物欲散財部

Oct 02, 2017

手持ちの機材まとめ Mark X

過去の履歴が残るように、引退したやつを打ち消し線付きで残しているのは前回と同様 (コンデジ除く)。

前回掲載時との大きな違いは、EOS M5 が増えて、G1X Mark II が消えた… と思ったら、EOS M5 と EF-EOS M マウント アダプタの導入がトリガーになってニコンが一式消え去ったこと。そして、EOS 5D Mark IV が戦列に加わったのでありました。

Continue reading "手持ちの機材まとめ Mark X"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 06, 2017

EOS 5D Mark IV + EF 24-105mm F4L IS II USM

昨日の横須賀サマーフェスタは、実は %タイトル% のコンビの試運転も兼ねてました。もっとも、遠景用に「成城石井」こと EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM も持って行ってましたけど。

EOS 5D Mark IV は発売当初からずっと、値動きを見てました。なかなか下がらないのは毎度のことですけど、さすがに最近になっていくらか下がってきたのと、仕事がいろいろスタックしてテンパってて「気晴らし」が欲しかったのと。そして、人身御供に出した機材のおかげで追い銭が意外と少なくて済んだのとで、背中を押された恰好。

IMG_0958

あと、EF 24-105mm F4L IS USM も、EF 24-105mm F4L IS II USM にリプレース。だから EF 24-105mm F4L IS USM も人身御供に出してます。新型の方が長く、寸胴になったなあ。

IMG_0956

ともあれ、その新鋭コンビを実際に撮影現場に持ち込んでみたら。

Continue reading "EOS 5D Mark IV + EF 24-105mm F4L IS II USM"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 23, 2017

EOS M5 (EF レンズ編・その 2)

その 2 は、EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM と組み合わせた飛行機撮影で、すべてスムーズゾーン AF と AI サーボの組み合わせ。

最初の「つかみ」で少し迷いを見せることがありますが、民航機の上がりぐらいだったら、いったん掴んだらもう逃がしません。気になるのは、EVF に切り替わるときのタイムラグで、タイミングによってはこれが原因で取り逃がす可能性があるかも。

あと、わずかとはいえ OVF と比べると EVF はタイムラグが出る上にシャッターを切ったときのブラックアウトがあるので、被写体をフレーム内で意図した通りに追い続けながら連写するのは、ちょいと慣れが要りそう。

Continue reading "EOS M5 (EF レンズ編・その 2)"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jul 16, 2017

EOS M5 (EF レンズ編・その 1)

小型軽量な EF-M レンズがそこそこ揃っているのだから、そっちを使えば ? というのは正論でありますが、使える資産は有効活用したいし、ことに望遠系は EF-M だと手薄だし。

ということで、当初からの目論見通りに EF-EOS M マウント アダプタをゲッツしました。当初、品薄だったみたいで「7 月末になる模様」「いや、8 月初頭になる模様」なんていわれてビビッたのですが、蓋を開けてみれば、ずっと早く到着。

ところが、ブツが届いた頃からやたらと忙しくなってしまい、なかなか試写が進まなかったのであります。それでも、ある程度の作例が溜まってきたのでお披露目を。

当たり前といえば当たり前ですが、ちゃんと「組み合わせたレンズなり」の写りをします。ここで挙げたのはみんなワンショット AF ですが、飛行機相手の AI サーボ AF 撮影も試してみたいですね。

Continue reading "EOS M5 (EF レンズ編・その 1)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 28, 2017

EOS M5 (動きモノ撮影編)

すでに店頭で何回も触っていたし、レビュー記事もいろいろ読んでいたので、だいたいの概要は頭に入ってました。でも、自分で実際に使ってみないと分からないことがあるのは毎度のこと。

特に DP CMOS AF による「動きモノへの強さ」は期待するところが大だったのですが、さて実際には ?

Continue reading "EOS M5 (動きモノ撮影編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2017

EOS M5 (イントロ編)

実は先日、EOS M5 をポチりました。「小さい EOS 80D」というつもりで。80D や 9000D だと、ボディは 7D2 よりいくらか小さくなってもレンズは同じなので、全体で見るとあまり小さく、軽くなった気がしません。その点、EOS M ならレンズもガクッと小さくなるので。

そして何日か試運転した後で、無謀にも IMDEX ASIA 2017 に乗り込む際に連れて行きました。最初は 7D2 と G1X2 のペアで行くつもりだったんですけど、出発当日の朝になって気が変わりまして。

_7D25361

Continue reading "EOS M5 (イントロ編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 21, 2017

雲台の追加投入と配置替え

鉄道撮影では 3 ウェイ雲台がベター ?」の後日談。結局、こういうことになりました。

まず、ベルボン PHD-61Q を新規調達して、カーボン三脚の E635M に。そして、E635M にもともと付いていた PHD-65Q を外して、ジッツォ G220 に移設、最後に、当初に G220 に組み合わせた自由雲台 QHD-63 は外して、必要なときだけ付け替える態勢に。

三脚側のネジはすべて 3/8in サイズに揃えたので、雲台の行き来は自由にできます。でも、E635M と PHD-61Q のコンビは固定かなぁ。

そして PHD-61Q を取り付けた E635M の試験運用をやってきたのですが、なかなかイイ感触です。パン棒を回してネジを締めたときに、PHD-65Q だと少しずれることがあるのですが、PHD-61Q はそれがないのでストレスがたまりません。

ん。これって使い方が間違ってたのかしら (汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2017

レンズが 1 本生えた

実はしばらく前に、レンズが 1 本生えました。Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f3.5-4.5G ED VR です。

IMG_1056

もちろん、タムロンの A010N があれば 28mm から 300mm までオールマイティですが、高倍率ズームの宿命で歪曲収差は目立つ部類。でも、純正品なら撮ったその場で補正が効くというのがひとつ。

あと、28-300mm + 70-200mm よりも 28-85mm + 70-200mm の方がオーバーラップがないし、やや軽くなるというのがひとつ。

そして、ワイド側の 4mm の差は、無視しがたいものがあります。24mm あれば、近郊用転換クロス車の見通しが (左右が少し切れるものの、一応は) 撮れますから。

そんなことを考えていたら、程度のいい中古が出ていたので、買って来ちゃったわけです (←なことやってるからニコンの経営状態が…)。

IMG_1058
レンズフードの開角は意外とあるので、A010N と比べると、収納性はやや落ちるかも ?

今後は、「24-85mm + 70-200mm」または「28-300mm 一本」という使い分けになるかなと。屋外の現場取材だったら、昨年暮れに鳥飼基地でやったみたいに、後者。

そうでなければ前者。24-85mm で編成走り写真も撮ってみたけれど、焦点距離が不足気味なので、やはり 70-200mm/4 も欲しいところ。

そーいえば。
D600 が手元にやってきてから 2 年以上も「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤していたピクチャーコントロールの設定も、ようやく最適解が見つかったと思える状態になったのでした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Dec 27, 2016

手持ちの機材まとめ Mark IX

過去の履歴が残るように、引退したやつを打ち消し線付きで残しているのは従来と同様 (コンデジ除く)。ただし今回は新企画として、リプレースの履歴が分かるような形で並べ替えてみました。

前回掲載時との大きな違いは、ペンタの引退と、コンデジの世代交代。よくよく考えたら、「手持ちの機材」エントリって1 年以上も更新をサボってた… (´・ω・`)

Continue reading "手持ちの機材まとめ Mark IX"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2016

今年やっちまったもの・2016 年版

カメラ関連が意外と少なかった… とはいうものの、エアコンのリプレースを余儀なくされたし、クルマという大物がいたので金額はでかい

そして年末になって、トリを受け持つレンズが 1 本登場。よくよく考えたら、今年、購入したレンズってこの 1 本だけ。マジか。

EOS 5D Mark III と EOS 7D Mark II の二丁拳銃、性能はいいのですが、そこに赤鉢巻レンズなんか付けようもんなら、いささか「悪目立ち」する傾向があります。もうちょっと地味に、というかさりげなくパシャッとやれるような道具立てが欲しい場面もあります。

となると、ズーム倍率がやや物足りない G1X Mark II (なんだってまた、○○ Mark II とか ○○ Mark III ばかり 3 台も抱え込んで…) をもっと活用するか、別の手を考えるか。ぬーん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧