仕事のあれこれ

Mar 28, 2020

2020 年 3 月のお仕事・その 5~その 7

「Jwings」「航空ファン」「丸」は、いつも通りの連載のみ。

COVID-19 の影響でメーカーの業務が滞ってきているのか、どうも最近、海外ニュースのネタの集まり方がいまひとつのような気がしています。もっとも、そうなると「通常ならこぼれてしまうようなネタを拾うチャンス」でもあるのですが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 05月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/3/28時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 05月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/3/28時点)


| | Comments (0)

Mar 25, 2020

2020 年 3 月のお仕事・その 4

続きましては「世界の艦船」。特集「近未来の海戦」の下、「2050 年にどうなってるか予測してください」というテーマに取り組んだ執筆陣の、(たぶん) 悩み抜いた成果を御覧くださいませ。

私のパートは「艦載兵器」ですが、これは比較的、楽な部類だったと思います。「いまどきのウェポン システムは開発にめっちゃ時間がかかる」という逃げを打ってしまったので (←

でも、それはそれで、かなり悩みましたけれど。あと、「おめーが今まで喧伝してきたこととは、真逆のことを書いてるじゃないか💢」というツッコミは甘んじて受けます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 05月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)


 

| | Comments (0)

Mar 11, 2020

2020 年 3 月のお仕事・その 1 & その 2

奇数月なので、「軍事研究」と「Jships」が同時に来ます。

軍研は電子戦の話の続きで、今月のお題は「僚友を護るための電子戦」。すると登場するのは、専業電子戦機と IED ジャマーという話になります。よくよく考えると、規制線なしでベタベタ触れる位置に AN/ALQ-99 を吊したまま一般公開している米海軍って、なんか太っ腹。

「Jships」の方は毎度の恒例、「艦艇用語の基礎知識」で、今回のお題は CIC。レアな一般公開に加えて取材などで、いろいろな艦の CIC を実際に見てきた経験が役に立ってます。それにしても Visby 級の CIC は狭かった… (通路兼用になっている機関操縦室よりはマシだけど)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 04月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2020年 04月号 [雑誌]
価格:1705円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)


 

 

| | Comments (0)

Feb 29, 2020

2020 年 2 月のお仕事・その 5

いかんいかん、2 月のうちに「2 月のお仕事」を全部書いてしまわないと間抜けなことになっちゃう。というわけで、今月の殿は「航空ファン」ですが、いつもの海外ニュース欄のみであります。

コロナウィルス騒ぎのトバッチリなのか、シンガポール エアショーはキャンセルする出展者が続発するし、その後もメーカー関連の動きがやや不活発な印象を受けるし、某国のニュースサイトはパタリと更新が止まるし。困ったもんですな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 04月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)


| | Comments (0)

Feb 25, 2020

2020 年 2 月のお仕事・その 4

お次は「丸」。「最新軍事セミナー 宇宙空間を防衛する『航空宇宙自衛隊』誕生へ」を書きました。

ただしこの件、記事を書いた時点のみならず、今日の時点でもまだ、正式な決定や発表ってないんですよね。逆に、そういう状況だからこそ、書きたい放題に書いて、少しはっちゃけたところもあるのですけれど (;・∀・)

| | Comments (0)

Feb 23, 2020

2020 年 2 月のお仕事・その 3

お次は「世界の艦船」。特集「世界の潜水艦」のうち、「戦略原潜」と「攻撃原潜・巡航ミサイル原潜」のパートを書きました。

アメリカやロシアは所帯が比較的大きいし、情報も豊富ですが、それと比べるとイギリス、フランス、インド、中国あたりは書くのが難しかったです。といって、国ごとの記述の量があまりにも露骨に違っても良くないなあ、と思いまして。そこがしんどいところではありました。

(しかしこのとき、別件でもっと難しいネタをアサインされるとは、思っていなかったのであった…)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 04月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2020/2/23時点)


 

| | Comments (0)

Feb 08, 2020

2020 年 2 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。電子戦に関する一連の記事のうち、今回のお題は「艦艇の自衛用電子戦」。

ハイライトは AN/SLQ-32(V) シリーズと SEWIP と AN/SLQ-59 の話かと思いますが、最後に出てくるのが中華イージス。このために雨の中、豊洲まで行ってディテール写真を撮りまくってきたんや !

…いや、これだけのためではありませんが。ともあれ、盛大に撮ってきた Type 052D のディテール写真から、電子戦に関わりがありそうなやつをピックアップして蔵出し。いやあ面白かった。これでますます、中国には渡航できなくなったかも (ハナから行くつもりはないけれど)。

私の記事以外では、石川さんがロッキード マーティンのレーダーについて書いておられます。これで、ムーアズタウンを訪れた三人とも、記事が出揃ったことになりますね。それぞれ着眼点や重点が違うのが面白いところ。石川さんも結構でっかく「陸イージス」の写真を撮っておられたので、これで自分のも安心して蔵出しできるぞい (←

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)


 

| | Comments (0)

Jan 27, 2020

2020 年 1 月のお仕事・その 5~その 7

連載以外に記事を書いたのが「世界の艦船」で、特集「アジアの空母レース」のうち、搭載機のパートを担当しました。ただ、固定翼戦闘機はいても CTOL 空母が皆無というエリアなので、ちと華がない感は否めないですね。情報が豊富かといわれると、それも疑問が残るし。

あと、「航空ファン」と「丸」は、いつものように海外ニュース欄です。こちらも「月刊 F-35」と同様、クリスマス シーズンと年末年始が続くので、ややネタ不足の感は否めず。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2020/1/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/1/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1369円(税込、送料無料) (2020/1/27時点)


| | Comments (0)

Jan 20, 2020

2020 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4

続きましてはイカロスさん二連発。

まず「新幹線 EX」Vol.54 (2020/3)。「特集・あこがれの車両基地へ」の「東海道新幹線の安全・安定輸送の心臓部・JR東海・浜松工場の全般検査」と「『伊場の鉄工所』から 108 年・浜松工場のあゆみ」を書きました。リニューアルでレイアウトを一新した浜松工場は、以前から興味があったので、いい機会になりました。

ただし、ムーアズタウンから帰って来た翌日の取材だったんですけど。最近、こんなんばっかや。ネリスに行ったときは出発当日の午前中に西武さんのインタビュー取材、帰国の翌日に近鉄「ひのとり」の取材。スウェーデンから帰ってきた翌日も虎ノ門ヒルズ駅の取材。

あと、今回から新連載「保守用車オールガイド」が始まります。今回は初回なので、総論というか、オーバービューから。

そいや、「システム考察」で側扉の話を書いたのですが、プラグドアの車両の一覧に 500 系を入れ忘れてましたやん… (´・ω・`)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1349円(税込、送料無料) (2020/1/20時点)


もうひとつは「Jwings」ですが、こちらはいつもの「月刊 F-35」だけ。クリスマス シーズンと年末年始が続くので、ネタがあまり出ない時期なんですよね… (それとは対照的にネタが続々と加わっている次号の原稿を見ながら)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 03月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/1/20時点)


| | Comments (0)

Jan 10, 2020

2020 年 1 月のお仕事・その 1 & その 2

週明けから体調を崩していて沈没気味でしたが、ボチボチ回復してきた模様。で、今年の一番手は「軍事研究」と「Jships」。

まず軍研ですが、電子戦の第四弾として、航空機の電子戦装備についてまとめてみました。日頃、あまり話題にならない欧州製品の話を多く取り上げたのは、個人的なこだわり。

そして、ロンネビューやネリスでかき集めてきた写真を一挙放出。だいたい、サーブの BOL ディスペンサーを生で見てきた日本人も珍しければ、BOL について日本語で解説記事が出るのも珍しいことじゃないかと思われます。

なお、冒頭の写真で「チャフ」ってキャプションが入っていますが、これはいうまでもなく「フレア」の間違いであります。編集部、なんでまた、こんなところで間違えちゃったんだろ。

一方、「Jships」の方は揚陸艦と両用戦の特集を組んでいて、そこで主要各国の揚陸艦戦力・両用戦戦力についてまとめました。ちなみに、対象国を選んだ基準というのがいささか乱暴で「空母型揚陸艦を持っている国」。ただし実際には、若干の例外も混ざってますけれど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 02月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/1/10時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2020年 02月号 [雑誌]
価格:1705円(税込、送料無料) (2020/1/10時点)


 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧