボチボチと設営開始。以下、備忘録代わりのメモ。

IMG_2208

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2018

2018 年 5 月のお仕事・その 2

お次は「Jships」。特集「大図解 ! 汎用護衛艦のすべて」のうち「汎用護衛艦 "DD" 大図解」を書きました。 ,

普通、この手の記事だと艦の全体、あるいはディテールの写真をワッと並べて「ここに○○があります、機能は△△です。以上」とやるものですが、今回はちょいと趣向を変えてみまして。「航海」「戦闘」「居住」など、さまざまな「場面」ごとに、「この場面では、ここにある、この装備がこういう風に関わります」という仕立てに。

他誌も含めて、こういう仕立てにした事例って少ないかも。個人的には、この方がスッと頭に入ってくるんじゃないかと思ったのですが、どうだろう。

あと、連載「艦艇用語の基礎知識」も、海自の就役・退役シーズンに合わせて「艦の冠婚葬祭イベント」ちがう「艦の一生に関わるイベント」に関する解説を。ただし日本の話だけに限定せず、たとえば米艦につきものの「スポンサー」の話もかなり詳しく書いてます。

そういえば、2018/5/5 に行われたインディペンデンス級 LCS の USS シンシナティ Cincinnati (LCS-20) の命名式では、シャンペンでもウイスキーでもなく、スパークリングワインの瓶をぶつけて割ったとのこと。なんでだろ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2018

2018 年 5 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。例の性能向上ネタで、取り上げたテーマは「ANZAC フリゲートの ASMD 改修」。(また地味なところを突いてくる…)

これ。昨年、シンガポールまで IMDEX ASIA を観に行ったとき、改修艦が来てたんですよ。なのに艦艇展示には姿を見せてくれなかったので、生写真を確保し損なったという痛恨事がありまして。今回の記事には間に合わなかったけど、何か機会を作って日本に来てくれないかなあ。横須賀じゃなくて佐世保でもいいから。

詳しくは記事中で書きましたけど、指揮管制装置を改良、レーダーを一新、SAM も一新。そこで開発した成果物の延長線上に次期フリゲートの戦闘システム。と、なかなか合理的に事を運んでいるので、何をやったのか知っておく価値はあると思われます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2018

謎の空き領域増加

今日から、原稿書きに常用する PC を Let's Note XZ に切り替えてみました。実際に使いながらチューニングしていかないと、手に馴染む道具にならないし。

その XZ よりもずっと前から Windows 10 で稼働しているのがタブレット (dynabook tab S38) ですが、ストレージが 32GB しかないせいで、空き容量が足りなくてヒイヒイいってます。普段はともかく、大規模アップグレードがかかるときのことを考えると…

ところが。4 月末だったか 5 月の頭だったかに更新がかかって、現行バージョンは 10.0.17134。この更新の後で、ストレージの空き容量がいきなり 4GB ほど増える謎事態が発生。以前は 8-9GB ぐらいをウロウロしていたのに、今は 12-13GB。

なんなのこれ…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 03, 2018

Let's Note XZ6 (その 1)

型番は CF-XZ6PDCQR。

今すぐ買うつもりはなかったのだけど、「いずれは J10 の後釜が必要」とか「そろそろ Windows 10 への移行を始めないと」といった考えはありまして。

J10 は HDD を SSD に換装して体感性能が一気に上がったので、まだ使えることは使えるんですけれど。でも、DPP4 は使いたくないという程度のレベル。

最初は「すべてのデータが最終的に集結する」自作デスクトップ機の HESTIA をリプレースするつもりだったんです。んが、例の CPU 脆弱性の問題が勃発。その問題を解決した、改良型の石が出てからリプレースする方がよかろう、と。

あと、「新しい環境を試すなら、トバッチリが少ないところから始める」という考え。すると、お出かけ用ノート PC は好適 (2 年前に買った Let's Note SZ は、基本的に自宅据え置きで使っている)。

そうはいっても、仕事に耐えられる「まともなキーボード」は必須で、そのことと可搬性のバランスを考えると、Let's Note の 12in モデルがベスト。

他社製品も店頭でいろいろ触ってみたものの、やはり現在主流のアイソレーション キーボードってやつは、ストロークが少なくていけません。長くタイピングしていると、きっと指が痛くなる。

それで「うーんうーん」と悶絶しながら帰宅して、なんとなく淀コムを見てみたら…

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 1)"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 01, 2018

2018 年 4 月のお仕事・その 6

しまった、もう 5 月だ (爆)

4 月の〆は「丸」で、航空自衛隊の特集の中で F-35A について書きました。この号で初めて登場する大ネタというのはありませんが、ブロック 3F のリリース開始など、最新の情報はちゃんと反映させております。

ルーク AFB で訓練に使っている機体が、遠からず日本に戻ってくるんじゃないかという話があるらしいですが、さて真相やいかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2018 | Main | June 2018 »