クルマの話

Dec 30, 2018

ドライブレコーダーを搭載してました

しまったぁ、記事を準備していたのに公開するのを忘れてた (轟爆)

どうも最近、世情がいろいろと物騒なので、自衛のためにドライブレコーダーをつけることにしました。例の「完成検査がらみのあれやこれや」の関係で、なぜか「返金」というのがあったので、それが元手になってます。

(✿╹◡╹).。oO (…返金された分をスバルに還流する、ともいう)

ただ、どこまでおカネをかけるかという問題が出てくるのですが、そもそも現行の上位モデルは GP インプに付かないことが判明。それなら迷いはなくて、JVC ケンウッド製の最廉価モデル、SAA3060340 以外のチョイスはありません。

ドライブレコーダー | スバル用品株式会社

EyeSight との絡みがあって、そこら辺で売っているものを適当に付けるわけにはいかない、という話になっているわけですが。真偽のほどはともかく、 一度買ったら長く乗るのだし、途中でちょこまかとディーラーにおカネを落としてもいいよね、と。

で、取付工賃込みで 37,800JPY なり。運転席の正面上部に付く形になります。

Img_3219

microSD スロットは右側に露出していて、後は「電源」「静止画記録指示」「手動録画指示」のボタンが付いているだけ。

Img_3216

上位モデルと違ってディスプレイがないので、再生するには microSD を抜いて自宅の PC に持ってこないといけないのだけど。まあ、再生の必要が生じるのは「ありがたくないイベント」が発生したときぐらいのものだろうし。出番がないに越したことはないかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 23, 2018

バッテリ交換

先日、タイヤの履き替えに併せて「車検前の無料診断」をやってもらったら、「バッテリの交換が必要です」とのお達しが。

アイドリングストップが付いていて、しばしばエンジンの再始動をやっていることもあり、たぶんバッテリの負担は大きくなっているはず。しばらく前にいったんヘタリが出たものの、その後で回復していたので継続使用していましたが、さすがに 3 年は持たず。

それに、へたったバッテリで冬を越すなんてゾッとしないので、先行して交換してもらいました。工賃込みで 35,000JPY なり。車検の際に替える可能性があったものを前倒しで取り替えた形なので、その分、車検の際にかかる費用は減ったことになるはず。

まあ、バッテリを引っ張りすぎて、2 台目のアルテッツァのときみたいに「突然死」されても困りますしね。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Oct 05, 2018

2 枚の microSDHC カード

先日、32GB の SanDisk 製 microSDHC を 2 枚買いました。ただし、それぞれ異なるものです。

ひとつは Class 4 の SDSDQ-032G-J35U で、スマホのデータ保存用。RAW はないし高速連写もしないのだから、Class 4 でもいいだろ、と割り切りました。

これまで 8GB のやつを入れていたのですが、意外とデータ量の増加が早いので、先手を打って大容量化。これで、PC 側で保存していた写真を「見せびらかし用」に複製する余地もできます (たぶん)。

この 32GB をスマホに入れて、そのスマホを USB ケーブルで PC に接続。そして、外した 8GB は PC 側のカードリーダーに入れて、データをドワーッとコピーして終了。

もうひとつは高耐久型の SDSQQND-032G-JN3ID で、Class 10。こちらはインプレッサに後付けしたドライブレコーダー用。実はレコーダーに 8GB のカードが付いていましたが、それってどう見ても高耐久型じゃないし。

常時連続書き込みという運用形態と、信頼性が第一 (いざというときにちゃんと記録してくれてないと意味がない)、そして大容量ということで、32GB の高耐久型カードを用意する選択、悪くはなかったと思ってます。製品添付のオリジナルは予備として保管しておけるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 23, 2018

トヨダ・ヴィッツ [現行型]

先日、花巻まで撮り鉄しに行ったときに、レンタカーを借りました。

普通、一人だったら経費節減で軽自動車にするところですが、今回は一ノ関でクルマを借りて花巻まで進出する計画。すると高速も走るわけで、それなら軽じゃなくてコンパクトにする方が疲れないだろうと。

で。出てきたクルマは現行型ヴィッツで、雪国らしく 4WD。たぶん NSP135。

Wp_20180911_07_51_11_pro

エンジンが 1L か 1.3L かは… 確認するのを忘れました (爆) レンタカーだし、下位グレードの F あたりがベースなんだろな… と思ってメーカーの Web サイトで確認したら、F の 4WD は 1.3L のみ。Toyota Safety Sense があったような気がするので、"Safety Edition II" だった模様 (←ちゃんと確認しとけ)。

特段の期待はしていなかったけど、乗り出してみると、ちゃんと走るんですよねえ。それなりに騒々しくはあるけど、うちのインプレッサと比べてべらぼうに違うわけでもないし。高速ではちゃんと安定して走るから疲れは少なくて、レンタカー代を余分に出した甲斐はあったかなと。

230km ぐらい走って 13.4L 入れたから、燃費は 20km/L 台には届かず。1.3F の 4WD はカタログ燃費 18.0km/L だし、短距離のゴー・ストップが案外と多かったので、それを考えれば頑張ってる方。

いやほんと、当節のコンパクトカーは馬鹿にできないなと再認識しました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 21, 2018

トヨタ ピクシス・エポック

引き続き、先日の青森遠征ネタ。

青函トンネル記念館は三厩よりさらに奥地にある上に、津軽線の本数を考えると、列車で行くのは現実的ではないなあと。それに、青函トンネル入口など、撮影のための寄り道も企んでいたし。

それで仕方なく (?)、新青森でレンタカーを借り出しました。ただし「半日しか乗らない」「一人だから荷物は少ない」ということで、軽自動車でいいやと。

そしたら、出てきたのはトヨタのピクシス・エポックでした。聞き覚えがない名前だなと思ったら、要するにミライースの OEM。初代モデルの方。

_5d36495

三厩まで往復した後、南に転じて大釈迦あたりまで往復して、走行距離は 160km ほど。そして…

 

いやはやビックリした。燃料計の目盛はひとつしか減っていなかったから、給油ミスとも思えないし。

で。このクルマ、安くて軽いのが取り柄なので仕方ないんですが、ステアリングをチルトするレバーは見つからなかったし (テレスコなんて贅沢はいわない)、シートリフターらしきものもなかったしで、とうとう最後まで、納得できるポジションを取れませんでした。

笑っちゃったのはミラーがリモコンではないところで、実に割り切ってるなあと。その辺、スズキ・アルトの初代に通じるものがあるかも。窓はさすがにパワーウィンドウでしたけど。

ただ、クルマが小さくて軽い割にはステアリングのフィールがどっしりしていて (あくまで比較の問題)、そこのところは軽自動車っぽくなくて面白かったですね。「3024B が青函トンネルを出てきちゃう~ 遅刻遅刻~」と飛ばすような場面でも、走りっぷりは悪くなかったし。

あと、あれだ。eco IDLE と称するアイドリングストップ。停止してから… ではなくて 7km/h を下回るともうエンジンを止めるんだそうで、何かというとすぐエンジンが止まる (笑) 確かにガスは食わないかも知れないけれど、バッテリの負担は大きくならないのかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 13, 2018

南多摩尾根幹線

反対運動で50年暫定供用、渋滞都道を4車線化 (讀賣)

調布に住んでいた頃、慢性的に渋滞していた鶴川街道の代替ルートとして、町田・相模原方面と行き来する際にしばしば活用していたのが、この南多摩尾根幹線。当時はたいてい「空いている」という印象だったんですけど、もう 20 年近く前の話だから状況が変わっているのかな。

なにせ私が調布にいたときには、まだ南武線の立体化ができていなくて矢野口の踏切が渋滞銀座。さらに、多摩川原橋が片側 1 車線ずつだったから、これがまたボトルネック。そして鶴川街道も今の稲城市役所前経由ではなくて、道幅が狭い北側の旧ルートだったので、これがまたボトルネック。

その点、南多摩尾根幹線から是政橋に抜けて中央道の南側に沿って走るルートは、比較的、空いていて楽だったのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2017

スタッドレスタイヤに替えてきました

予告していた通りに、ミシュラン X-ICE3+ に履き替えてまいりました。

IMG_1328

走り出しての第一印象は「当たりが柔らかくてロードノイズが少ない」って… それはスタッドレスタイヤなんだから、あたりき車力の AN/TPY-2。今日はディーラーから自宅まで、何 km か走っただけなので「いい」も「わるい」もないのが実情。

とりあえず、スキーか雪中撮影か、何か名目を作ってお出かけしてみないと、なんともいえませんね。何回かお出かけして、いろいろなシチュエーションを経験するまで、評価は保留。

よくよく考えたら、ミシュランのタイヤってえらく久しぶり。1 台目のアルテッツァが Pilot Sport を履いていたけれど、そのクルマは 2000 年の 9 月にオシャカになっているので、それ以来のミシュラン。

IMG_1329

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 30, 2017

スタッドレスタイヤの新調

BP5 レガシィへの乗り換えとともにスタッドレスタイヤも用意するようになったわけですが、これまで 5 シーズン使っては代替、というサイクルで来てます。これまではタイヤ館を使っていた関係で、ずっとブリザック。

そして今年が代替の年になりましたが、初めてミシュランにしてみました。最新鋭の X-ICE3+、サイズは従来と同じ 195/65R15。BS の VRX2 も見積もりをとってもらって、実はそっちの方が数千円ほど安かったんですけど、気分を変えてみたくて ()

というだけではなくて、ミシュランはアイスバーンに強いという話もあるので。実のところ、圧雪よりアイスバーンの方が怖いですからね。

タイミングがいいことに、今年、X-ICE3 が X-ICE3+ にバージョンアップしたので、ちょっと高くついても最新型の方がいいです。

タイヤはすぐ来るそうですが、預けてあるタイヤとホイールを倉庫から出してもらうのに時間がかかるので、履き替えは二週間後の予定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 22, 2017

名阪国道

先日、18 年ぶりだか 19 年ぶりだかに名阪国道を走ってきました。空いていたので比較的楽でしたが、「規格が低いのにペースが速い」「幅方向の余裕が少ない」「路面が荒れている」との印象は相変わらず。これで混んでたら怖いわ…

でも、名阪国道を端から端まで走る (駄洒落ではない) のはまだマシで、途中から合流する方がもっと怖いかも。なにせ加速車線が短いから。だから途中で休憩に立ち寄るのは避けて、一気に走りきる方が気が楽かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 30, 2017

カーナビの地図更新

昨日のエントリにもチラッと書きましたが、ふと思い立って確認してみたら更新データが出ていたので、ナビの地図データを更新しました。

過去 2 回の更新はプログラムを含めた全更新でしたが、今回は地図データの差分だけを更新。その方がデータ量が少ないのは当然ですが、差分だけの更新だと、更新中もナビが動作するんですね。

ただし画面の下端で「更新中」という表示が出ていて、進捗の数字も出ます。(うっかりして写真は撮り忘れた)

最初は % の数字が調子よく伸びていたので「意外と早く行けるかなー」と思ったら、途中からガクッとペースダウンして、その更新が終わるまで小一時間ほど、都心をウロウロと走り回っていたという。

で、どこがどう新しくなったんだろう。変化が生じた現場に行かないとありがたみが分からないのは、地図更新の難しいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧