鉄道 (車輌)

Oct 09, 2017

昨日のガックリ大賞

現美新幹線が大宮まで来るというので、熊谷で送り込み回送を待ち受けていたら、9659E に被られた… !

この後の本番は無事に確保したけれど、光線がいまひとつなのがねえ。どこか越後湯沢以北でリベンジ戦だな、こりゃ。

このクルマは海側と山側でサイドビューが違うので、両方とも確保したいところ。 中身の方は報道公開のときに見ているから、いいのだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2017

昨日の広島駅で

同じに見えるけれど、左は 115 系、右は 113 系。後者は瀬野八に入れない関係で運用可能な範囲が限られるし、どちらかというと少数派なので、捕まえるのは難しい部類かも。

_7D24637s

上の写真は EOS 7D Mark II に EF 40mm F2.8 STM の組み合わせ。ISO2000 まで上がったけれど、意外と戦えてる。

同じコンビで遊んでみたのがこれ。画角の関係で苦し紛れに縦に構えてみたけれど、 2 枚とも奇跡的に (?) 流しが決まったのが嬉しい。

_7D24635s_7D24641_7D2s

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 18, 2017

標準規格ベースの特急車

それはつまり阪急 6300…? と思ったわけですが。

20m・4 扉通勤車は、両端の扉から車端までの寸法が 1,900mm 前後。だから、そこにトイレ・洗面所を配置すればちょうどいい。と思いかけました。

が、今だとバリアフリー化の絡みがあって、長手方向の所要スペースがだいぶ増えているので、1,900mm 前後では納まらないかも。宇都宮線の 205 系みたいに車端部に後付けで大きなトイレを設置した例もあるので、まるっきり不可能ではないかも知れませんが。

車端がダメなら、トイレ・洗面所をデッキの内側に配置すれば。となるわけですが、そうすると車端にデッドスペースができてしまいます。特別料金不要のクロスシート車なら、いさぎよく車端だけロングシートにしちゃえば済みますけど。

となると、都市近郊の通勤特急として使うのか、都市間あるいは観光地向けの本格的な (?) 特急車に仕立てるのか、でも事情は違ってきそう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 01, 2016

撮りにくくなった EF67

広島に行ってきました。なのに広島市内に宿泊せず、東広島・西条駅近くで投宿したのですが、それはもちろん EF67 を狙ってのこと。

_5D30482_DPs

今年の春の改正で EF67 の運用が 2 運用だけに減ってしまいました。そのうち A2 運用で後押しするのは 1062レと 1052レ の 2 本だけ。A1 運用は 5060レ・5052レ・1070レ・1050レと 4 本を後押しするものの、先の 2 本は夜間、1070レは払暁なので、走り写真は撮影不可。

つまり、補機としての走り撮影を期待できるのは、A1 運用の 1050レと A2 運用の 1062レ・1052レしかないわけです。ところが、1050レは西条着 0655、1062レは西条着 0624。日の出が遅い西日本では、もっとも陽の長い時間帯でないと辛い感じです。

実際、今朝に 1062レを撮ったときには ISO4000 まで上げる羽目になりましたし。持っててよかった 5D3。(ただ、晴れたら晴れたで、朝だから太陽に向かって走っていくことになり、ド逆光に見舞われるという問題ががががが)

これからの季節は実質的に、A2 運用 1052レのワンチャンスといっていいかも知れません。EF210 300 の代走に入れば別ですけれど。西条駅の折り返し待ちや天神川での止まりを狙う手もありますけど、それだけっていうのもちょっと (´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 30, 2016

続・N700 系 X59 編成

結局、「N700 系 X59 編成」で書いた通り、1 号車だけ代替新造という運びになりました。放火に遭った車両から流用した機器があったのかどうかは分かりませんが。

いまさら基本番代の構体をひとつだけ作るのは合理的ではないから、構体は 1000 番代 (N700A) と同じで、塗装は基本番代/2000 番代と同じという珍車ができちゃいました。青帯が長い逆パターンなら、レイダース付きの 2000 番代がすでにありますけど。

構体はそれでいいとして、中身はどうするんだろう。他の車両との接続性を考えると、制御伝送系は 2000 番代と揃えないとまずいだろうし (N700 と N700A は制御伝送系の回線が違う)。

あと、腰掛が 2000 番代と同じなのか、1000 番代と同じなのか。1000 番代の腰掛を使うと、モケットの毛足が長い分だけ重量増になるし… そして、1000 番代の途中から仕様が変わったトイレまわりや照明はどうなるのか。気になるところはいろいろ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 10, 2016

山手線の E231 系転用

山手線用車両の新造計画について (JR 東日本プレスリリース)

E235 系の量産発表が出ました。押し出される E231 系 500 番代、直で武蔵野線に回されるんじゃないかと思っていたのですが、中央総武緩行線を挟んだ玉突きになるようで。

よくよく考えると、まだ中央総武緩行線だけ 6 扉車が残っている一方で、千駄ヶ谷の駅改良で可動式ホーム柵を設置することになったから、その 6 扉車を止めたいという事情がありそう。500 番代の 11 連から E235 系に転用する 10 号車の T 車を抜けば、それで 4 扉の 10 連になるし。

で。転属先となる三鷹車両センターの配置一覧を見ると、209 系 500 番代×13 本、E231 系 0 番代・900 番代×45 本 (マイナス 3 両)、E231 系 500 番代×1 本 (A520)。実は山手線から 51 編成持って行っても置き換えきれないというね。

となると、6 扉車がない 209 系は後回しにして、6 扉車付きの E231 系を優先的に追い出すことになるのかしら ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2016

今日の X0

X0 編成が出るという噂を聞き込んだので、半信半疑で小田原で張り込んできました。予報通りに雨が降っていれば、またいい雰囲気の画が撮れたところではありますが、実際には曇。

_MG_8488s
SS 1/2500, F5.0, ISO500, WB 太陽光

今回は身軽に EOS 70D + EF 300mm/4L のペアで行ってきました。EOS 5D Mark III の「艶のある写り」と比べるといくらか負けますけど、70D もなかなか戦えるなあと再認識。連写速度はこっちの方が速いから、動きモノを相手にするときには気が楽です。

ただ、サンヨンは AF があまり速くないのですが、鉄道相手だと置きピンするので問題になりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 21, 2016

E 編成が通過線を通る場面

昨日のエントリの続きで、E 編成が通過線を通る場面がどれだけあるかをリストアップしてみました。

そもそも、九州新幹線が開業した時点で「ひかりレールスター」の大半が「さくら」「みずほ」に建て替えになったので、山陽新幹線内限定の「ひかり」が少ないわけです。

しかも、残った「ひかり」の中には S/R 編成などを使うものもあるので、E 編成を使う「ひかり」は本当にわずか。おまけに大半の駅に停車するときたもんです。東広島あたり通過するんじゃないかと思ったら、以下の 3 列車とも停車するというね。

  • 2443A (新大阪 2020 → 博多 2352) : 
    通過駅は相生、新倉敷、新尾道、新岩国、厚狭
  •  
  • 2440A (博多 0600 → 岡山 0829) : 
    通過駅は新下関、厚狭
  •  
  • 2442A (博多 0616 → 新大阪 1014) : 
    通過駅は厚狭、新尾道、新倉敷、相生

2443A は夜なので、流し撮りで勝負するか高感度頼み。陽が出ているときに撮影できるのは上りの 2440A と 2442A だけですが、通過駅のうち厚狭は本線と副本線の間に「壁」が建っているので撮影不適。

_MG_0754s 
これは下り線だけど、上り線も事情は同じ

だから、新下関で 2440A、あるいは新尾道、新倉敷、相生のいずれかで 2442A、という選択肢しかないわけです。そして時間帯を考えると、新下関は光量が辛いかも。

なお、昨日のエントリでも書きましたが、相生で 2442A を狙う場合、タイミング如何では 3A に被られる可能性があります。

まあ、通常だと通過線を走る機会がない V 編成よりマシですが、貴重なことに変わりはないので、撮れるうちに撮っときましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2016

熊本電鉄 5101A の腰掛

土曜・日曜と熊本に行ってきました。

主目標は熊本電鉄 5101A ですが、前日に 01 系を撮りつつ沿線をロケハンしておいたので、日曜の本番は円滑かつ迅速にいったと思います。

その 5101A ですが。

Continue reading "熊本電鉄 5101A の腰掛"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2015

285km/h

285km/h 運転開始記念旅行商品|JR 東海

速達列車はツアー客向けに安売りなんてしないだろうと思ったら、大間違いだったのね。

昨日、その 285km/h 運転の 99A で大阪に行ったのですが、「え、285km/h 出してるの ?」というのが正直な印象。スピードを 5.5% 上げても体感できるような揺れの増加がないわけだから、これはすごい。

東海道新幹線の ATC-NS は、285km/h だといったら本当に 285km/h 出せる仕様だから、どこかで体験しているハズなんだけど。少なくとも名古屋と京都の間で回復運転をかけたときは、かなり頑張ったんじゃないかしらん。

DS-ATC の仕様の関係上、320km/h 出そうとすると「当たる」から、実際にはそれを若干下回る速度になる E5 にしたって、全速走行中の揺れの少なさは大したものだと思うのですね。

しかし昔と違って、殊更に全速走行をアピールしないのが目下の趨勢だから、ちょっとつまらないなあ。ニキシー管で「只今の速度」をやってよ、なんて無理はいわないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧