« May 2020 | Main | July 2020 »

June 2020

Jun 29, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 5~その 6

その 5。「世界の艦船」2020 年 8 月号の「特集 世界の空母 2020」で、「徹底比較 ! 米英新空母のメカと戦力」を書きました。ありきたりの話で済ませるのでは、編集部以前に自分が納得いかないので、新手の話をいろいろ拾い集めてみました。ちょうど IDR でフォード級の話をいろいろ書いてくれていたので、これは助かりましたね。

そしてよくやるように、現物の写真を見つけて、クローズアップして調べ回るの図。

後は「丸」の海外ニュース欄。恒例のやつです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2020/6/29時点)


 

| | Comments (11)

Jun 28, 2020

microUSB ケーブルの買い換え

これまで、取り回しがめんどくさいという理由で、携帯電話用の microUSB ケーブルは最短の長さのやつで済ませていたのですが。

ところが、新幹線の車中で「ラップトップにつないで充電しながら使う」なんて場面になると、置くスペースが足りなくて、テーブルから落ちそうになるのですね (グリーン車を常用すれば問題解決、という突っ込みはなしで)。あと、ホテル泊まりで携帯電話の目覚ましを作動させるとき、充電していると枕元から遠くなることがしばしば。どこでも枕元に AC コンセントがあるとは限らないから。

それで仕方なく、1m の microUSB ケーブル (充電専用) を 2 本調達して、普段使いのバッグに入れておきました。あと、自宅でも設置場所を見直して、充電器とクレードルをつないでいた長めのケーブルを、短めのやつに交換。これで捻出したケーブルもカメラバッグ行き。

ついでに、データ通信に対応しているケーブルと、そうでないケーブルを区別して、「短くてデータ通信に対応していないケーブル」を第一線から外す方向で。Type-C の方は逆に、そこそこの長さでデータ通信に対応しているやつに統一しているのですけど。携帯電話はデータ通信の所要がないけれど、スマホは画像データを吸い上げる場面なんかでデータ通信の所要があるから。

ケーブル類も意外と「大は小を兼ねる」部分があるなぁ…

| | Comments (0)

Jun 25, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 4

出ました、新刊「現代ミリタリーのゲームチェンジャー」。

ただし、Twitter でも先に書いていますが、「"これがゲームチェンジャーだ、すげえ" という趣旨の本ではありません。過去の事例をひもときながら、「ゲームチェンジャーとは何だ」「ゲームチェンジャーを生み出すためにはどういう思考や組織が要るか」といった話をメインに据えた本です。編集担当 S 氏の言を借りると「哲学的」なところもあります。

ぶっちゃけると、技術開発の動向そのものをメインに据えた、日経 BP 総研の「ゲームチェンジングテクノロジーの未来 2020-2029」を書きながら思ったこと、そこで書けなかったことを引っ張り出して、ひとつの本にまとめてみたところがあります。私の著作としては異色の存在といっていいかも。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代ミリタリーのゲームチェンジャー [ 井上孝司 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)


 

| | Comments (6)

Jun 21, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 2 & その 3

航空誌・2 誌をまとめて。

まず「Jwings」ですが、いつもの「月刊 F-35」で Auto-GCAS (Automatic Ground Collision Avoidance System) の話を書いたり、「これから直す不具合」ならぬ「無事に直った不具合」の話を書いたりしてます。

そして第二特集「魅惑のスウェーデン機」の中で、「旧型スウェーデン機が見たい !」を書きました。実際に現地に行って見てきた人が書いているのですから、バッチリです (なにがだ)。

一方の「航空ファン」は、いつもの海外ニュース欄であります。相変わらず、海外民間航空の欄がつらいことになっております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)


 

ところで COVID-19 は滅ぼされなければならない。

| | Comments (0)

Jun 19, 2020

ネイビー乾パンをやめようかと

うちでは長らく、カニヤのネイビー乾パンを「保存が利く非常食」として愛用してきました。そんなに値が張るわけではないし、賞味期限を 8 ヶ月ぐらい過ぎてから食ってもなんともないし (←) で、とても重宝します。

しかし最近になって問題がひとつ。2018~2019 年にかけて、右上の前歯と犬歯が相次いでもげてしまい、付け直した状態。特に犬歯の方は三回ぐらい、もげては付け直してるという有様。

そんな状態で、歯と歯茎に負担がかかりそうな乾パンを食うのはいかがなものか。と、そういう問題が出てきまして。カニヤのネイビー乾パンには何の罪もないんです。ただ単に私の身体がイカれてきたというだけの話で。なにしろ、ベッカーズの鹿肉バーガーに入っていたエリンギを食いちぎろうとしたら、付け直したばかりの歯が再びもげた、てなもんですから。

何か代わりの保存食を物色しないと (´・ω・`)

| | Comments (9)

Jun 16, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 1

今月は諸事情により軍研がお休みなので (お察しください)、違うトップバッターが。「世界の艦船」別冊、「海上自衛隊 2020-2021」。

これは毎年出ている恒例の別冊ですが、そこで「艦艇と航空機」の項を担当しました。ただしそこで「細かいスペックの話は別にあって、自分のパートはオーバービューについて述べること。それなら最適な切り口は何か ?」ということをだいぶ考えまして。

その結果、この手の記事としては比較的珍しいと思われる、変わった切り口で書いてみています。たぶん、海自を扱う「世界の艦船」の別冊では初めてのことかも。幸い、編集部でも「これは面白い」と評価していただけたようです。

この後で出てくる新刊で書いた話にも通じるのですが、テンプレを壊してゼロベースで最適な解を追求する、にトライしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船増刊 海上自衛隊 2020-2021 2020年 07月号 [雑誌]
価格:2649円(税込、送料無料) (2020/6/16時点)


 

| | Comments (0)

Jun 09, 2020

DD200

なんか、Twitter で見ていると、DD200 を毛嫌いしてる人が結構いるのね。まあ、「国鉄型至上主義者」からすれば、「DE10 を追い払おうとしている憎いやつ」だから、というバイアスもありそうだけど。

Image_0_20200609110201

確かに、従来からの美意識で見ると違和感ありありなカタチだけれど、あれはモジュール化した設計を取り入れて、「台枠から下」と「台枠から上」を分けた設計が現れているわけで。前部標識灯の位置も、その影響があるのかも。台枠の上にエンジンや電機品といったビルディング ブロックを積み上げて構成しているから、将来、派生モデルをこしらえたり機器更新をかけたりしたときに、違うカタチのものが出てくるかもしれないという新たな楽しみもあるわけ。

ことに外見的な話だと「従来の概念から外れたものは叩かれる」のは、他の分野でもよくある話。でも、もうちょっと長い目で見て、鷹揚に考えてもいいんじゃね ? なんてことを思った次第。

| | Comments (7)

« May 2020 | Main | July 2020 »