« 2018 年 5 月のお仕事・その 3~その 5 | Main | EF 70-200mm F4L IS II USM »

Jun 06, 2018

テレ端固定

5/31-6/5 にかけて、パタクセントリバーなどに行ってきました。

主目標は NAS パタクセントリバーのオープンハウス (6/2-3) ですが、実際には 6/1 にパタクセントリバー海軍航空博物館を訪問、6/2 にオープンハウス、6/3 は雨だったので NASM のウドバー ヘイジー センターに転進。

当初の予定とは違うことになったものの、見られたものがいろいろと増えたので、結果オーライ。おいおい、仕事の場で成果物を蔵出ししていけると思います。

で。

昨年のネリスあたりから始めたのですが、デモフライトの撮影をするのに 100-400mm ズームのズームリングをあまり触らず、「よほどのことがなければ」テレ端固定で使うようにしています。

要するに、400mm 単焦点のつもりで使えということ。どうも、ズームリングを回していると、そちらに気をとられて「迷いが出る」ような気がしてまして。

そして「被写体に合わせてズームリングを回す」のではなくて「400mm×1.6 倍に合わせて構図を作れ」と。あと、中野耕志さんの教えに従って「闇雲にシャッターを切るのではなく、ここぞというところで」。

(ただし、対進課目だと、エンジン音を聞きながら "数打ちゃ当たる" 作戦で行くこともありますが)

AF がちゃんと決まらなくてがっかりしたケースがいくつかあったものの、パタクセントリバーでブルーズを撮ったときには、以前よりもマシになってきたような気がしてます。さて、修練、修練。

|

« 2018 年 5 月のお仕事・その 3~その 5 | Main | EF 70-200mm F4L IS II USM »

Comments

Posted by: TBSH | Jun 11, 2018 at 03:20 PM

>闇雲にシャッターを切るのではなく、ここぞというところで
古くは、瀬尾さんの「マッハを撮る」から言われている事ですが。デジ1の時代で、これは廃れたんだと思ってましたw。
「もう少し」と粘って、撮り逃がすことがかなりありましたから、デジで連射できる人がうらやましいと思ったりして。

Posted by: いーの | Jun 11, 2018 at 06:35 PM

>ゴーヨン
腕力がついていかないからだめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

>デジ1の時代で、これは廃れたんだ
闇雲に連写してると、ここぞというところでバッファが満タンになったり、美味しいタイミングの見極めが甘くなったりしますんで…

いくら大量に撮っても、本当に「これ」と思えるカットは一部だけだし。

Posted by: 井上孝司 | Jun 11, 2018 at 07:03 PM

( ◜◡◝ )
https://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/300_4ispro/index.html
https://youtu.be/0qB4uJO4FGc
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/date_lens/738552.html

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jun 11, 2018 at 10:06 PM

(∩゚д゚)

G9 Pro のセッティングを詰める方が先ですわ。

Posted by: 井上孝司 | Jun 11, 2018 at 11:09 PM

遅ればせながら
(*ˊ▽ˋ*)
https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_elmarit_200.html

…自分で振っておいてなんですが、たっかいですねー、欲しいけどちょっと買えない。テレコン付けても画質もAFも落ちない逸品ではあるのですが。

Posted by: ぼろねこ2k | Jun 15, 2018 at 10:51 PM

う、うーん、このお値段はちょっと…

Posted by: 井上孝司 | Jun 16, 2018 at 06:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/66801408

Listed below are links to weblogs that reference テレ端固定:

« 2018 年 5 月のお仕事・その 3~その 5 | Main | EF 70-200mm F4L IS II USM »