« September 2018 | Main | November 2018 »

October 2018

Oct 30, 2018

最近読んだ本 : ドリーム・マシーン

すでにあちこちで書評が出回っていますが、ひとことでいうと、V-22 オスプレイの歴史について書かれた本です。単に V-22 だけ取り上げるのではなくて、その前段に当たる技術実証機や、そこで関わってきた人々の話が盛りだくさん。

いうまでもなく、この機体は開発過程で何回か事故を起こしているわけですが、その事故の経緯や原因についても、ちゃんと説明されています。それだけでもこの本を読む価値はあると思いました。

V-22 は日本のみならずアメリカでも賛否両論・喧々囂々のところがある機体。この本の中には、アメリカで政府の意思決定権者に対して「いかに V-22 がダメな機体か」を延々と論じてメール攻撃を仕掛ける人が出てきます。

でも、これって「○○反対運動」に取り組んだ人がしばしば陥る、そしていちばんやっちゃいけないことの見本じゃないでしょうか。国が変わっても人間のやることって似てますね。

翻訳は自衛隊 OB の方が担当されていますが、そのせいか、ところどころに「自衛隊っぽい」言い回しが出てきます。ここでそれのネタばらしをするのは… まあ、止めておきましょうか。読んでみてのお楽しみということで。某書と違って、訳語は正確です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Oct 29, 2018

Σ 150-600C のその後

勢い込んで投入した割には出番が少ない (ぉ Σ150-600C ですが、EF 100-400mm II が入院中ということもあり、先日の「シグナス祭り」にはこいつを持ち出しました。

 

レンズ側のファーム更新により、5D4 との組み合わせだとカメラ内収差補正機能が効くようになったので、写りはおおむね良好。ただしときどき、撮った機体のテール側で画が流れることがあって、これは検討が必要なところ。手ブレ補正が犯人かなあ ?

DPP で現像したり、5D3 や 7D2 と組み合わせたりすると収差補正は効かないわけですが、5D4 で撮った画を DPP4 で現像した結果を見る限り、いくらか絞り込んで周辺光量落ちを抑えてやれば、後は問題なく使えそう。フルサイズ機でこれだから、7D2 の方が悪くなるってことはないでしょう。

重さが気になっていたものの、間に休みを入れながら振り回していれば、終日の撮影でもなんとかなりそう。まあ、本当に休みなしでカメラを振り回さなければならない場面なんて、RIAT でも行かない限りは遭遇しないだろうし。

当面、こちらを優先的に使ってみてもいいかもしれないなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 25, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 5

今月のアンカーは「世界の艦船」。艦載防空システムの特集で、欧州諸国のパートと海上自衛隊のパートを担当しています。

どちらも文字数の制約で苦労しましたが、特に欧州諸国のやつはバラエティがあるので大変でした。慣れ親しんだ日米とは顔ぶれが違うので、それを取り上げる楽しさもありますが。

45 型は晴海に来たことがあるので生で見ていますが、仏伊のホライゾン型や APAR 搭載艦、それと昨年の IMDEX ASIA で振られたオーストラリアの ANZAC (ASMD 改修艦) も生で見てみたいものです。するとまた、手元の「電測コレクション」が充実するし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 23, 2018

Peak Design アンカーリンクス AL-4

ついに、月並みながら、こいつに手を出してしまいました。

Img_3287

Continue reading "Peak Design アンカーリンクス AL-4"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 21, 2018

ばん物の霊長

「ばんえつ物語に猿を乗せると、どうなるか分かるか」

「???」

「ばん物の霊長だ」

「お言葉だが、鉄道営業法では猿は乗せないことになっておる」

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Oct 20, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 3 & その 4

お次はイカロスさんの「Jwings」と「新幹線 EX」。3 ヶ月に一度の揃い踏み。

「新幹線 EX」の方は、いつもの「システム考察」。以前から温めて資料を集めて作図していたネタが、ついに世に出てきました (というほどのもんでもないか)。中身は見てのお楽しみ。

「Jwings」の方は、いつもの「月刊 F-35」に加えて、「熱血 ! 航空祭レポート」に初登場して MCAS ミラマーのレポを。うーむ、編集部のセレクトはこの写真だったか…

最近、F-35 関連のニュースが多くて助かります (なんのこっちゃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 16, 2018

北海道遠征に持って行った機材

13 日から 15 日まで、北海道に鉄活動をしに行っていました。2 日目の午後に雨に降られたのと、3 日目に下りの特別快速「きたみ」がウヤになって撮り損なったのが誤算でしたが、全体としては首尾はまあまあ。

持って行った機材は EOS 5D Mark IV、EF 16-35mm/4L、EF 24-70mm/4L、EF 70-200mm/4L II。要するに小三元の基本セットで、新しく手に入れた 2 本の実動テストも兼ねてます。

で、2 本とも普通にちゃんと写ります (あたりまえやがな)。商売道具という観点から、「味」とかなんとかに対するこだわりは薄くて「どんな場面でもちゃんと撮れること」が大事なわけですが、期待は裏切りません。

ただし、EF 70-200mm/4L II は二度目の実写運用にして,早くも雨に降られて濡れました。もちろん、動作には何の問題もありませんけれど。

失敗したのはバッグ選びで、しばしば機材を出したり入れたりするとなると、エアポート エッセンシャルズでは不便でしたね。ここはやはり GW-PRO ショルダーで行くべきだったところ (´・ω・`)

_5d44669

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 2

2 番手は「軍事研究」。スタンダード ミサイルの話はひと休みして、今回はイギリスの新戦闘機構想「テンペスト」と日本の関わりについて書いてみました。

テンペストそのものの話はイントロだけで、基本的には「日本が共同開発に乗るとしたら、どうなの ?」という種類の話です。最後の締めは、かなり辛口です。意図的にそうしてみた部分もあります。

テンペストでは機内兵器倉に入れる代わりに、外部ポッドに兵装を収容するとの話も取り沙汰されてますけど、もしも ASM-3 を搭載できる翼下ステルス兵装ポッドを用意したらどうなるか。たぶんこうなります。

これは 1 機の戦闘機ではない、3 機編隊だ !

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 09, 2018

MFT 機に見切りをつけて

見切りといっても、クルマの車輌感覚の話ではなくて。

5 月頃からこちら、システム一式をコンパクトにまとめられるマイクロフォーサーズ機で戦闘機を撮れるかどうか、ということで、いろいろトライしていたのは御存じの通り。

先日のミラマー行きでも OM-D E-M1 Mark II を持って行って、1 日目に 7D2 で基本的なところを押さえておいて、2 日目に OM-D を試してみました。しかし、やはり歩留まりがあまりよろしくありません。

Continue reading "MFT 機に見切りをつけて"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Oct 07, 2018

手持ちの機材まとめ Mark XI

過去の履歴が残るように、引退したやつを打ち消し線付きで残しているのは前回と同様 (コンデジ除く)。

前回掲載時と比べると、動きが激しいのが今回の特徴。まず、初のマクロレンズが登場。

その後、「機材サイズの制約が課せられる場面を想定して」という理由でマイクロフォーサーズ機を試してみたものの、ことに戦闘機が相手だと歩留まりがよろしくなく、継続利用は断念して放出。

それと併せて EF 70-200mm F4L IS USM も II 型に更新。あと、このリストには現れていないけれど、Σ 150-600C のファーム更新で、5D4 と組み合わせれば収差補正が可能になったのもトピックス。

Continue reading "手持ちの機材まとめ Mark XI"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは、イカロスさんの「『あさひ』型護衛艦モデリングガイド」。毎度の恒例で搭載兵装の解説を担当しているわけですが…

クラスが違っても搭載兵装の多くが共通、というのはありがちな話。だからといって、同じ内容で済ませてギャラをいただくわけにも行かないので、いろいろ工夫しています。そしたらとうとう今回は、Mk.45 艦載砲の電源の話まで書いてしまいました (爆)

でも、艦載砲の電源の話なんて、なかなか書いている媒体ないでしょ ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2018

2 枚の microSDHC カード

先日、32GB の SanDisk 製 microSDHC を 2 枚買いました。ただし、それぞれ異なるものです。

ひとつは Class 4 の SDSDQ-032G-J35U で、スマホのデータ保存用。RAW はないし高速連写もしないのだから、Class 4 でもいいだろ、と割り切りました。

これまで 8GB のやつを入れていたのですが、意外とデータ量の増加が早いので、先手を打って大容量化。これで、PC 側で保存していた写真を「見せびらかし用」に複製する余地もできます (たぶん)。

この 32GB をスマホに入れて、そのスマホを USB ケーブルで PC に接続。そして、外した 8GB は PC 側のカードリーダーに入れて、データをドワーッとコピーして終了。

もうひとつは高耐久型の SDSQQND-032G-JN3ID で、Class 10。こちらはインプレッサに後付けしたドライブレコーダー用。実はレコーダーに 8GB のカードが付いていましたが、それってどう見ても高耐久型じゃないし。

常時連続書き込みという運用形態と、信頼性が第一 (いざというときにちゃんと記録してくれてないと意味がない)、そして大容量ということで、32GB の高耐久型カードを用意する選択、悪くはなかったと思ってます。製品添付のオリジナルは予備として保管しておけるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 04, 2018

2018 年 9 月のお仕事・その 5

月末に渡米していたら、アップするのを忘れてました (爆)

というわけで、9 月の締めくくりは「丸」。特集は重巡「摩耶」ですが、第二次世界大戦モノがお題では、私に出る幕はありません。というわけで、いつもの「World Military Information」欄だけなのですが…

( ゜∀゜)Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2018

飛びます ! 飛びます !

先週の木曜日から今日まで、MCAS ミラマーのエアショーを見物に行っていました。初日は JL66 がお昼前に着くので、空港のすぐ近くにある USS Midway Museum も訪れてみたのは、ひとつ前のエントリでおわかりの通り。

そのサンディエゴ空港。JAL が着くのはターミナル 2。ロビーに出て、「さて、レンタカー センターに行くバスはどこかいな… おお、案内用のサイネージがある」。

Wp_20180928_03_59_32_pro

ほほお、日本語でも見られるのか。英語でも用は足りるけど、そっちも見てみよう。

Wp_20180928_03_59_43_pro

他はいい。でも「FLY」が「飛びます」って… ( ゚Д゚)

サンディエゴに来てコント 55 号を見る羽目になるとは思いませんでした (違)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2018 | Main | November 2018 »