« April 2020 | Main

May 2020

May 28, 2020

2020 年 5 月のお仕事・その 4~その 6

今月の残りは連載の海外ニュースものばかりなので、まとめてやっちゃいましょう。

「航空ファン」、「Jwings」の「月刊 F-35」、それと「丸」の「World Military Information」ですが、最近は COVID-19 のせいでネタ枯れの恐怖におびえる毎日。ことにメーカーがらみの話は、どうしても足を引っ張られがち。あと、当面は大規模展示会の開催が望めないので、展示会に合わせて発表をぶつけてくる場面もないだろうし。

とかなんとかいいつつ、月初の締切時期になると、なぜかちゃんとネタは揃っているというミステリーが、毎月のように起きております。

ところで COVID-19 は滅ぼされなければならない

| | Comments (0)

May 26, 2020

爪の保湿

COVID-19 騒動に関連して「手洗い励行」がいわれる前から、私はこまめに手洗いをする人でした。ただしこれには付随的被害があって、手荒れしやすいのですね。だからハンドクリームは欠かせません。普段使いのとは別に、例の「即時待機の旅行用バッグ」にも、洗面道具とともにハンドクリームが入ってます。

ただ、手はそれでいいとして、爪の縦皺が気になってました。そこにたまたま行き着いたのがこれ。

爪のケアまとめ。自分でできる上手なファイリング方法から甘皮処理まで

これが怪しいまとめサイトや「いかがですかブログ」だったら無視を決め込むところですが、仮にも資生堂の公式。そこで「縦皺は爪が乾燥している可能性が」「ネイル用美容液やハンドクリームを塗るように心がけよう」とな。

いきなりネイル用美容液はなぁ。ということでとりあえず、ハンドクリームを爪までしっかり塗りつつ様子を見ようかと。甘皮あたりの乾燥割れも防げるし。

| | Comments (0)

May 22, 2020

2020 年 5 月のお仕事・その 3

お次は「世界の艦船」。対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) に関する特集の中で、米海軍や海自で使っている統合ソナー システム・AN/SQQ-89 の記事を書きました。

いやー、手強かった。ASW はもともと電子戦と並んで情報公開が少ない分野だし、メーカーに問い合わせてもあまり詳しい話は出てこないし、頼みの綱の NDL は COVID-19 のせいで閉まっているし。

そんなこんなでかなり難儀をしたのですが、なんとかまとめ上げたのが今回の記事でありました。ふう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 07月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2020/5/22時点)


 

ところで COVID-19 は滅ぼされなければならない

| | Comments (0)

2020 年 5 月のお仕事・その 2

お次は「軍事研究」。電子戦の話も大詰めまで来まして、今回のお題は ECCM。妨害を仕掛ける話があれば当然、仕掛けられる側の話も取り上げないと。こういうのは「お互い様」ですから。

ただ、この分野は特にソフトウェアがものをいう場面で、表に出てきている情報が多くない傾向はあります。だから、具体的にこうなっているという話よりも、その背後にある原理原則の話が中心になってしまうのは辛いところ。

| | Comments (0)

May 18, 2020

見通しの美学

鉄道誌の業界には「見通し」という業界用語があります。言葉で説明するよりも、写真をひとつ載せれば一目瞭然。新車紹介記事で必ず出てくる、こういうやつです。

Image_0_20200518185101

これ、本当にきれいに撮ろうとすると、けっこう難しいです。

Continue reading "見通しの美学"

| | Comments (8)

May 13, 2020

昔の機材で

過去に撮った写真を引っ張り出して RAW 現像のやり直しを進めていると、昔の機材で撮った写真でも、「ピントがちゃんと合ってて」「被写体ブレしてなくて」「光量が十分にあって低感度で済んでいる」ものなら、細かくパラメータをいじってチューニングすることで、意外と戦えるもんだなあと思います。

じゃあ、改めて 40D とか 50D とか 60D あたり (ニコンなら D7000 あたりかな) をゲッツして遊びますか。といわれると、「さすがにそれは…」というのが正直なところ。最初の二つの条件はともかく、最後の条件が満たされない場面は少なくないし。そもそも、40D~60D よりも、もっと小さくて軽くて性能がいい EOS RP が手元にあるのだから、そっちを使う方が筋というもの。

という、まことに身も蓋もないお話でありました。それに、以前にも書いた通り、RP に EF-S レンズを付けると、画素数の面からいっても、ちょうど「高感度性能がとてもいい 40D」になっちゃいますし。

ちなみに下のは、7 年前に 40D と 100mm/F2 の組み合わせで撮った東急 8500。この編成はちょうど先日、廃車回送になっちゃったそうで。

Image_0_20200513173501

| | Comments (0)

May 11, 2020

2020 年 5 月のお仕事・その 1

まずは「Jships」。特集「最新鋭艦のトレンド」の中で、水上戦闘艦と強襲揚陸艦のパートを書きました。「書き手の得意分野を反映して、電測兵装の話に力が入っている」ように見えたら、それはたぶん、気のせいです。

われわれ部外者は「現在のトレンド」を見ていれば済みますけれど、設計・計画担当者はそれでは済まないわけで、難しい仕事だなぁと思います。もっとも、トレンドをむやみに気にして、それに乗ること自体、時代遅れになるリスクをはらんでいるのかも知れませんが。最初に計画を立ち上げてから現物が就役するまでに、10 年やそこらは簡単に過ぎてしまいますからね。

あと、「艦艇用語の基礎知識」は指揮所の話に関する続きです。

私のパート以外では、日米安保と RIMPAC 演習の話をどっさりと。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2020年 06月号 [雑誌]
価格:1595円(税込、送料無料) (2020/5/11時点)


 

| | Comments (0)

May 09, 2020

Canon リモートスイッチ RS-80N3

マップカメラのポイントが 1,400pt ばかりあったのですが、カメラやレンズを買う際の足しにするには少ないし、アクセサリー類で買いたいものがあるわけではないし… といっていたら、「リモートスイッチなんてどうですか」とのリコメンド。テレパシーの持ち主ですか。

Image_1_20200509183301

EOS 5D Mark III/Mark IV と EOS 7D Mark II に適合するリモートスイッチは、だいぶ前からケンコーの社外品を使っています。ちゃんと機能するのですが、ひとつだけ不満があって、それがボタンのフィール。ストロークが長いだけでなく、タッチが少しグニャッとしているのですね。すると、半押しが分かりにくい上に、押すタイミングを逸しそうになってヒヤヒヤするわけです。実際に逸したことがないのは救いですが。

それで、余っているポイントを投入、さらにカード払いを援用して、純正品の RS-80N3 を発注した次第。ブツが届いたのでとりあえず触ってみると、「ストロークが長いのは同じだけれど、半押しの位置は純正品の方が明瞭に分かる」というところ。

あと、意外な差異があって、純正品の方がケーブルが少し細くて柔らかい感じ。これはハンドリングが楽になりそう。ケンコーのケーブル、固いからなぁ。

Image_0_20200509183301  左が社外品、右が純正品。    

 

| | Comments (4)

« April 2020 | Main