« そしてこうなった : OM-D E-M1 Mark II (その 2) | Main | 価値観の違い »

Aug 02, 2018

そしてこうなった : OM-D E-M1 Mark II (その 3)

AF の話はひとまず措いておいて、その他の話を。

もちろん 5D や 7D にはかなわないものの、ミラーレス機にしてはバッテリの保ちはいい方かなあ、との印象。バッテリのサイズが大きい分だけキャパがあるから、というのもあるでしょうけれど。残量がパーセントで出るのも良いですね (これは G9 Pro に勝っている)。

そのバッテリ。キャパがある割に充電が速いのは助かるけれど、充電器はウォールマウントプラグにして欲しかったなあ。ケーブル別体だとかさばるんですよ。

メニューの階層が深くて複雑怪奇、とはよくいわれるところらしいですが、既存ユーザーの慣れという問題もあるので、いきなりガラッと変えるのは難しいだろうなあとも思います。しかしせめて、マイメニュー機能があれば…

多用する機能だけ 1 画面にまとめておけば、メニュー階層の中をさまよい歩かずに済むし、既存のメニュー構成をいじる必要もないので、新規ユーザーにも優しい落としどころだと思うのですけれど。

設定といえば、設定項目がやたらと多いので、G9 Pro みたいな SD カードへの設定保存機能があると嬉しいところ。もっともあれ、SD カードをうっかりフォーマットすると、保存してあったはずの設定情報が消えちゃいそうではありますが。

そうそう。
G9 Pro や EOS M5 も似た傾向があるんですが、自分の被写体では露出がややオーバー気味に出る傾向があるようなので、-1/3 補正がデフォ。特に軍用機は色が暗いことが多いので、それを真に受けると露出オーバーになりがちだし。

|

« そしてこうなった : OM-D E-M1 Mark II (その 2) | Main | 価値観の違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/67012277

Listed below are links to weblogs that reference そしてこうなった : OM-D E-M1 Mark II (その 3):

« そしてこうなった : OM-D E-M1 Mark II (その 2) | Main | 価値観の違い »