鉄道 (施設・配線)

May 03, 2017

発車標

発車標といえば。

山陽新幹線で使っている LED 表示の発車標って、先発列車が出発した後で表示を切り替える際に、すべて同時に書き替えるのではなく、個別に、順番に書き替える動作をします。だから、タイミング次第ではこんなことも起こります。

_7D24663

運がいいと見られるというのではなくて、先発列車が出た後で見張っていれば 100% の確率で見られると思います。

一気に書き替えないのは、やはりなにかしらの理由があるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 02, 2017

亀と配線図

可部線の可部~あき亀山間が、2017/3/4 のダイヤ改正で延伸・再開業となったので、全線乗りつぶしのタイトルを防衛するべく、乗り直しに行ってきました。それも、わざわざ 113 系の運用を狙ってスケジュールを立てて。

その、新しい終着駅・あき亀山駅の駅舎から外に出たところに、こんなものが建っています。

_7D24623

最初は「ふむふむ、モニュメントっぽいものを造ったのかな」と思ったのですが、よくよく見ると、右側の図柄が…

Continue reading "亀と配線図"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2016

E233 系 1000 番台のホームドア対応

駅ホームの安全性向上に向けた取組みについて (JR 東日本プレスリリース, PDF)

すでに赤羽みたいに工事を進めているところもありますが、最終的に京浜東北線の全駅に可動式ホーム柵を据え付ける運びとなりました。

それで、ふと気になって現車を見てみたら。

すでに京浜東北線の E233 系、運転台に 3 画面あるディスプレイ装置のうち右端の画面に、TASC 関連の表示とホームドア関連の表示が加わってました。ただ、まだ稼動していないから、TASC は停止中、ホームドアは「分離」。

どこかの駅で可動式ホーム柵が稼動を開始した時点で、ステータスが変わると思われます。

(追記) :
後でよくよく考えてみたら、山手線の線路に乗り入れる際には TASC やホームドア連携機能が要るから、山手線 (田端~田町間) のどこかで可動式ホーム柵の稼動を始めた時点で対応させていた可能性の方が高そう。

ホームドアの連携/分離についてはホーム側と通信するためのメカを追加する必要があるけれど、TASC の方は TASC 車上子の追加と関連ソフトウェアの追加という話になるのかな ? パターン制御で減速するのは ATC ブレーキと同じだから、共用できるところは共用したいんじゃないかしらん。

ちなみに、E235 系と同様にインチングの表示灯も付いてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 09, 2016

上野駅荷物ホームの現況

JR 東日本、上野駅に「トランスイート四季島」専用「13.5 番線ホーム」を新設 (マイナビニュース)

「こりゃいかん」ということで、改修対象になる荷物ホームの現況を見に行ってみたら、すでに工事は始まってました。

_5D31283_DP4

スラブの上面を引っぺがして、作り直すようです。すでに中央部では、乗降口に向かう通路の設置が始まってます。上の高架ホームを支える柱に挟まれているとはいえ、ちょっと幅が狭くないかしら ?

_5D31288_DP4

反対側では、若干の延長が。その理由はこれ。

_5D31289_DP4

「四季島」への乗り降りは 5 号車を使うそうですが、そうすると若干の不足があるせい。向こう側に止まっている電車を見るとギリギリで届きそうですけど、その電車がいる 14 番線の停止位置は、手前の 13 番線よりも奥 (右側) に寄っているので、13 番線だと 5 号車の途中で切れてしまいます。だから延長が必要になるというわけ。

ラウンジは 13 番線側に造るから、乗降の際にはかなりの行ったり来たりが発生しそう。いっそ 13 番線を「四季島」専用にしちゃえばと思ったけれど、そこまでの余裕はなかったか…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 06, 2016

博多駅で見つけた境界標

博多駅の新幹線中央改札を出て左手にちょっと進み、商店街「マイング」を通ってヨドバシカメラの方に抜けるときに、ふと足元を見たらこんなものが。

Border

在来線の部分は JR 九州の持ち物、新幹線の部分は JR 西日本の持ち物ということで、通路のまっただ中にこんな境界表示が。しかもひとつだけではなくて、点々と間を置いて複数が。

そういえば金沢駅は、在来線の高架部分と新幹線の高架部分の境界に少し隙間があるので、コンコースを通る際に境界部で頭上を見上げると、ちょっとした隙間が見えます。こんな感じ。

Border2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2015

正矢が書かれている例

「新幹線 EX」(Vol.37) の「システム考察」で正矢法について書きましたが、いざ探してみると、正矢の値が書かれている現場って、あるようでいて、なかなかないものです。それでも、見つけたものはいくつかあるので、その写真を蔵出し。

_5D37803s

これは曲線標に正矢が書かれている例で、山陰本線の千代川-八木間。

  • V= : 正矢
  • C= : カント
  • S= : スラック
  • TCL= : 緩和曲線長
  • CCL= : 円カーブの長さ

IMG_3636s

これは枕木に正矢が書かれている例で、確か東海道新幹線の小田原駅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2015

グラスがカント計に

昨日、「加賀焼き 528 号」 「かがやき 528 号」のグランクラスに、金沢から大宮まで乗ってきました。まことに快適でありまして、同行者も大満足。

グランクラスではドリンクサービスがありまして、さすがに紙コップなんてことはなく、グランクラスのロゴが入った専用グラスでサーブされます。

IMG_4847

実はこの写真、曲線走行中に撮ったので、カントのせいで水面がだいぶ傾いてます。だから、グラスの上までいっぱいに注いじゃいけません。余裕を残しておかないと、えらいことになります。(追記 : ひょっとすると碓氷峠などの急勾配も要注意かも)

グランクラスのサービス用カートも、車販のワゴンもそうですけど、きついカントがついているところを走っているときに動かすのは、かなり大変そう。実は車販って肉体労働です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 27, 2015

富山駅前の配線

万葉線の駅前延伸部、それと信越本線・脇野田駅前後の付け替え部分を乗りつぶすため、お出かけしてきました。よせばいいのに富山まで夜行バスで行ったので、ついでに富山駅前の工事状況も見られました。


Continue reading "富山駅前の配線"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 30, 2014

奥津軽いまべつ駅の工事現場

…に行ってきました。なんでわざわざ青森くんだりまで、それも工事現場に出向いたのかといえば。

ここでは、もともと海峡線が通っていたスペースを新幹線に明け渡したため、その両脇に狭軌線を増設しました (たぶん、新幹線が営業を始めた後は貨物列車の待避線になる)。そこに津軽今別駅の仮ホームを設けているのですが、ホームは工事中の新幹線駅を挟むように設けられているので、両者を結ぶ連絡通路が必要。その結果。

Continue reading "奥津軽いまべつ駅の工事現場"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Oct 04, 2014

レール削正デモ@鷲宮保守基地一般公開

昨年に引き続き、鷲宮保守基地の一般公開に行ってきました。基本的には昨年と同様の内容でしたが、レール削正車が奥の方に引っ込められていたところ (デモのときだけ出てきた) と、タイタンパーがいなかったところは、去年より落ちるなあ…

そのレール削正車のデモ。去年はうまく写真を撮れなかったので、リトライ。失敗の原因は「シャッタースピードが速すぎて火花が軌跡にならない」と「露出オーバーで火花がよく見えない」の二点にあったので、今年は SS 1/10~1/15、露出補正 -4/3~-2/3 といったところで。

IMG_0601s 
これは SS 1/15、露出補正 -2/3。EOS 70D と EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM の組み合わせ。

相手が走りながら削正作業をやっているところに、SS を下げすぎたみたいで、かなりブレてます。でも、火花が飛んでる画は撮れました。SS 1/30 ぐらいでも行けるかも ?

ちなみに、架線延線車は作業台に登らせてもらえるので、トロリー線を手で握ってみることができます。もちろん、通電してたら握るどころか接近するだけで死んじゃいますが、ここでは通電していないので大丈夫。意外なほど細いので、ビックリすること請け合いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧