旅行・地域

May 22, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)

初日は展示会の方をウロウロしてました。商売柄、C4ISR 関連のメーカーに興味が集中しそうになりますが、そういうわけにも行かないのでいろいろと。

造船所の展示だと、実艦やコンセプトモデルの模型しか置いてないことが多いので、いまひとつ面白味に欠けるような。でも、目立つ表ではなく横手に行ったら「!」なものが置いてあることもあって、これだから展示会は面白いです。ねえ、ティッセンクルップさん。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)

あれやこれやの事情があり、突発的に、シンガポールで国際観艦式に続いて開かれた IMDEX ASIA 2017 展示会 (2017/5/16-18) に行ってきました。これは海軍関連の武器展示会で、実は海外の武器展示会って初体験。6 月に日本でも MAST ASIA があるっていうのに。

展示会そのものの詳しいレポは、そのうち仕事の原稿で書くことにして。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2017

シンガポールに行ってきました

月曜から今日の午前中まで、シンガポールに行ってました。最後の晩は深夜便で発ったので、シンガポール滞在時間 56 時間。

その間に IMDEX ASIA 2017 展示会を 2 日がかりで見て、そのうち 2 日目はチャンギ海軍基地での艦艇公開にも行っていたので、忙しいったらもう。だから、マーライオンもセントーサ島も「なにそれ」状態。空港とホテルと展示会場の間を、バスや電車で行ったり来たりしていただけのシンガポール滞在でした。

最後に空港でビーフンを食ったのが、唯一、観光客っぽい行動だったかも。

そのシンガポール。治安はいい方だというし、街は清潔だし、公共交通機関も充実しているので、比較的、「行きやすい東南アジア」じゃないかなあと思います。

ただしその一方で、あちこちに監視カメラがついているし、有名な「罰金」の看板もビシバシと。さらに、チャンギ空港と海軍基地を結ぶ道路は「カメラ監視中」の看板があったほか、「不審な人・車・船を見かけたら直ちに 999 番に通報」という看板がビシビシと立ってるんですねえ。

治安の良さは、監視の厳しさと表裏一体なのかなあ、と感じつつ、展示会を見てきたのでした。その展示会のレポについては、これから某誌の編集部にプッシュをかけます。

IMG_0263
えらく背の高い二階建てバスがたくさん走ってました。

IMG_0266
MRT の Expo 駅。電車は VVVF の音をさせてました

IMG_0269
空港のトイレにあった「フィードバック用のタッチパネル」。イミグレにも (!)同じようなのがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 29, 2017

ホテルの看板架け替え物件

というわけで、本郷の方は行く機会を逸してしまったので、淡路町の近江屋洋菓子店に行って、チーズケーキをイートインして、レーズンサンドを To Go してきました。カーナビの地図データ更新ついでにクルマで行ったのですが、昌平橋のタイムズにクルマを置いておいたら、40 分足らずで 1,000JPY とられてしまったという (´・ω・`)

その昌平橋のタイムズから近江屋に行く途中、神田郵便局の横合いにあるホテルが、いつのまにやらマイステイズにバケラッタしていたので、びっくり仰天。

帰宅後に調べてみたら、マイステイズって店舗数が結構あって、またびっくり。そして、以前に泊ったことがある札幌駅前のベストウェスタンもマイステイズにバケラッタしていたので、またびっくり。

金沢のマイステイズは、もったいないぐらい部屋が広くて内装がシャレオツで、印象が良かったのです。ただ、前回は北陸新幹線初列車取材の前夜だったので、朝の 5 時にチェックアウトしてしまって、ホテルを堪能するどころじゃなかったのが残念。

だから、機会を見つけてもう一度、泊ってみたいと思っています。

ただ、マイステイズだけでなくコンフォートにもいえることですけど、自社で新築した物件と、既存物件の買い取り・看板架け替えとで、中身に相当な格差が生じることがあるんですよねぇ。そこが要注意点かな。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Apr 24, 2017

夜行バスが苦手

苦手といいつつ、ときどきやむにやまれず夜行の高速バスを利用するのですが、やはり乗ると寝られません。で、寝不足でヘロヘロになりつつ翌日を過ごすことになりがち。

JR の「グランドリーム」では腰掛に工夫をして、N700 のグリーン車みたいに座面後部が沈み込むようにした由。単に背ズリを倒すだけだと、お尻が全面にずりずり移動してくるので、これはよいアイデア。しかも、脚を支えるレッグレストも付いてるし。

でも、やっぱり熟睡できませんでした。

_7D24724

なんかもう、「この私を熟睡させられるかどうか、挑戦してみないか !」って、バス会社ならびに内装品のサプライヤー各社に挑戦状を叩き付けたい感じです (やらないけど)。

不思議なことに、国際線のエコノミークラスの方が、ちゃんと寝られるんですよね。昨年 9 月にフォートワースから帰ってきたときのフライトなんか、もう寝てばかりでした。

なぜこうなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 13, 2017

「どこかにマイル」で飛んでみた (4)

なんと、このネタで 4 回も引っ張っちゃいました。1 回あたりを長くしないために、という理由もありましたが。

1 列車だけ、来る方向を勘違いしていて失敗しましたけど、後はおおむね作戦計画通りに行って、無事に帯広空港に帰着。ターミナルビル内の六花亭でマルセイバターサンドとサクサクパイを買って、後者は時間制限があるので直ちに食べちゃって、JL576 (JA314J) で帰ってきたわけです。

_5D32566

Continue reading "「どこかにマイル」で飛んでみた (4)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 12, 2017

「どこかにマイル」で飛んでみた (3)

明けて 9 日目。6 時過ぎにホテルの窓から外を見て「この時間でも結構明るいなあ」と思い、デスクに戻ったら、しばらくして外から列車の音。そして走り去ったのは DF200 牽引の貨物・2093 レ。

せっかく線路側の部屋にいたんだし、待ちかまえていて撮ればよかった。ぬかった (´・ω・`)

気を取り直して朝飯に。JR イン帯広の朝食は「日替わりの丼物」だそうで、御飯を好きなだけ盛ってカウンターに行くと、上物を盛りつけてくれるシステム。よくよく考えると、シリアルはあるけどパン類が見当たらないのって珍しいかも ?

Continue reading "「どこかにマイル」で飛んでみた (3)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 11, 2017

「どこかにマイル」で飛んでみた (2)

さて。初日、東京は雨。でも、うちから駅までだけ行くためだけに傘を出すと、後で荷物が増えて面倒なので、傘は使わずに。

そして、最寄り駅から空港行きのバスに乗り、飛行機の出発より 2 時間も前に羽田に着いて、とっとと三脚を預けて保安検査を済ませて、ラウンジで書き物を。

その空港行きのバスが 2 タミから 1 タミに向かう際に、JAL 格納庫の前に政府専用機がいるのが見えたわけです。そして、ラウンジの窓から見ると北風運用で、目の前の R/W 34L は着陸に使っている模様。「お、R/W 34R 上がりなら途中で政府専用機の横を通らないか ?」と期待していたら…

Continue reading "「どこかにマイル」で飛んでみた (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 10, 2017

「どこかにマイル」で飛んでみた (1)

先日に「Where do you want to go today ?」で取り上げた、JAL の「どこかにマイル」。

2017/4/8 の朝に出発、2017/4/9 の夜に帰着、という日程でガチャをひいて、あれこれ試してみた結果、以下の選択肢が出たところで Go をかけました。

  • 帯広
  • 秋田
  • 北九州
  • 長崎

帯広なら JR 北海道の撮って乗ってができるし、秋田なら EV-E801 がデビューした上に E6 の走り写真も撮れるし、北九州なら爆発踏切があるし、長崎なら針尾通信所かな、と。

そして、3 日も待たされることはなく、確か翌日には結論が出ました。

Continue reading "「どこかにマイル」で飛んでみた (1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 31, 2017

Where do you want to go today ?

といってもマイクロソフトの話ではなくて。

日本航空が昨年の暮れぐらいから、「どこかにマイル」というのを始めました。すでにあちこちで話題が沸騰していますが、要するに

「行きと帰りの日と時間帯を指定すると四択が提示され、そのうちどこに行くかは先方が決める」

というミステリーツアー仕立ての特典航空券。その代わり、往復 6,000 マイルで済むので、通常の国内線特典航空券の最小区間と比べても半分。

基本的には空いてる便の穴埋め企画なんでしょうけど、そこに「行先不明のワクワク感」を持ち込んだのがアイデア賞モノ。

1


Continue reading "Where do you want to go today ?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧