仕事のあれこれ

Jun 26, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 5

取材やらなんやらで 3 日間、お出かけしていたら、更新が滞っちゃいました (´・ω・`)

ともあれ、お次は「世界の艦船」。空母の特集ですが、そのうち「米新型 CVN『フォード』最新情報」を書きました。

↑のツイートが 2017/6/1 のこと。これなら今月売りの雑誌に間に合う、とホッとした次第。

同級の基本的なところは 2016/12 号で取り上げたばかりなので、それと重複しないように内容を組み立ててみました。そして、またも DOT&E の報告書が大活躍。

この原稿を送り出した後で、レイセオンの中の人に EASR (Enterprise Air Surveillance Radar) の話を聞く機会があったのですが、「ああ、間違ったことは書いてなかった」とホッ。

ちなみに EASR ですが、「いーさー」と読みます。中の人がそう呼んでいるので、間違いございません。その読み方でいーさー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 4

お次の「航空ファン」は、いつもの海外ニュース欄だけ。

初っ端に F-35A (AX-5) の初飛行が入っていますが、土壇場で写真 1 枚だけ差し替えたのではないかしらん。それはそれとして。

今回の号では日常的な流れだけでしたが、次号の作業はパリ航空ショーがらみでごった返しております。ことにパリやファーンボロの場合、民航機に関する動きが大量に出てきて、エアバスとボーイングの受注・お披露目合戦になるのが通例。

それと併せて搭載システムがらみでもいろいろ動きが生じるのですが、今回も例外ではありませんでした。

ただし「月刊エアライン」じゃありませんから、民航機の個別の受注をいちいち追うことまではしていません。追ってもいいんですけど、少なくとも 1 ページは増やさないと、他のニュースが入らなくなっちゃいます (´・ω・`)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 20, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 3

お次は「Jwings」。今月はいろいろあります。

まず、特集「現代航空戦」のうち、「航空戦の実際 - 湾岸戦争航空戦」と「航空戦を有利に戦うテクノロジー」。
前者は、航空戦のさまざまな局面がフルコース (?) で出てきたのは湾岸戦争が最後じゃないかということで、そろそろ古めのネタですが、引っ張り出してみました。時間が経っている分だけ、情報が多いですし。

このほか、いつもの「月刊 F-35」と、そこからスピンアウトした「空自パイロットが F-35 操縦課程を初修了 !」。

さらに「アメリカの最新無人偵察機 グローバルホーク」。ブロック 40 が出てくるかと思ったら、ブロック 30 だったのは嬉しい驚き。いや、両方並べてくれたらもっと良かったけど (←無茶いうな)

ちなみに、63 ページに載っているグロホの真正面からの写真ですが、EOS 5D Mark III にシグマの 12-24mm を組み合わせて、二段の脚立に乗って、ほぼワイド端で撮ってます。グロホの翼幅を考えると出目金は必須と踏んで持って行きましたが、大当たり。

それと、「F-35A 戦闘機 (国内生産初号機) お披露目レポート」の写真の一部も。メインは赤塚さんだったので、自分はもっぱらディテール写真に注力していて、その一部を載せていただけました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Jun 10, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 2

続きましては「軍事研究」。あれこれ思うところがあってテーマの入れ替えをやりまして、今回のお題は「車両の武装化」。つまり、装甲列車とか、列車砲とか、列車移動式 ICBM とか、そういうやつです。

たぶん、これって「軍事と鉄道」といったときに真っ先に思いつくテーマなんじゃないでしょうか。調べてひとつの記事にまとめるのはけっこう大変でしたけど、やっていて面白かったです。

そして今回、私としては (たぶん) 珍しいことですが、最後でちょっとおちゃらけてみました。ちょっとですよ、ちょっと。

なお、次号では「軍事と鉄道」はお休みして、別のテーマでやります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 07, 2017

F-35A (AX-5) お披露目

すでにさんざん報じられている通り、三菱重工の FACO 施設で組み立てた最初の F-35A (AX-5 / 79-8705) が 2017/6/5 にお披露目されました。

まだ納入はしていないとかなんとか、いろいろ事情があって「ロールアウト式典」でもなければ「納入式典」でもありません。ともあれ、無事にここまで話が進んだのはめでたいことです。

_5D32807

予想していた通り、撮影可能な範囲はフォートワースのときよりも狭かったので、斜め後方からの撮影も難しいって感じでした。時間は意外とありましたけれど、なにせ人の数がフォートワースのときとは大違い。真正面からの一枚を撮ろうと思ったら、某全国紙の人がビデオカメラを回していたせいでしばらく待たされた、なんてことも。

詳しい話は今月売りの「Jwings」で赤塚聡さんが書いてくださる予定です。それはそれとして、小ネタをひとつ。

AX-5 のタイヤは AX-1 と同じ、ミシュラン「AIR X」でした。岩国で式典会場に置かれていた F-35B (BF-51 / 169293) はダンロップのタイヤを履いていたんですが。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Jun 01, 2017

2017 年 6 月のお仕事・その 1

まだ発売までに 4 日あるけど、いいや、上げちゃえ。というわけで、イカロスさんの「日本のステルス機 F-35 ライトニング II」でございます。

過去に「Jwings」で掲載した記事のリライト版と、新規書き下ろし原稿を組み合わせた内容。各型解説などの新規書き下ろしパートは、最新情報を盛り込んだ決定稿のつもり。

子細に見ていくと、「あ、これはこの本で初めて書かれたのではないか ?」というネタが混じっています。あと、末尾にまとめた年表と開発ヒストリーも、力の入っている部分。

そして今回の特徴は、私があちこちでカメラマンをやっていること。ことに、フォートワースでの AX-1 ロールアウト時に撮りまくったディテール写真は渾身の作 !?

たぶん、日本で組み立てた AX-5 のロールアウトでは、AX-1 のときみたいに「人が少なくて時間的余裕がたんまり」とは行かないだろうなあ… だって、多数の報道陣が押しかけて大騒ぎになるのは目に見えてるし。

それに、X-2 のお披露目の例からすると、どこまで立ち入らせてもらえるんだろか、と心配になってみたり。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 29, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 7 & その 8

本日発売、「戦闘機事典」。戦闘機にまつわるあれやこれやを網羅した、総合リファレンス的な一冊といえそう。機種別の紹介もありますけど、むしろ「戦闘機が何者で、何をどうやるのか」の話がメインかなあ。

で、執筆陣の顔ぶれがすごくてビビッてるんですが、私は「ステルス機」の話と「ネットワーク」の話を。前者は以前に「Jwings」で書いた話がベースですが、加筆・リライトもかけてます。

もうひとつは「丸」ですが、こちらはいつもの連載だけ。今回、末尾の「おもしろワールドフォト」の写真のセレクトが編集部でウケていたようです。

私はタッチしていませんが、特集が「青葉・衣笠」って、なかなかシブい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 24, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 6

お次は初登場の「世界の艦船」。特集「現代軍艦とネットワーク」で「CEC」「NIFC-CA」「データリンクの基本」「潜水艦とネットワーク」の四本立て。ことに CEC については、この記事のために改めていろいろ調べてネタを追加したので、書いた自分にとってもいい勉強になりました。

さて。「世界の艦船」というと以前から、カメラマンの井上孝司 (たかし) さんがいらっしゃいます。そこに私が加わったことで同姓同名が二人並んだわけですが、どうやら肩書きで区別する方法に落ち着いた模様。私が撮った写真が載るのは、今回がそうだったように自分が書いた記事の中ぐらいでしょうから、この方法で問題は生じないはず。

記事中ではスペースの関係で入れられなかったのですが、SM-6 とは別に SM-2 のアクティブ化構想もあります。既存ミサイルの有効活用というだけでなく、SM-6 がお高いので安価なアクティブ レーダー誘導ミサイルが欲しいという話になったのかなあ、と推測しているのですが、さて真相は。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 22, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)

初日は展示会の方をウロウロしてました。商売柄、C4ISR 関連のメーカーに興味が集中しそうになりますが、そういうわけにも行かないのでいろいろと。

造船所の展示だと、実艦やコンセプトモデルの模型しか置いてないことが多いので、いまひとつ面白味に欠けるような。でも、目立つ表ではなく横手に行ったら「!」なものが置いてあることもあって、これだから展示会は面白いです。ねえ、ティッセンクルップさん。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 5

お次は「Jtrain」。今回は毎年恒例の貨物輸送特集ということで、それに合わせて (?) 米タンの記事を書きました。以前から「石炭をやったんだから米タンもやりましょう !」といっていたのですが、それがようやく実現した恰好。

企画の実現までに時間がかかりましたが、そうこうしている間に今春、米タン牽引機にネタ釜が立て続けに入る事態が発生。だから誌面に出てくる写真には、EF65 2139 や EF65 2127 が少なからずあります。結果的に、いいタイミングだったかも。

そんなこんなの事情により、今回は「首都圏輸送」の連載はお休みです。
そういえば、町田駅のスマートホームドアで動きがあったから、何かの機会にフォローアップしないとなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧