物欲散財部

May 29, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 2]

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1] の続き。

まず AF と連写ですが、空を飛んでいる飛行機を狙ったときの食いつきはいい方かなと。斜め移動ができないのは不満だけど、ジョイスティックで測距点をサッと移動できるし、移動と併せてダイヤルでサイズを柔軟に変えられるのは二重丸。

EVF のフレーム レートを 120fps に設定したことと、メカシャッター使用時のブラックアウトが短いことから、被写体を追いながらの連写は EOS M5 よりもやりやすいです。そうでなかったら G9 Pro に手を出した意味がなくなっちゃいますけど ()

最近の EOS DIGITAL と同様に AFC の設定をいろいろいじれるので、追従性重視のセッティングで。AFC 時のレリーズは、安全策をとって「フォーカス優先」。既定値は「バランス」ですけど。

レリーズ モードの選択は、モードダイヤルと同軸のダイヤルで選択する方式。連写に「I」と「II」があり、メニュー設定で好みのモードを割り当てられるので、「I」はメカシャッター、「II」はプリキャプチャなしの電子シャッターにしてみました。

電子シャッターなら EVF はブラックアウトしないので、被写体を追うのは楽です。その代わり、トンでもない分量のデータが溜まります。もっとも、ボタン操作ひとつで連続再生できたり、まとめて撮ったひとつのシーケンスをまとめて削除できたりするのは気が利いているところ。

電子シャッター使用時のローリングシャッター歪みは目立たないレベル… と思ったけど、カメラを止めて、被写体だけ動いている場面も試してみないと。

それでは、肝心の写りはどうか。飛行場で遠くの機体を撮ると、大気の揺らぎの影響もあるので、さすがに「スキッとした画」というわけにはいきません。でも、これは被写体のせいでレンズのせいじゃないです。近くのものを撮る分には問題なし。

絵作りのモードはどうか。「スタンダード」だと、ちょっと地味。でも「ヴィヴィッド」だとどぎつい。という悩ましい状況。その他のパラメータとしては、シャープネスと超解像があって、「あーでもない、こーでもない」とやってます。

ノイズリダクションは、状況によってはやや強めにかけてみてます。これも含めて試行錯誤中。

珍しいなあと思ったのは、画のサイズは指定できず、圧縮率も「スタンダード」と「ファイン」だけ、と選択肢が少なめなこと。「ファイン」にすると、JPEG データは軽く 8MB ぐらい行きます。

RAW 現像は、Abobe の DNG Converter を使って DNG に変換して、Lightroom 4.x で K-5 や D600 の RAW とまとめて扱う方向で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1]

昨年、EF/EF-S/EF-M にマウントを一本化したばかりだというのに、また浮気してるし (爆)

ソニーα 7 系列にも興味はあったけど、フルサイズ故の宿命で、ボディは小さくできてもレンズはさほど小さくなりません。それでは、システム全体の小型軽量化という観点からすると疑問符が付きます。だったら扱い慣れた EOS 5Dx 系列でよくね ? と。

それで目が向いたのが MFT。しかし、EOS M5 で流し撮りに難渋した経験もあり、「AF はいいとしても、EVF で動きものをちゃんと追えるんかいな ?」という不安が。

それで、店頭で E-M1 Mark II と G9 PRO を触ってみたのですが、EVF のブラックアウトは G9 PRO の方が少なめ、という印象 (個人の感想です)。そのことと、操作系が馴染みやすそうだとか、ステータス表示用の液晶ディスプレイがあるとかいう理由から、パナの方がいいなあと。

それでも不安はあって、その筆頭が「AF の最初の食いつき」。ただ、あれこれ検索をかけてもよく分からないので、ヤケクソで自ら人柱になってしまいました。

主目標は飛行機だから、レンズは当然、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S. (なげーよ)。
レンズ側の手ぶれ補正とボディ側の手ぶれ補正が協調動作して、ピタッと止まってくれます。

最初の試し撮りは「民航機では AF 食いつきのテストにならん」といって、百里のファントムをターゲットにしました。続いて羽田で民航機、ついでに京急、と、いろいろシチュエーションと検証項目を変えつつ、テスト撮影を進めているところ。

そして、いろいろ撮影しながら、あれこれと設定をチューニングしているところなのです。どうも、初期値の絵作りがいまひとつピンとこないので。(D600 でも似たような経験をしたっけか)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2018

Let's Note XZ6 (その 3)

Let's Note XZ6 (その 1)Let's Note XZ6 (その 2) の続きです。今回は「実際に使ってみて感じたこと・分かったこと」を主体に。

もう J10 はリサイクルに回してしまって手元になく、XZ がフル稼働状態になってます。

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2018

Let's Note XZ6 (その 2)

Let's Note XZ6 (その 1) の続き。

現物が到着したのは、自分が福井に行っている最中でした。なので、翌日、帰宅したときにブツを宅配ボックスから引っ張り出して、その翌日からボチボチと設営開始。以下、備忘録代わりのメモ。

IMG_2208

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2018

Let's Note XZ6 (その 1)

型番は CF-XZ6PDCQR。

今すぐ買うつもりはなかったのだけど、「いずれは J10 の後釜が必要」とか「そろそろ Windows 10 への移行を始めないと」といった考えはありまして。

J10 は HDD を SSD に換装して体感性能が一気に上がったので、まだ使えることは使えるんですけれど。でも、DPP4 は使いたくないという程度のレベル。

最初は「すべてのデータが最終的に集結する」自作デスクトップ機の HESTIA をリプレースするつもりだったんです。んが、例の CPU 脆弱性の問題が勃発。その問題を解決した、改良型の石が出てからリプレースする方がよかろう、と。

あと、「新しい環境を試すなら、トバッチリが少ないところから始める」という考え。すると、お出かけ用ノート PC は好適 (2 年前に買った Let's Note SZ は、基本的に自宅据え置きで使っている)。

そうはいっても、仕事に耐えられる「まともなキーボード」は必須で、そのことと可搬性のバランスを考えると、Let's Note の 12in モデルがベスト。

他社製品も店頭でいろいろ触ってみたものの、やはり現在主流のアイソレーション キーボードってやつは、ストロークが少なくていけません。長くタイピングしていると、きっと指が痛くなる。

それで「うーんうーん」と悶絶しながら帰宅して、なんとなく淀コムを見てみたら…

Continue reading "Let's Note XZ6 (その 1)"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Mar 14, 2018

ニコン スライドコピーアダプタ ES-1

一応、過去にリバーサルで撮りためた写真のうち「これは」というものはスキャン サービスを頼んであったのですが、すべてじゃありません。といって、いまさらフィルム スキャナを買うのも面倒くさいし、スキャンするのは意外と時間がかかるし…

といっていたら、ひょんなことから標準域マクロレンズを手に入れたことで、一気に現実味を帯びたのが、この ES-1。φ52mm なので、55mm→52mm のステップダウン リングと併せて調達しましたが、4,000JPY もかかりませんでした。

ただ、50mm では微妙に焦点距離が足りないようで、スライドの周囲が余ります。それは後から RAW 現像の際にトリミングする方法で対処。どのみち、ES-1 のホルダー部分が回転できる関係で、微妙に傾いてしまうこともありますし。

試しにいくつか撮ってみたところ、走り写真はピンが甘かったり被写体ブレしたりしているコマが多くて散々ですが (凹)、止まっている被写体を撮影したものであれば、かなり使えそう。

問題は撮影時の光源ですが、手元にあったライトボックスが壊れていて点灯しなかったので、ヤケクソで LED ライトを使ってみたところ、うまくいきました。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Feb 07, 2018

SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO

我が家に、初の真っ黒レンズがやってきました。

IMG_1506s

ちがう。我が家に、初のマクロレンズがやってきました。

IMG_1508s

Continue reading "SIGMA AF 50mm F2.8 EX DG MACRO"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jan 11, 2018

thinkTANKphoto Airport Essentials

SIGMA 150-600mm (ry の運搬手段」で書いた話の結論がこれ。SIGMA 150-600mm (ry が入るミニマムのサイズで、かつ軽いということで。

当初に候補に挙げた Airport Commuter にしなかったのは、「意外と厚みがある」という理由。もちろん、その方がキャパは増えるし、Airport Commuter でも国内線の機内持ち込みは可能。

ただし、100 席以下でも OK といっているけれど、厚みは 21.6cm あって「20cm」の制限を超えているので、なんか怪しい感じ。その点、Airport Essentials だと確実に100 席未満でも機内持ち込みができます。

なんで 100 席未満にこだわるかといえば、昨年、ATR42 の取材があったときに「常用している J-TECH X-500 やハクバ GW-PRO を持ち込めない」と焦ったから。

あと、バックパックの用途として想定した場面のひとつが「艦艇取材」。するとラッタルの昇降があるわけで、厚みがあるバックパックは不利。それも Airport Essentials にした理由のひとつ。

Continue reading "thinkTANKphoto Airport Essentials"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 30, 2017

今年、やっちまったもの

年末恒例 (?) のまとめを。

カメラボディ

  • EOS M5
  • EOS 5D Mark IV

交換レンズ

  • EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM
  • EF-EOS M マウントアダプタ
  • EF 24-105mm F4L IS II USM
  • SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

あれえ、数量ベースだと、意外と少ないなあ… 金額ベースだと、5D4 のせいで数字が押し上げられるのですけど。

カメラ関連のアクセサリはというと、バッグは買ってないし、三脚も買ってないし、ストラップぐらい。PC 関連はマウスや Bluetooth アダプタみたいな小物だけ。ATOK2017 も、金額的には小物。クルマ関連はスタッドレスタイヤだけ。

この後の懸案としては、まず仕事用本務機となるデスクトップ PC のリプレース。次は腹をくくって Windows 10 にするかなぁ。写真の編集に使うから、馬力とストレージは欲しい。

それと、そろそろ給湯器の交換を考えないと。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Dec 27, 2017

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 試写

とりあえず、自宅のバルコニーから近所の建物を撮ってみたものの、それだけではテストにならないわけです。「飛行機撮影用」だから、飛行機を相手にして試さないと。

ただ、いきなり戦闘機でもナンだということで、まずは民航機から。それで手近な羽田に行ってきました。レンズの設定はすべて [C1]、つまり AF は速度優先設定です。ボディは 5D3 ですが、フルサイズ機の方が正直な (?) 結果が出るだろうということで。


これでテレ端・開放

 
やはり、周辺光量落ちはそれなりに出ますね。

 
これも同様。

 
上空を飛んでいる機体をパッと狙ってみたら、このとおり。

いずれも撮って出しですけれど、この値段でこれだけ写れば「文句なし」じゃないかしらん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧