軍事 (Misc)

Jun 15, 2018

パタクセントリバーで見た、ちょっと珍しいエアショーのオープニング

アメリカのエアショーだと、「国旗が出てきて国歌演奏 & 国歌斉唱」で始まるのがお約束ですが、先日のパタクセントリバーでは、ちょっと珍しい演出が。

まず、左手からゾロゾロと first responder、つまり消防とか救急とか危険物対処 (HAZMAT) とかいったところの人とクルマが、ゾロゾロ出てきます。それが正面に勢揃いしたところで、上空でホバリングしていた MH-60S から星条旗が降ろされて、国歌演奏 & 国歌斉唱タイム。

_7d29070

_7d29073

消防車の展示ぐらいはあるものの、普段はなかなか表に出てくることがない人たち。それを初っ端に表舞台に出す演出、いいなあと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2018

最近読んだ本 : 八甲田山 消された真実

最初に書いてしまいますが、読み終えてズドーンと重い気分になりました。

例の雪中行軍・遭難事件について、陸自の第 5 普通科連隊に所属していた著者が、資料・史料を丹念にあたってまとめ上げた本です。

八甲田山の一件というと、例の「八甲田山 死の彷徨」があまりにも有名で、うちにもあります。ただ、これはあくまで史実をたたき台にした小説なので、これに書かれた内容がそのまま事実だったと思ってしまうと、大間違い。

というところの認識を正してくれたのが、今回の「八甲田山 消された真実」でありました。あっちを見てもこっちを見ても、どうにもこうにもやりきれない思いにさせられる話のオン・パレードで、山中で遭難死した軍人たちは浮かばれないなぁと。

ただ、この遭難事件も日本近代史で実際にあった出来事のひとつなので、読んでみた方がいいと思いますよ、とだけ書いておきます。少なくとも、違った視点から事件を見ることができます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 17, 2018

モサドの人違い事件

今月売りの「軍事研究」で、鈴木基也氏が「ミュンヘンオリンピック事件報復作戦  無関係の市民も巻き込む『モサド』の非情」という記事を書いておられます。

それを読んで思い出したのが、そのミュンヘン五輪の選手村襲撃事件の後でモサドが発動した暗殺作戦について書かれた本「標的は 11 人」。

もうずいぶんと前に出た本ですが、読み返してみたら、鈴木氏の記事で触れている「リレハンメルでモサドがやらかした人違い暗殺事件」に関する言及が、末尾の方でちょろっと出てきてました。

発端となった事件もテーマも共通しているので、両方を合わせて読んでみるのも良いかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 05, 2017

バット・ケイブ

Leonardo Sp.A の傘下にある航空電子機器部門、要するに Selex ES の流れですが。そこで作っている使い捨てジャマーで、BriteCloud という製品があります。

チャフ/フレア ディスペンサーのカートリッジと同サイズのデコイで、その中に「脅威となる電波を受信して、贋電波で応答して贋目標をでっち上げる」機能を組み込んだ優れもの。

で。その BriteCloud を作っている工場の名前が Batcave というそうです。BriteCloud Assembly and Test Controlled and Ventilated Environment の略。

ぜーったいに、関係者にバットマンが好きな人がいて、それでこのバクロニムをでっち上げたでしょ (・∀・)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 05, 2017

操艦は難しい

ここのところ、いろいろと仕事がテンパっていて blog の更新も滞ってしまってました。ですが、今日は仕事をサボって (?) 横須賀サマーフェスタに行ってきました。ここのところ、入門の行列に恐れをなしてベース側には行かず、海自側に行ってます。こちらも朝一番は大行列だから、少し遅めの時間に。

今回が従来と大きく異なるのは、吉倉にも長浦にも逸見にも「護衛艦」がまったくいなかったこと。公開対象になったフネは「しらせ」「あすか」「たかしお」の 3 隻のみ、そのうち「たかしお」は上甲板を歩いてみるだけ。まあ、艦内に入れるといろいろ大変だし、そもそも不慣れな人間はハッチをくぐって降りるだけでひと騒動だから…

で。その「しらせ」で伺った話。回してみると、舵輪は軽いんです。でも、舵輪を回した後でフネが反応するまでには時間がかかり、いったん回り始めると止めるにも時間がかかるのだと。だから、回り始めたら早めに舵を戻さないといけないみたいです。

速力通信機を見ると、「原速」の上は「一強速」「二強速」「三強速」「全速」「一杯」(後進には「全速」がない)。戦闘艦じゃないから「○戦速」じゃないってことかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2017

平らじゃない

先日、VAW-125 の E-2D が岩国に飛来するというので、取材に行ってきました。詳しい話は次回の某誌で書くつもりですが (というか、すでにβ版の原稿が編集部に行っている)、記事に書いていない話をひとつ。

ランウェイ脇で着陸シーンを撮った後、大急ぎでだいぶ離れた格納庫・駐機場エリアまでバスで移動。その間、E-2D は誘導路で待たされて (?) ました。そして取材陣が陣取ったところでランプインとなったのですが、駐機場から E-2D の待機列を見ると、機体の下の方が切れちゃってて見えません。

つまりどういうことかといえば、格納庫・駐機場エリアとランウェイを結ぶ誘導路が完全にフラットではなくて、拝み勾配になってるんですね。だから、頂点の向こう側で待機している E-2D は下の方が見えないと。

沖合展開して作った埋立地だし、地盤が多少は沈下するかも知れないから、完全に真っ平らにするのは難しいのかも知れないなあ、と再認識したのでありました。土木の専門家じゃないから、専門家がこれを見たら「何を抜かしてるんだヴォケが !!!!」って叱られるかも知れないけど。

ちなみに今回の取材、着陸の時間がずれる可能性を考慮して「早め集合」となったので、実際に着陸を迎え撃つまでに、だいぶ待ち時間がありました。

で、海兵隊のかわいい女性広報士官が「海兵隊では『急げ急げ』とせき立てるかと思ったら、今度は待たせることがあります。今日は皆さんを海兵隊員と同じように扱います」といいだして、思わず苦笑。レッキとした海兵隊士官なのだから、この娘もベーシック スクールでしごかれてきてるんだよね…

あと、1 月の VMFA-121 歓迎式典取材のときにも今回の取材のときにも、海兵隊の人達は T シャツの上に戦闘服を着てるだけ。こっちが使い捨てカイロまで入れて「寒い寒い」といっているのに、なんっつぅタフな人達なんじゃ (:・∀・)

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Dec 07, 2016

消えた文書

何かの原稿で言及してたはずですが、jsf.mil に「F-35 のソフトウェア開発者向けガイドライン」という文書が載ってました。ところが、ふと思いついて見に行ってみたら 404 になってました。

よくよく考えれば、誰でもアクセスできるような場所に置いとく類の文書じゃないだろうと思うのですが、そう思って消したのかも。でも、当初は「公開しても差し支え無し」と思って公開したのだろうし、何か方針の変更があったのかしらん。

私は「見敵必落」の人だから、「これ」と思ったものはすかさずダウンロードしておくのですけれど、それで正解だったようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 16, 2016

トレイシー (日本兵捕虜秘密尋問所) の現場

先日、「トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所」(いつの間にか文庫が出てたのね) を読み返していたときに、ふと気になってカリフォルニアの地図と航空写真を調べてみたら、件の尋問施設があった場所を見つけました。

本の中に出てくる現場の地図とも照合してみたので、ここで間違いないと思います。もっと街からも道路からも離れているかと思ったら、意外と近かった…

P.S.
bing の地図で気に入らないのは、スクロールや拡大/縮小のときに「慣性」がついていて、パッと止まらないこと。おかげで、移動や拡大/縮小が行きすぎる事案が多発するのだけど、中の人はこれが cool だと思ってるのかなぁ ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 23, 2016

ブルーインパルス@函館

今月発売の航空各誌は当然ながら、北海道新幹線の開業に際して行われたブルーインパルスの祝賀飛行の話を取り上げてます。

私は初列車に乗った関係で本番は見ていませんが、前日に洞爺丸の慰霊碑の前にいたとき、ちょうど頭上で予行をやってました。たまたまそのときのシチュエーションの関係上、なんだか慰霊飛行をやっているように見えてしまったのは秘密です。

ただし、持っていたのが PowerShot G1X Mark II (EOS 70D はクルマの中) だったので、写真を撮ろうとしても、これが限度。

IMG_0403s

IMG_0404s

IMG_0405s

特に 1 枚目や 2 枚目は、機体ではなくて手前の電線にピンが合ってる疑惑が濃厚。G15 なら多少は違ったかも知れないけれど、G1X シリーズで動きモノを撮るのは無理がありそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 28, 2016

ホテルネッツ函館にて

ネッツトヨタとは関係ないようです。名前は違うんですが、サンルートの系列なんですね。

で、25 日の晩に函館で泊まったのがここなんですが… いや、泊まったとはいえない。19 時過ぎにチェックインして、シャワーを浴びて仮眠して、1 時半にはチェックアウトしてたんだから、滞在時間 6 時間ちょっと。

それはともかく、ロビーの片隅にこれが貼られてたんですよ。

_MG_7776s

どうやら、カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) の CP-140 が函館空港に飛来したとき、クルーがここに泊まった模様。あと、どこの国だったか忘れましたが、C-17A の写真もフロント脇に貼ってありました。

でも、ベレンコ中尉のサインや MiG-25 の写真はありませんでした (蛸殴)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧