仕事のあれこれ

Mar 22, 2017

2017 年 3 月のお仕事・その 4

続きましては「航空ファン」。

まず、「E-2D と対レーダー・ステルス - 『ステルス・ハンター』と綽名されるその所以を探る」を書きました。先月売りの「Jwings」でも少しだけ触れていたのですが、紙数の関係もあってサラッと流してしまった「AN/APY-9 のステルス機探知能力」について、もうちょっと掘り下げてみた記事です。

それで訂正がございます。最初のページの最初の段落ですが、VHF と UHF について "- Low Frequency" とあるのは間違いで、"- High Frequency" が正しいです。なんでこんな見落としをやっちゃったんだろう (´・ω・`)

実はこの号から、「航空ファン」の海外ニュース欄を担当することになりました。

もともと海外ニュースのチェックは日常的にやっているので、これで急に負荷が増えることはないのですが。ただ、「海外民間航空」はこれまで仕事にしていなかった領域なので、その分だけは純増かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2017

2017 年 3 月のお仕事・その 3

お次は「Jwings」。いつもの連載「月刊 F-35」に加えて、特集「日本の新戦闘機」のうち 「話題のステルスファイター 日本の新戦闘機 F-35A」と「コラム “航空戦を変える革新的戦闘機” F-35」 を書きました。

あと、今月号でいちばん面白かったのが、「航空保安管制競技会」の記事。民間の管制員以上に話題にされない傾向がある (?) 空自の管制官にスポットを当てた良記事。Jships もそうだけど、地味だけど重要な職種の話をいろいろ拾ってきます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 13, 2017

2017 年 3 月のお仕事・その 2

続きましては「Jships」。対空戦に関する特集を組んでいるのですが、そこで「防空システム艦の誕生」と「対空戦闘ウエポンガイド」の 2 本を書きました。

よくよく見ると、USS Benfold の CIC の写真、私が撮影したやつですね。記事は岡部さんですけど。

それと、いつもの「艦船用語の基礎知識」。今回は下士官兵の居住区などに関するあれこれです。したがって次回は、士官の居住区などに関するあれこれを取り上げます (もう原稿はザッと書いてある)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2017

2017 年 3 月のお仕事・その 1

まず、今月のトップバッターは「軍事研究」。先月号のカラーページで VMFA-121 の F-35B 岩国到着について速報しましたが、今回はその続きの詳報です。

といっても「F-35B ってどんな機体 ?」とかいう話は、軍研の読者の皆さんなら先刻御承知だろうということで、機体の概要は控えめにして、試験・評価や受け入れ側の準備作業などについてまとめてみました。

あと、英海軍で導入する SRVL について、まとまった解説記事を見た記憶がなかったので、これについても書いてみました。しばらく前の IDR に詳しい話が載っていたおかげです。

ところで。岩国に飛来した機体はブロック 2B なのかブロック 3i なのか。能力的に大きな違いはないので、わざわざバージョンアップしないでブロック 2B で来たのかなあと思ったのですが…

といったところで「これを書いてみたい :D」と思ったフレーズ。

"2B, or not 2B : that is the question."

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Feb 24, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 6

続きましては「Jtrain」。今回は首都圏輸送の連載だけで、お題はまたも可動式ホーム柵。

というのは、町田駅のスマートホームドアに関する報道公開があったり、拝島駅に昇降式ホーム柵が試験導入されたり、高槻駅に プロレス式ホーム柵 昇降ロープ式ホーム柵 (支柱伸縮型) が導入されたりと、いろいろ動きがありましたので。

それで、別のネタを予定していたものを急遽、振り替えました。

ちなみに、町田駅の取材は深夜の 2 時過ぎに行われたのですが、電車で行くと終電の後と初電の前にボケッと待つ時間ができてしまいます。それで、クルマを飛ばして行って、駅近くのコインパーキングに置いておきました。帰りは小田急の上り初電が町田駅を出る頃に家に着いていたので、狙い通り。

鉄道誌から取材に行ったのは自分だけだったのですが。まわりの新聞・テレビをさしおいて、質疑応答で初っ端から「連携機能がどうの、TASC がどうの」とやり始めたので、新聞・テレビの取材者は呆気にとられたかも知れません :D

でも、「お、こいつ分かってるな」と思ってもらえたのか、親切にいろいろ教えてもらえました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 22, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 4

順番が逆になってしまいましたが、お次は「航空ファン」。前に予告編を上げてたやつです。

三角形ならこれしかありえません!
A-12アヴェンジャー2

Posted by: えいじ | Feb 16, 2017 at 08:56 PM

というわけで、えいじさん大当たり~ 「空飛ぶドリトス」「ドリトス 500 応答せず」こと A-12 アヴェンジャー II の記事を書きました。

といっても、「フォートワースでモックアップを見てきました」だけではナンなので、機体そのものの解説をメインにして、モックアップの話は最後の方で少々。そもそも A-12 という機体、キャンセルが決まったのが 26 年も前の話だから、若い方はあまりよく御存知ないかも知れないし。

人によって受け止め方はさまざまでしょうけれど、これが空母の飛行甲板に並んでいる画も見てみたかったです。ただ、ボツになったのも宜なるかなというところはあって、中止を決めたのは正しい判断だったといわざるを得ません。はい。

ちなみに、Amazon で検索すると、こんな本が出てきます。

しかしこれ、A-12 の話は冒頭の方にちょっと出てくるだけなので、正直いって「カネ返せ」もんでした。若干は未知の話が載っていたので、まるっきり無駄にはなりませんでしたけれど、普通は今回の「航空ファン」の記事があれば事足ります。はい。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

Feb 20, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 5

その 4」は現物がまだ届いていないので、「その 5」の「Jwings」を先に。

今回はいつもの「月刊 F-35」に加えて、MCAS 岩国での VMFA-121 歓迎式典と F-35B 自体の解説記事も書きました。さらに同じ MCAS 岩国がらみで、VAW-125 の E-2D 到着についても書きました。

それから、特集「世界の戦闘機」のうち「戦闘機 コストの常識」もあります。

「あれ、F-35B って軍研でもやってなかった ?」… えっと、実は取材申請の段階から軍研と Jwings の掛け持ちでした。もちろん、それぞれの編集部の間で、ちゃんと話の調整はなされております。一方に隠れてコッソリなんてことはありません。

表紙はレガホですが、一瞬、何が映ってるのかよく分かりませんでした。フォールス キャノピーのせいで上下がわかんなくなっちゃったのですな。図らずも、フォールス キャノピーの威力を体感できた感があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 4 (予告編)

なんだこれは ?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 11, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 3

続きましては、「新・世界の名鑑」シリーズで「海上自衛隊『たかなみ』型 / 『むらさめ』型護衛艦」。

お題はもちろん、このシリーズではすっかり恒例と化した感がある「『たかなみ』型 / 『むらさめ』型護衛艦 戦闘システム概論」です。もっとも、この 2 クラスにとどまらず、「汎用護衛艦の戦闘システム概論」みたいになっちゃいましたけど。

形態管理という観点からすると問題があるのですが、「ゆき」「きり」「あめ」「なみ」クラスって、個艦ごとに少しずつ装備が違う場面が案外とあります。それを調べ上げて一覧表にしたのが、今回のハイライトかも。

この「戦闘システム概論」もだいぶ回を重ねてきたので、ひとまとめにして、さらに加筆したものを出せないものだろうか、なんてことを夢想してます。でも、売れる見通しがないとねえ… (´・ω・`)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 10, 2017

2017 年 2 月のお仕事・その 2

続きましては「軍事研究」。今月は珍しくダブルヘッダーです !!!

まず、「軍事と鉄道」の第二回目は、もっともポピュラーかつ重要な用途であるところの「軍隊輸送・物資輸送」にまつわるお話。当然、「日本の在来線で自衛隊の車両を運べるんかね ?」という類の話も出てきます。あと、「米タン」もチラッと出ます。

もうひとつは巻頭カラーで、VMFA-121 と F-35B の到着に際して行われた歓迎式典の模様を。字とカメラの両方とも私です。会場の格納庫はやや暗かったので、EOS 5D Mark III が大活躍。ほんと、この子はイイ仕事をしてくれます。

しかし、格納庫で目の前 (というにはちょっと遠かったか) に駐機している機体を撮るのに、EF 100-400mm F4.5-5.6 IS II USM を振り回していたのだから、ちと怪しまれたかも。止められはしなかったけど…

そうそう。書評欄では「戦うコンピュータ (V)3」を取り上げていただきました m(_ _)m

| | Comments (8) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧