ネタ

Jul 09, 2016

【ネタ】PAC-3 ○SE

MSE は Missile Segment Enhancement の略ですが、他にもいろいろでっち上げられそう。と、ついつい「バクロニム大好き」の血が騒いでしまいました。

  • PAC-3 SSE : Surveillance Segment Enhancement
  • PAC-3 NSE : Network Segment Enhancement
  • PAC-3 LSE : Launch Segment Enhancement
  • PAC-3 RSE : Rocket Segment Enhancement
  • PAC-3 VSE : Virtual-training Segment Enhancement

え、PAC-3 EXE ? 知らんがな (´・ω・`)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 24, 2016

【ネタ】米軍のフライトマニュアル風カップ焼きそばの作り方

目的

このマニュアルは、カップ焼きそばを作るために必要な情報をまとめたもので、一般的な情報を提供している。

利用

このマニュアルは、一般的な大人がカップ焼きそばを作る場面を想定している。

カップ焼きそばとは

カップ焼きそばとは、迅速かつ手軽に焼きそばを喫食するために考案された、インスタント食品の一種である。カップに指定量の熱湯を投入することで麺が喫食可能な状態となるが、焼きそばという食事の性格上、湯切りを必要とする点に注意が必要である。一食につき約 500kcal のエネルギーを摂取することができる。

麺は一般的に、事前に油で揚げてから乾燥した状態で容器に収められる。こうすることで麺の表面に微細な穴が多数できて、水の吸い込みを良くすることで迅速な喫食を可能とする。

システム構成

カップ焼きそばは樹脂製の四角い容器に収められており、蓋は取り外し式である。蓋を開けると、容器の底部には「麺」が置かれており、その上に、「ソース」と「具」がそれぞれ独立した袋に収めた状態で置かれている。いずれの袋も手で切って開封することが可能である。好みに応じてマヨネーズを加えるのも良いが、標準添付品には含まれていないので各自で事前に用意すること。

調理前点検

パッケージを開封したら、まず蓋を取り外して、左から右に向けて視線を移動しつつ、所定の内容物が揃っていることを確認する。

  • ソース - checked
  • 具 - checked
  • 麺 - checked

また、開封前にはパッケージの文字が正立した状態において蓋の右下隅に設けられている、湯切り口の状態を確認する。

  • 湯切り口 - closed

湯の準備

続いて湯の準備にかかる。水道水またはミネラルウォーターの使用が推奨されるが、入手が不可能な場合には別の方法で入手した水に浄水剤を投入して使用する。

水の所要量は 480 ミリリットル (約 0.126 US ガロン)。

ヤカンないしはその他の、湯を沸かすのに適した金属製の容器を用意して火にかけて、沸騰するまで待つ。

湯の投入

水が沸騰したことは温度計によって確認する。温度計を用いて摂氏 100 度に達していることを確認したら、容器を火から外す。

続いて、カップ焼きそばの蓋を外してあることを確認する。

  • 蓋 - open

続いて、具の袋を開けて内容物を麺の上に散布する。ソースの袋は容器の外にどける。どける場所は上下左右いずれでもかまわない。間違えてソースを麺の上に散布すると一巻の終わりであり、回復手段はない。その場合、カップ焼きそばは廃棄とする。

  • 具 - distributed
  • ソース - removed

これらの準備ができたところで、湯を投入する。このとき、麺の柔らかさにムラが生じないように、左下隅を起点として右回り・螺旋状に、2 インチ/秒の速度で移動しながら均等に湯を注ぎ入れるよう留意されたい。

湯の投入が終わったら蓋をして、3 分間待つ。このとき、容器は平らな場所の上に置くこと。

湯切り

いうまでもないことだが、この作業は流し台のシンクなど、熱湯を捨てても支障のない場所で行うよう留意する。

正確に整正した時計を用いて3 分間が経過したことを確認したら、蓋の右下隅に設けられている湯切り口を開き、湯を捨てる。

このとき、容器の左下隅と右上隅を持ち、湯切り口が下になるように保持する。蓋が外れると内容物が散乱する惨事となるので、両手で蓋と容器本体を挟むように保持するよう留意する。

湯がすべて出尽くしたら湯切りは終了である。

喫食

湯切りが終了したら蓋を外す。

続いてソースの袋を開封して、内容物を麺の上にあける。このとき、一部の箇所に集中すると味付けが偏る可能性があるため、左下隅を起点として右回り・螺旋状に、2 インチ/秒の速度で移動しながら、できるだけ均等に散布するよう心掛けられたい。

ソースの散布が終了したら、箸で全体をよく混ぜてから喫食する。

EMERGENCY

湯の投入、あるいは湯切りの際に誤って手に湯をかけてしまった場合、直ちに冷水で冷やす。

湯切りまでの時間が長すぎて麺がのびてしまった場合、対応策は存在しない。

もしも内部に異物が混入していた場合には、パッケージに書かれているメーカーの窓口まで電話あるいは郵便によって報告する。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 19, 2015

ハンガーストライキ

ハンガーストライキ hangar strike

敵軍の航空基地にある整備拠点、すなわち格納庫を狙い撃ちして破壊することで、敵軍の航空機整備能力を減退させて、可動率の低下、ひいては航空戦力の能力低下につなげる高等戦術のこと。

(民明書房刊「現代航空戦用語辞典」より)

Continue reading "ハンガーストライキ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2015

スゴイカタイ

といったところで、パロディをひとつ。

_MG_2528s

#ザイライセンスゴイカタイザセキ

マジメな話、末期の増備車を除く E231 系と、日立 A-Train の初期の車両って座席が固すぎると思う次第。一度、E231 の各駅停車に黒磯から赤羽まで乗ったら、最後の頃にはお尻が痛くなっちゃいましたよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 01, 2015

護衛艦のヘソクリ

海上自衛隊が、「ひゅうが」型と「いずも」型、合計 4 隻について「護衛艦ではなくて護衛される艦だから」ということで、大綱に定めた「護衛艦」の枠から外すことを考えているとかなんとか。これが実現すると、護衛艦×4 隻分のヘソクリが可能になるのがミソ。

それで余分に必要となる建造費や乗組員の話は… 「退役した『しらね』の分をうまく使えないか ?」「そんな話はしらねぇ」。

 

# お察しください

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 23, 2015

U・T

「上野東京ライン」のことを「UTL」と略記する人がいるんですねえ。

といったところで、こんな会話をでっち上げてしまった次第。

Continue reading "U・T"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 26, 2014

三脚ベルトの使い道

昨日のエントリ

>三脚固定ベルトなんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ(オヒ

つい出来心で、ふとした思いつきを実行に移してしまいました。かわいいので反省はしてません。

Continue reading "三脚ベルトの使い道"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 31, 2013

【ネタ】特定秘密

昨日のエントリに関連して「そもそも、特定秘密に分類しないといけないものって何だ」という疑問が出てくるのは自然なこと。

基本的なガイドラインとしては、「それを秘密にしておかないと国家にとって不利益をもたらすもの、あるいは国家の存立を脅かしかねないもの」ということになるんでしょうけれど。「国家」を「企業」に置き換えても同じ。

そういうマジメな考察も必要だけれど、一方では「秘密保全に対する体制が不備だったこと自体が秘密だ」なんていう考えもできるかも。

さらにおちゃらけると、「これは秘密にしておいた方が」というネタ、案外と出てきたりして…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sep 16, 2013

愛と麗

「愛と誠」の書き間違い… というわけではなくて (爆)

ボーイングのファントムワークスが手掛けている技術実証機で、ファントム・アイとファントム・レイがあるわけですが。

これを「ファントム・愛」「ファントム・麗」とかなんとか後半だけ漢字にした途端に、萌え化されたり擬人化されたりしそうだなあと。そんなアホなことを考えてしまった風呂上がり。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Aug 09, 2013

緊急○○速報

昨日、緊急地震速報で騒動になったのに便乗 (?) して「緊急自信速報」なんてバカネタを投げてしまいました。なにせ、原稿を落としたり飛ばしたりしないのが数少ない自慢なので…

それ以外にも、いろいろ「緊急○○速報」ってできそう。「緊急湿疹速報」とか「緊急失神速報」とか「緊急自沈速報」とか「緊急地鎮速報」とか。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧