« 2019 年 1 月のお仕事・その 5~その 7 | Main | スマホとタブレットの今後 »

Jan 27, 2019

お布団脱出速度引き上げ用ブースター

冷えますね~ 若い頃は、それでも勢いでなんとかなったわけですが、歳を食ってくると、なかなか。で。朝、布団を出るのが辛いわけです。

うちでは寝るときに暖房を止めてしまうので、朝になるとかなり冷えてます。それがお布団脱出速度を下げる大きな原因になってました。もちろん、何か早く起きないとヤバい用事があるとか、早く起きてどこかに行くんだ、と張り切っている場合は別ですが ()

そこで思案の結果、お布団脱出速度を引き上げるためのブースターとして、セラミックファンヒーターを投入してみました。ブツはシャープの HX-H120-H、プラズマクラスターと加湿の機能もついてます。

Img_3746

これらの機能は個別に運転できるので、冬場は暖房とプラズマクラスター、その他の季節はプラズマクラスターだけ、なんてこともできます。オールシーズン使えるなら、メカが増えてもいいか、と。

といっても、これに決めた理由は別のところに。セラミックファンヒーターはいろいろあるんですが、安いやつだとタイマーがないし、ちょっと上のクラスだと「切タイマー」しかないし。「入タイマー」が付いた機種を探したら、このクラスまで来ちゃったというのが真相。

Img_3747

6 時間後、7 時間後、8 時間後、のいずれかに自動オンが可能なので、寝る前にセットしておけば OK。寝室はそんなに広くないので、30-40 分も動かせば、そこそこ暖かくなるようです。ちょっと騒音があるけど、まあ目覚まし代わりだと思えば。

|

« 2019 年 1 月のお仕事・その 5~その 7 | Main | スマホとタブレットの今後 »

Comments

 これほら、夏のエアコンの場合、会社に出ている時も24時間入れっぱなしの方が電気代に優しいという説があるわけですが、ガス・ファンヒーターはどうなんだろうと思っているんですよね。うちでは居間でガスファンピーターが一台動いているだけで、それが24時間運転しているんだけど、果たして夜だけ止めたらどうなるのか? でも実験結果を出すには最低一ヶ月はそれでデータを出す必要があるから、試すだけの勇気がない。

Posted by: えいじ | Jan 27, 2019 at 11:13 PM

基本的に気温が一定を保てば投入エネルギーは最小で済むのですが、北海道基準で見ると本州の建物は気密性があまりに低いので、果たして思惑通り行くのかな?という気も。

建てて5年の我が家は厳冬期(-25まで行きました、今年は)でも暖房用のガスが3万で済むので気密万歳です(笑)
※第一種換気装備済み

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 28, 2019 at 08:42 PM

(…壁の換気口が開いたままになっているのに気付き、慌てて閉めた)

Posted by: 井上孝司 | Jan 28, 2019 at 10:28 PM

えっと。その後の運用実績ですが、これで部屋を 30-40 分ほど温めると布団からの脱出がすごく楽になり、起床時刻が早まるという成果が上がっております。あと、ピンポイントで足回りを温めたいときにも使えるし、いい買物でした。

…買物といっても、淀のポイントでもらってきたんだけど

Posted by: 井上孝司 | Jan 31, 2019 at 04:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/67629483

Listed below are links to weblogs that reference お布団脱出速度引き上げ用ブースター:

« 2019 年 1 月のお仕事・その 5~その 7 | Main | スマホとタブレットの今後 »