仕事のあれこれ

May 22, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)

初日は展示会の方をウロウロしてました。商売柄、C4ISR 関連のメーカーに興味が集中しそうになりますが、そういうわけにも行かないのでいろいろと。

造船所の展示だと、実艦やコンセプトモデルの模型しか置いてないことが多いので、いまひとつ面白味に欠けるような。でも、目立つ表ではなく横手に行ったら「!」なものが置いてあることもあって、これだから展示会は面白いです。ねえ、ティッセンクルップさん。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 5

お次は「Jtrain」。今回は毎年恒例の貨物輸送特集ということで、それに合わせて (?) 米タンの記事を書きました。以前から「石炭をやったんだから米タンもやりましょう !」といっていたのですが、それがようやく実現した恰好。

企画の実現までに時間がかかりましたが、そうこうしている間に今春、米タン牽引機にネタ釜が立て続けに入る事態が発生。だから誌面に出てくる写真には、EF65 2139 や EF65 2127 が少なからずあります。結果的に、いいタイミングだったかも。

そんなこんなの事情により、今回は「首都圏輸送」の連載はお休みです。
そういえば、町田駅のスマートホームドアで動きがあったから、何かの機会にフォローアップしないとなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 3 & その 4

お次は「Jwings」。今月は連載「月刊 F-35」だけですが、ネタが多いせいもあって 4 ページいただきました。さりげなく、これまであまり書かれてこなかった情報が出てきているのが今回のミソ。

特集は在日米軍ですが、冒頭で石川さんが組織的な話をキチッと押さえておられるのが、なかなか好感の持てる構成。装備は目立ちやすいし、話題になりやすいですけれど、組織の話って意外とスルーされがちですからね。軍隊の根幹である「指揮統制」に関わる大事な話なのに。

「航空ファン」の方も、今回は海外ニュース欄だけです。時節柄、那覇の第 9 航空団に関する記事は必読。でも「隊員が頑張ってくれてますから」だけで大丈夫なのかなぁ。何かフォローアップが必要ではないのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)

あれやこれやの事情があり、突発的に、シンガポールで国際観艦式に続いて開かれた IMDEX ASIA 2017 展示会 (2017/5/16-18) に行ってきました。これは海軍関連の武器展示会で、実は海外の武器展示会って初体験。6 月に日本でも MAST ASIA があるっていうのに。

展示会そのものの詳しいレポは、そのうち仕事の原稿で書くことにして。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2017

シンガポールに行ってきました

月曜から今日の午前中まで、シンガポールに行ってました。最後の晩は深夜便で発ったので、シンガポール滞在時間 56 時間。

その間に IMDEX ASIA 2017 展示会を 2 日がかりで見て、そのうち 2 日目はチャンギ海軍基地での艦艇公開にも行っていたので、忙しいったらもう。だから、マーライオンもセントーサ島も「なにそれ」状態。空港とホテルと展示会場の間を、バスや電車で行ったり来たりしていただけのシンガポール滞在でした。

最後に空港でビーフンを食ったのが、唯一、観光客っぽい行動だったかも。

そのシンガポール。治安はいい方だというし、街は清潔だし、公共交通機関も充実しているので、比較的、「行きやすい東南アジア」じゃないかなあと思います。

ただしその一方で、あちこちに監視カメラがついているし、有名な「罰金」の看板もビシバシと。さらに、チャンギ空港と海軍基地を結ぶ道路は「カメラ監視中」の看板があったほか、「不審な人・車・船を見かけたら直ちに 999 番に通報」という看板がビシビシと立ってるんですねえ。

治安の良さは、監視の厳しさと表裏一体なのかなあ、と感じつつ、展示会を見てきたのでした。その展示会のレポについては、これから某誌の編集部にプッシュをかけます。

IMG_0263
えらく背の高い二階建てバスがたくさん走ってました。

IMG_0266
MRT の Expo 駅。電車は VVVF の音をさせてました

IMG_0269
空港のトイレにあった「フィードバック用のタッチパネル」。イミグレにも (!)同じようなのがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 1 & その 2

今月のトップバッターは「軍事研究」と「Jships」。

まず軍研ですが、「軍事と鉄道」の第四弾で、野戦鉄道について。クリミア戦争が初めての事例だといわれていますが、その後もいろいろな事例が。

そこで建設・運用がらみの基本についてまとめたわけですが、野戦鉄道といっても鉄道に違いはないので、普通の鉄道建設・運用とあまり変わらなくなっちゃったかも。

あっそうそう。ここでお詫びというか、お断りというか。
本文中で「次号で取り上げる予定」と書いた話がいくつか出てくるんですが、あれやこれやの事情があって、次号のテーマを後日に予定していたものとスワップしてしまいました。そのため、「次号」ではなくなってしまいました。すみません。

一方、「Jships」の方は海自の DDH を特集してまして、冒頭の「DDH とはなにか」を書きました。できあがったものを見てみたら、次に出てくる岡部さんの記事と、ちょっと内容がオーバーラップしちゃったなぁ。

あと、連載「艦艇用語の基礎知識」は、前回が下士官兵だったので、今回は士官居住区などのあれやこれやを。執筆中に某所から仕入れたネタも交えて、まとめてみました。

今回の号のヒットは、付録の護衛艦隊マップ、「くらま」解役のレポ、それと開発隊群のレポかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 27, 2017

2017 年 4 月のお仕事・その 4

「丸」は今月、いつもの連載だけです。それはそれとして、カラーページで布留川さんのチャイナレイク エアショーに関する記事が。

で、なんですって。展示機撮影時に「クローズアップ禁止」「アイレベル厳守」。行っても無駄骨 (?) に終わるところだった… もっとも、F-35 のディテール写真は、すでにおおむね確保済みではありますが。

とはいえ、C 型もライブで見てみたいものでありますなあ。F-35C と F-35I は、作りかけの機体しか見てないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 20, 2017

2017 年 4 月のお仕事・その 2 & その 3

続きましては「新幹線 EX」。今回、「字」を書いたのは「システム考察」だけですが、JR 東海の地震防災システムについてお話を伺ってきました。システムそのものに関する話もさることながら、背景事情にいろいろと興味深いお話が。

今回、「ICE・TGV を運転する」があるのがいいなあ。目の前に新幹線がいるだけに、なかなか海外モノまで関心が向かない傾向があるらしいのですが、井の中の蛙になっちゃいけません。 誰が書いたんだろうと思ったら、やっぱり中村信雄さん。

あと、ニュースページにある「500 TYPE EVA」団臨の写真も私です。可部線の乗り直しに行った帰りに寄り道して撮ってきました。

お次は「Jwings」。いつもの「月刊 F-35」に加えて、特集「自衛隊が分かる」で、今年度の基本的な動きと、それに対する解説を書きました。

実はこの特集の原稿、どんな仕立てで書こうかとだいぶ悩んだのですが、まず予算資料に基づく「今年度の主な動き」を列挙してみて、その「動き」に対する解説や考えられる課題についてまとめる、という流れにしてみました。 ところどころ辛口な記述があるのは「いつものこと」です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 10, 2017

2017 年 4 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。「軍事と鉄道」の続きで、今回のテーマは平時・戦時の国内輸送です。

となると当然ながら、車両とか運行とかいう話だけでは済みません。国有化の話も含めて、そもそも鉄道をどういう体制で構築・維持・運用するかというところに触れる必要があるのでした。

またぞろ「北朝鮮ネタに押し出されはしないか」と心配したものの、それはなくてホッとしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 22, 2017

2017 年 3 月のお仕事・その 4

続きましては「航空ファン」。

まず、「E-2D と対レーダー・ステルス - 『ステルス・ハンター』と綽名されるその所以を探る」を書きました。先月売りの「Jwings」でも少しだけ触れていたのですが、紙数の関係もあってサラッと流してしまった「AN/APY-9 のステルス機探知能力」について、もうちょっと掘り下げてみた記事です。

それで訂正がございます。最初のページの最初の段落ですが、VHF と UHF について "- Low Frequency" とあるのは間違いで、"- High Frequency" が正しいです。なんでこんな見落としをやっちゃったんだろう (´・ω・`)

実はこの号から、「航空ファン」の海外ニュース欄を担当することになりました。

もともと海外ニュースのチェックは日常的にやっているので、これで急に負荷が増えることはないのですが。ただ、「海外民間航空」はこれまで仕事にしていなかった領域なので、その分だけは純増かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧