フォトライフ

Jun 14, 2018

その後の G9 Pro

だいぶ使い込んできて、絵作りのセッティングなんかは固まりつつある G9 Pro。さすがに 100-400mm 望遠ズームだけでは何なので、パナの 12-60mm ズームも追加して、これでバッチリ…

かというと、そうでもありませんで。

飛んでいる飛行機を追いながら撮ると、どうも画がシャキッとしないという問題は相変わらず。疑われるのは「AF」「手ぶれ補正」「コントラストが低い被写体」。

遠くの被写体でも、静止物を撮るとちゃんと写るので、レンズは無罪。列車が相手だとちゃんと写るので、カメラも無罪。

ところが、戦闘機なんかを撮った後で拡大して見てみると、明らかにピンがちゃんと来ていないことが少なくないので、それで前述の三要素を疑っている次第。

また天気のいい日に百里に行ってテストしなければ。と思ったものの、行ってもフライトがロクになくて空振り、ということもあるのが軍用飛行場の辛いところ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 09, 2018

EF 70-200mm F4L IS II USM

プロ・ハイアマチュア向けの望遠ズームレンズ2機種を発売

しばらく前から噂になっていた、70-200mm ズームの新型が、F2.8 と F4 と一挙に登場。うちは機動性重視で小三元を揃えているので、目が向くのは当然ながら F4 の方。

もっとも、現行モデルで特段に不満があるわけではないのですが、もう 10 年ぐらい使っているし、もっとも酷使されているレンズであるのは確かなので。しかも二度の入院を経験していて、確か IS ユニットと USM ユニットを取り替えていたはず。

ほぼ同寸・同重量の 70-300mm もありますけど、ときには F4 の明るさや防塵防滴が欲しいこともあります。

現行モデルを売りに出して、手持ちの淀のポイントをつぎ込めば 8 万ぐらいの追い銭で入手できそうですけど、実際にどうするかは追々考えることにして。今年の後半か来年には… というところかなぁ。

気になるのは、現行モデルと比べて鏡筒がいくらか太くなっていること。収まりが気になるけれど、これはバッグの側で合わせるべきでしょう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 06, 2018

テレ端固定

5/31-6/5 にかけて、パタクセントリバーなどに行ってきました。

主目標は NAS パタクセントリバーのオープンハウス (6/2-3) ですが、実際には 6/1 にパタクセントリバー海軍航空博物館を訪問、6/2 にオープンハウス、6/3 は雨だったので NASM のウドバー ヘイジー センターに転進。

当初の予定とは違うことになったものの、見られたものがいろいろと増えたので、結果オーライ。おいおい、仕事の場で成果物を蔵出ししていけると思います。

で。

昨年のネリスあたりから始めたのですが、デモフライトの撮影をするのに 100-400mm ズームのズームリングをあまり触らず、「よほどのことがなければ」テレ端固定で使うようにしています。

要するに、400mm 単焦点のつもりで使えということ。どうも、ズームリングを回していると、そちらに気をとられて「迷いが出る」ような気がしてまして。

そして「被写体に合わせてズームリングを回す」のではなくて「400mm×1.6 倍に合わせて構図を作れ」と。あと、中野耕志さんの教えに従って「闇雲にシャッターを切るのではなく、ここぞというところで」。

(ただし、対進課目だと、エンジン音を聞きながら "数打ちゃ当たる" 作戦で行くこともありますが)

AF がちゃんと決まらなくてがっかりしたケースがいくつかあったものの、パタクセントリバーでブルーズを撮ったときには、以前よりもマシになってきたような気がしてます。さて、修練、修練。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 29, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 2]

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1] の続き。

まず AF と連写ですが、空を飛んでいる飛行機を狙ったときの食いつきはいい方かなと。斜め移動ができないのは不満だけど、ジョイスティックで測距点をサッと移動できるし、移動と併せてダイヤルでサイズを柔軟に変えられるのは二重丸。

EVF のフレーム レートを 120fps に設定したことと、メカシャッター使用時のブラックアウトが短いことから、被写体を追いながらの連写は EOS M5 よりもやりやすいです。そうでなかったら G9 Pro に手を出した意味がなくなっちゃいますけど ()

最近の EOS DIGITAL と同様に AFC の設定をいろいろいじれるので、追従性重視のセッティングで。AFC 時のレリーズは、安全策をとって「フォーカス優先」。既定値は「バランス」ですけど。

レリーズ モードの選択は、モードダイヤルと同軸のダイヤルで選択する方式。連写に「I」と「II」があり、メニュー設定で好みのモードを割り当てられるので、「I」はメカシャッター、「II」はプリキャプチャなしの電子シャッターにしてみました。

電子シャッターなら EVF はブラックアウトしないので、被写体を追うのは楽です。その代わり、トンでもない分量のデータが溜まります。もっとも、ボタン操作ひとつで連続再生できたり、まとめて撮ったひとつのシーケンスをまとめて削除できたりするのは気が利いているところ。

電子シャッター使用時のローリングシャッター歪みは目立たないレベル… と思ったけど、カメラを止めて、被写体だけ動いている場面も試してみないと。

それでは、肝心の写りはどうか。飛行場で遠くの機体を撮ると、大気の揺らぎの影響もあるので、さすがに「スキッとした画」というわけにはいきません。でも、これは被写体のせいでレンズのせいじゃないです。近くのものを撮る分には問題なし。

絵作りのモードはどうか。「スタンダード」だと、ちょっと地味。でも「ヴィヴィッド」だとどぎつい。という悩ましい状況。その他のパラメータとしては、シャープネスと超解像があって、「あーでもない、こーでもない」とやってます。

ノイズリダクションは、状況によってはやや強めにかけてみてます。これも含めて試行錯誤中。

珍しいなあと思ったのは、画のサイズは指定できず、圧縮率も「スタンダード」と「ファイン」だけ、と選択肢が少なめなこと。「ファイン」にすると、JPEG データは軽く 8MB ぐらい行きます。

RAW 現像は、Abobe の DNG Converter を使って DNG に変換して、Lightroom 4.x で K-5 や D600 の RAW とまとめて扱う方向で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2018

LUMIX G9 PRO×LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm [その 1]

昨年、EF/EF-S/EF-M にマウントを一本化したばかりだというのに、また浮気してるし (爆)

ソニーα 7 系列にも興味はあったけど、フルサイズ故の宿命で、ボディは小さくできてもレンズはさほど小さくなりません。それでは、システム全体の小型軽量化という観点からすると疑問符が付きます。だったら扱い慣れた EOS 5Dx 系列でよくね ? と。

それで目が向いたのが MFT。しかし、EOS M5 で流し撮りに難渋した経験もあり、「AF はいいとしても、EVF で動きものをちゃんと追えるんかいな ?」という不安が。

それで、店頭で E-M1 Mark II と G9 PRO を触ってみたのですが、EVF のブラックアウトは G9 PRO の方が少なめ、という印象 (個人の感想です)。そのことと、操作系が馴染みやすそうだとか、ステータス表示用の液晶ディスプレイがあるとかいう理由から、パナの方がいいなあと。

それでも不安はあって、その筆頭が「AF の最初の食いつき」。ただ、あれこれ検索をかけてもよく分からないので、ヤケクソで自ら人柱になってしまいました。

主目標は飛行機だから、レンズは当然、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S. (なげーよ)。
レンズ側の手ぶれ補正とボディ側の手ぶれ補正が協調動作して、ピタッと止まってくれます。

最初の試し撮りは「民航機では AF 食いつきのテストにならん」といって、百里のファントムをターゲットにしました。続いて羽田で民航機、ついでに京急、と、いろいろシチュエーションと検証項目を変えつつ、テスト撮影を進めているところ。

そして、いろいろ撮影しながら、あれこれと設定をチューニングしているところなのです。どうも、初期値の絵作りがいまひとつピンとこないので。(D600 でも似たような経験をしたっけか)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 23, 2018

その後のエアポート エッセンシャルズ

21-22 日にかけて、ガーディアン UAV の取材で壱岐に行ってきました。

前日に壱岐に入ってしまってもよかったのですが、天候に起因するスケジュール変更の可能性も考慮して、前夜は大村泊まり。当日の朝に長崎空港からオリエンタルエアブリッジの DHC-8-201Q で現地入りする作戦で。どのみち取材現場は壱岐空港だし。

すると、DHC-8-201Q は「100 席未満」なので、そのサイズの機体で機内持ち込みできるエアポート エッセンシャルズが本領を発揮。実際、オーバーヘッド ストウェージにはギリギリいっぱいでちゃんと入りました。

ただ、ボディ 1 台、レンズ 3 本、着替え、洗面道具、ラップトップなどといった具合に詰め込んでいくと、ちょっとキャパ不足は否めないところ。それで、フォーマット 160 をサブバッグとして持って行って、現場で適宜、中身を入れ替えつつ対処する方法で。

洗顔フォームだけならともかく、リップクリームにハンドクリームに日焼け止めに、と小間物が増えると、サブのバッグがないと無理。それに、現場でパッとレンズ交換するにも、サブのバッグがある方がいいですし。

そんなこんなで、この「エアポート エッセンシャルズ + フォーマット 160」のコンビが定番になりそう。ただ、エアポート エッセンシャルズの内部配置については、ちと改善の余地があるかなあという感触でした。

何がマズいかというと、下の写真で左上隅にある小スペース。ここに USB 充電器や耳栓や予備のバッテリを入れているのですが、場所が場所だけに出しにくい。これはなんとかしないと。

IMG_1359

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 24, 2018

物理法則には勝てぬ

先日、ヨドバシの店頭で α7 III の 24-105mm 付きを見かけたので、ちょっとだけ触ってみました。が。

手に取って持ち上げた瞬間に「重いっ」。ミラーレス機だから「軽い」という先入観があったのか、実際以上に重く感じてしまったというていたらく。

でも、よくよく考えれば、イメージサークルが同じ 35mm フルサイズ相当であれば、依拠する物理法則は同じなのだから、レンズがそんな劇的に小さく、軽くなるはずもなく。

ボディの方は、ミラーなんかがない分だけ、いくらか小さくできるでしょうけれど。それでもα7 シリーズ、版を重ねるにつれて少しずつ大きくなってきているような気がします。

「軽いミラーレス」という思い込みを実現しようとすると、24-105mm は却下して、まだしもマシな 24-70mm にする方が良いのかも。でもなあ、取材の現場でテレ端 70mm って、往々にして足りないんだよなあ… だったら EOS DIGITAL でいいじゃん。

というオチに。ちゃんちゃん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 14, 2018

EOS M5 + EF-S 18-135mm STM

ここ で書いた話の続きみたいになってます。

もちろん、本当に身軽に行きたいときには EF-M 18-150mm で行くのですが、「近くの止まっているもの」を撮る分には問題なくても、「遠くの動いているもの」を撮ると、どうもシャキッとしません。

それで、「遠くの動いているもの」を撮るときには、EF-S 18-135mm で行きます。35mm 換算で 27-200mm ぐらいになるので、大抵の用途はこれ 1 本でこなせます。

さらにこだわると、EF 70-200mm F4L IS USM が同行。これぐらいならそんな大荷物にならないし、APS-C といえども、光量が十分にあれば写りに不満は出ません。

たとえばシグマの 17-70mm DC あたりにすれば、もっと身軽になるのでしょうけれど、そうすると望遠レンズは別途必須ということに。かといって、高倍率ズームになると写りが気になってきます。

と考えると、18-135mm って、過不足なく、ちょうどいいレンジだなあと。長崎に取材に行った後、駅前で路面電車を撮影して時間をつぶしていたときにも、このレンズ 1 本で済ませちゃったし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2018

DPP の傾向の違い

ひょっとすると、単なる「気のせい」かも知れないんですが、

DPP (Digital Photo Professional) のバージョン 3 とバージョン 4 を比較すると、どうも後者の方がスキッとした艶のある画を吐き出してくるような気がします。

以前は、DPP4 の対応機種が限られていたので、たとえば 40D で撮った写真は DPP3 で現像してました。ところが、いつのまにやら DPP4 が 40D の RAW も扱えるようになったので、試してみたら、どうも絵作りの傾向が違うような気がして。

そのせいで最近、過去に 40D で撮った写真の再現像をいろいろやってみています。そもそも DPP3 より DPP4 の方が調整項目が多いし、細かい調整ができるので。

もちろん DPP4 の方が動作が重いのですが、40D の RAW ぐらいだとデータ量が少ないので、そんなに気にはならないようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 14, 2018

ニコン スライドコピーアダプタ ES-1

一応、過去にリバーサルで撮りためた写真のうち「これは」というものはスキャン サービスを頼んであったのですが、すべてじゃありません。といって、いまさらフィルム スキャナを買うのも面倒くさいし、スキャンするのは意外と時間がかかるし…

といっていたら、ひょんなことから標準域マクロレンズを手に入れたことで、一気に現実味を帯びたのが、この ES-1。φ52mm なので、55mm→52mm のステップダウン リングと併せて調達しましたが、4,000JPY もかかりませんでした。

ただ、50mm では微妙に焦点距離が足りないようで、スライドの周囲が余ります。それは後から RAW 現像の際にトリミングする方法で対処。どのみち、ES-1 のホルダー部分が回転できる関係で、微妙に傾いてしまうこともありますし。

試しにいくつか撮ってみたところ、走り写真はピンが甘かったり被写体ブレしたりしているコマが多くて散々ですが (凹)、止まっている被写体を撮影したものであれば、かなり使えそう。

問題は撮影時の光源ですが、手元にあったライトボックスが壊れていて点灯しなかったので、ヤケクソで LED ライトを使ってみたところ、うまくいきました。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧