仕事のあれこれ

Oct 20, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 3 & その 4

お次はイカロスさんの「Jwings」と「新幹線 EX」。3 ヶ月に一度の揃い踏み。

「新幹線 EX」の方は、いつもの「システム考察」。以前から温めて資料を集めて作図していたネタが、ついに世に出てきました (というほどのもんでもないか)。中身は見てのお楽しみ。

「Jwings」の方は、いつもの「月刊 F-35」に加えて、「熱血 ! 航空祭レポート」に初登場して MCAS ミラマーのレポを。うーむ、編集部のセレクトはこの写真だったか…

最近、F-35 関連のニュースが多くて助かります (なんのこっちゃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2018

2018 年 10 月のお仕事・その 2

2 番手は「軍事研究」。スタンダード ミサイルの話はひと休みして、今回はイギリスの新戦闘機構想「テンペスト」と日本の関わりについて書いてみました。

テンペストそのものの話はイントロだけで、基本的には「日本が共同開発に乗るとしたら、どうなの ?」という種類の話です。最後の締めは、かなり辛口です。意図的にそうしてみた部分もあります。

テンペストでは機内兵器倉に入れる代わりに、外部ポッドに兵装を収容するとの話も取り沙汰されてますけど、もしも ASM-3 を搭載できる翼下ステルス兵装ポッドを用意したらどうなるか。たぶんこうなります。

これは 1 機の戦闘機ではない、3 機編隊だ !

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 04, 2018

2018 年 9 月のお仕事・その 5

月末に渡米していたら、アップするのを忘れてました (爆)

というわけで、9 月の締めくくりは「丸」。特集は重巡「摩耶」ですが、第二次世界大戦モノがお題では、私に出る幕はありません。というわけで、いつもの「World Military Information」欄だけなのですが…

( ゜∀゜)Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 22, 2018

2018 年 9 月のお仕事・その 3 & その 4

続きましては「Jwings」と「航空ファン」。

「Jwings」はいつもの「月刊 F-35」と、「わくわく」でイージス アショア用の LMSSR について。個人的には LRDR と書く方がしっくり来るんですけどね…

ちなみにこの LMSSR の記事、依頼をいただくやいなや超スピードで書いてしまったというもの。だって 1 ページ分しかないし、もともと材料は揃ってたし…

特集の「エアベース」は、普段はなかなか目が向かない「航空基地の裏側」まで取り上げている、意外と希少な特集。個人的にはもっと突っ込んでみたいけれど、それをやるとマニアックになりすぎるかも。

「航空ファン」の方はいつもの海外ニュース欄。面白いのは、整備に入って丸裸にされた AH-1W の写真。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2018

2018 年 9 月のお仕事・その 1 & その 2

今月は「Jships」もあるので、ダブルヘッダーで (なんのこっちゃ)

まず軍研は、バリエーションが多くて混沌としている「スタンダード・ミサイル」。ただし BMD 用は紙数の関係で入れられず、対空用だけです。調べてみると、知らない話がわらわら出てきて面白かった仕事。

「Jships」では、個別の話は別項に委ねて、護衛艦搭載兵装の進化を技術面から要約してみました。あと、「艦艇用語の基礎知識」では艦載ヘリの話を。

その関連で「載せようか」という話もあったものの、結局は載らずじまいだった DASH (Drone Anti-Submarine Helicopter) の写真を置いておきます。ウドバー・ヘイジーに置いてあるやつです。

_7d20015

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 27, 2018

2018 年 8 月のお仕事・その 4

お次は「世界の艦船」。特集「世界の空母 2018」のうち、米海軍のジェラルド R. フォード級を担当しました。

前回に同じ特集があったときにもフォード級の担当でしたが、それと同じ内容ではつまらん。ということで、(共通する話がそれなりにあるのは仕方ないですが) 最新情報を盛り込むだけでなく、可能な限り切り口を変える等の工夫をしてみたつもりです。

フォード級に限らないけれど、新しいものを作って新しいチャレンジをすると、往々にしてトラブルが出るわけです。それで「やめろやめろ」とケチをつけたり、あるいは腐したりする人はいっぱいいるわけですが、チャレンジもしないと進歩がないですからね。

そりゃまあ、ここぞとばかりに叩いたり、面白おかしく腐したりする方が、人気は出るかも知れませんけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 22, 2018

2018 年 8 月のお仕事・その 1~その 3

いかんいかん、他のネタにかまけて書き忘れていた… というわけで、一挙に行きます。

まず「軍事研究」では、米軍の誘導爆弾の続きで、今回は GPS 誘導弾など。というか、レーザー誘導ではないものをひとわたり。ちょうど新型徹甲爆弾の情報も入ってきたので、末尾に足しました。新型徹甲爆弾の話、日本では初出かも。

お次は「Jwings」。戦闘機の実戦とコンバット プルーブンについて、という趣旨の特集ですが、そこで冷戦後パートを担当。実戦で能力を実証して見せた、といえそうな機体をいくつか選んで解説しました。

あと、ひとつ「逆コンバット プルーブン」の事例も入れました (爆) でもこれ、機体だけが悪いんじゃないよね… というフォローもしてます (、・ω・)、

「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄です。実はこのコーナー、ときどき、あまり話題にならない国や分野の話を入れるようにしています。今月だと、エアバスのデータ管理の話なんかがそれ。もちろん、他のネタとの兼ね合いにも左右されるんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 27, 2018

2018 年 7 月のお仕事・その 5 & その 6

お次は海外ニュース担当の二誌。今月から「航空ファン」はいろいろリニューアルがかかり、海外ニュース欄も大ネタをカラーで、でっかく扱うようになりました。以前よりもメリハリがはっきりしていますね。

一方、「丸」ではいつもの「World Military Information」に加えて、カラーページで NAS パタクセントリバーのレポを。どの写真を載せようかとだいぶ悩んだのですが、飛行展示も地上展示も数はさほど多くないので、RIAT のレポよりは悩まずに済みそう ()

現地に行ったときに "狙って" 撮ったのが、MQ-4C を手前、P-8A を奥に配した一枚。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 25, 2018

2018 年 7 月のお仕事・その 4

続きましては、3 ヶ月に一度の登場となる「新幹線 EX」。

いつもの連載「システム考察」では、JR 東日本の新幹線における構造物の震災対策と、被災復旧の話を。「こんなこともあろうかと思って」撮影しておいた耐震補強の写真が役に立ったわけですが、中でも王子付近で撮影した「片方だけ補強した高架橋の柱」は、我ながらヒットだったと思ってます。補強前と補強後の比較ができますからね。

あと、巻頭で「ハローキティ新幹線」の記事を。取材と写真を一人でこなしたのでドッタンバッタン大騒ぎ。さらに、報道公開があった場所の関係で個々の車両をクリアに撮れなかったので、営業開始後に改めて各車のサイドビューを確保。だから手元には「ノーマル V 編成」「500 TYPE EVA」「ハローキティ新幹線」と、3 バージョンのサイドビューが揃ってます。

それ以外では、東京駅に姿を現した N700S の取材と、その後の走り写真撮影を。今回の号では、割と「カメラマン業」が多かったかも。

それはそれとして。メイン特集のうちドクターイエローは 4 年前にも大々的に取り上げたことがありましたけど、LRA の現車取材ならびに追跡レポは必見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2018

2018 年 7 月のお仕事・その 3

お次は「Jwings」。いつもの「月刊 F-35」では、海外で勃発したスパイ事件なんていう物騒な話も出てきます。誰が狙ったかといえば、まぁ御想像通り。

あと、特集は「戦闘機」。その第一部は「カメラマンが心を奪われた瞬間」というパートなんですが… そうそうたる顔ぶれの中に、なんか一人、違うのが混じってますよ ?

とはいえ、フォートワースで撮った AX-1 の写真は個人的にもお気に入りのところがあって、誌面に載ったのとは別の写真を、仕事用 PC の壁紙にもしているぐらい。

このときは報道関係者が少なくて、しかもテレビ局が多くを占めていたから、スチールでディテールを撮りまくっていたのは自分ぐらいのものでありました。これ以外の場所で撮ったモノも含めて、F-35 の飛び写真やディテール写真をいろいろ抱え込んでいるおかげで、この特集の第二部でも役に立っているわけです。

あと、巻頭のレッドフラッグ・アラスカ演習のレポ。担当は田宅さんですが、これも読み応えあり。アラスカで現地取材とは、長距離の出張だなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧