フォトライフ

May 26, 2019

さよならサンヨン、ようこそシゴロ

だいぶ前から構想だけはしていたのですが、たまたま中古良品が地図亀に出ていたので、やっちまいました。EF 300mm F4L IS USM を先取交換で下取りに出すことにして、EF 400mm F5.6L USM にリプレース。

_mg_0787
(左がシゴロ、右がサンヨン。シゴロの方が細長いです)

サンヨン、写りはいいんですが、AF がのろいのと、戦闘機を撮るにはいささか焦点距離が不足するという問題が。そんな事情で稼働率は決して高くなかったから、そんならシゴロに変えてみようかと。万能なのは手ブレ補正付きの EF 100-400mm IS II や Σ150-600C ですけど、シゴロの軽さと、単焦点ならではの抜けの良さに期待して。

実は、昨年のパタクセントリバーやミラマーで、EF 100-400mm IS II を「テレ端固定」で使う場面を意図的に設けてみたのも、シゴロのことが念頭にあったから。

ただ、以前に IS 付きにリニューアルする噂が出たのが気になるところ。とはいうものの、最近のキヤノンの動向を見ていると RF レンズにリソースをつぎ込んでいるようなので、シゴロのリニューアルはないだろうと踏みました。

で、ブツが届いたところでさっそく 7D2 と組み合わせて試し撮りをやってみたわけですが…

_7d21707
(クリックすると原寸大… と思ったら、アップしたときに勝手に縮小されてないか ?)


(ということで、OneDrive にオリジナルをアップして埋め込みを試みたの図。収差補正はかかってません)

まだ不慣れもあってか、甘い感じがしなくもないけれど、RAW 現像で設定を追い込んで、DLO を効かせてやれば、なおよし。

ただ、焦点距離が長い単焦点、しかも 7D2 と組み合わせると 1.6 倍だから、狙った被写体にパッとレンズを指向するには、ちょっと慣れが要りそう。あと、手ブレ補正がないのでアラが出やすいというのはありますね。

したがって、見晴らしのいいところで遠方から追い続けるようにしないと、歩留まりが下がりそう。つまり、咄嗟勝負に賭けないで、こちらに向かってくる被写体を追い続けて、狙い澄ましてバシッと切り取るようにしないと、真の実力を出してくれない。というのが目下の感触。

エアショー撮影の主力が 5D3 または 5D4 とΣ 150-600C の組み合わせなのは変わりませんが、7D2 に単焦点という、身軽でリーチが長いオプションを増やせそうなのは、よかったかなと思ってます。ただ、暗部のノイズが出やすいのはボディ側の責任でどうしようもないので、これは運用で工夫しないと。

Continue reading "さよならサンヨン、ようこそシゴロ"

| | Comments (6)

May 20, 2019

EOS RP が来た (その後)

ここ 2 ヶ月ほど、意識的にいろいろな場面に EOS RP を持ち込んで使ってみました。不向きと思われそうな動きモノも、在来線の撮影ならいろいろやってみています。ただし、さすがに全速走行中の新幹線を相手にする気は起こらなかったです。

基本的には、相手が動きモノでなければ問題なく使えるし、動きモノでもあまりスピードが出ていない在来線なら対応できそう。ただ、新幹線も含めて、スピードが出ている相手だと、一発で決めなければならないというプレッシャーがかかり、リスクは増えます。連写頼みで数を撃って保険をかけるのが難しいので (←

同じ理由で、飛行機を相手にするのも、ちょっとお薦めはいたしかねるかなと。民航機ぐらいだったら、頑張れば撮れそうですが。

(追記 : 列車が相手なら、テレ側に振って被写体の角速度を落とすことで、レリーズのタイミングを外しにくくするという逃げ道はありそう)

_mg_0767_rp

一度、取材のメインとしても使ってみましたが、これはまだちょっと不安が。取材の現場って「瞬発力」が求められることが間々あるので。そこで全幅の信頼を置けるかというと、まだ不安が残るというのが本音。使う側の慣れに加えて、カメラのセッティング・チューニングについて、もうしばらくの熟成が必要かなと。

ただ、この小ささと軽さは間違いなく正義。普段は 40mm STM を付けっぱなしにしていて、必要に応じて 70-300mm USM を持ち出すのが基本的な布陣ですが、多くの場合、これでいけます。広角側が欲しければ 28mm を加えますが、それでもけっこう総重量は少なめで済みます。もっとも、取材の場では標準ズームが要りますね。

| | Comments (2)

Mar 28, 2019

EOS RP が来た (3)

EOS RP が来た (2)」の続き。

EOS RP をひとことでいうと「とにかく、このサイズと軽さと価格にまとめたのは正義」。連写速度が遅いとか、シャッター音がへぼいとか、粗探しをすればいろいろありますけど、1D 系列じゃないんですからね。

EOS R シリーズと RF マウントの間口を広げるとともに、敷居を下げるのが RP のミッションなんだろうし、それはうまいこと実現していると思います。つまり「抜き加減」と「扱いやすさ」の両立ができているということ。こういう仕事をすると、ほんと、キヤノンはうまい。

Continue reading "EOS RP が来た (3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2019

EOS RP が来た (2)

EOS RP が来た (1)」の続き。

Continue reading "EOS RP が来た (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2019

EOS RP が来た (1)

えー、白状しますと、予約受付が始まるやいなや、予約してました。よって発売当日の到着です。本体と、コントロール リング付きマウント アダプタのセットです。限定 7,000 セットだというので、売り切れてはかなわん、と早々に手を出した部分もあります。

これと入れ替わりに、EOS M5 と EF-M 18-150mm と EF EF-M マウント アダプタをドナドナしました。そのため、追銭 15 万円強という計算になります。

発売日に受領して開封、とりあえず液晶保護フィルムを貼って、ストラップを付けて。ストラップは標準装備品だと少し細い感じがしたので、M5 で使っていたハクバのやつを流用しています。

軽く試し撮りしつつ、セッティングをいろいろ変えましたが、なにせ EOS DIGITAL ですから、ほとんど何の迷いもなく使えます。安心感はあるけど、ワクワク・ドキドキはあまりないですね。

Continue reading "EOS RP が来た (1)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 12, 2019

M モードで露出補正

EOS DIGITAL は M モードを選択して ISO オートにすると、ISO の上げ下げで露出をコントロールしてくれます。では、そこで露出補正したくなったらどうするの ?

という場面に遭遇したのが、先日のアヴァロン。午後から夕方にかけてモロに逆光なので、少しプラス補正をかけたいわけです。そこで M モードを使うのは、F7.1 まで絞っているせい。

実は、ダウンロードした EOS RP の取説 PDF を見ていたら、「クイック設定画面で露出補正の指定が可能」とありまして。じゃあ他機種はどうなの ? ということで試してみたら。

  • EOS 5D Mark IV : クイック設定画面で露出補正の指定が可能
  • EOS 5D Mark III : クイック設定画面ではブラケットの指定しかできないので、露出補正は指定不可
  • EOS 7D Mark II : クイック設定画面で露出補正の指定が可能

ちなみに、Tv モードや Av モードで露出補正をかけてから M モードに切り替えたときに、露出補正値を引き継いでくれるのが EOS 5D Mark IV と EOS 7D Mark II。

まあ、EOS M5 みたいに物理的なダイヤルとして露出補正ダイヤルが付いていれば、話は簡単なんですけれど。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 15, 2019

EOS RP が出た

小型・軽量なフルサイズミラーレスカメラ"EOS RP"を発売 (Canon プレスリリース)

なまじ事前情報がいろいろ出回っていると、ワクワクする一方で、正式発表になったときには「ああ、リーク通りだったね」と冷静に受け止めてしまう今日この頃。いいんだか、悪いんだか。

もちろん、上を見ればキリはありませんが、押さえるべきポイントは押さえつつ、うまいバランスで安価かつコンパクトにまとめた、といえるんじゃないでしょうか。EOS M6 と違って、ちゃんとタッチ & ドラッグ AF も付いてるし。

M3 や M6 を使っている人だとかなりの差を感じそうですけど、M5 だと (ボディ単独なら) ベラボウに大きくなるわけではないので、乗り換えに際しての心理的障壁は低そう。ただし、前回にも書いたように、もっとコンパクトな標準ズームは欲しいところ。

同時に開発発表した中に含まれる RF 24-240mm にしても、φ72mm では決して小さくなさそうだし。(フルサイズのイメージ サークルで 10 倍ズームなんだから、劇的に小さくなるはずがない)

となると、とりあえずマウントアダプタを介して 24-70mm/F4L か 24-105mm STM を組み合わせるのが、EF レンズ併用ユーザーにとっての無難な選択肢なのは間違いなさそう。発売は 3 月半ばの予定だというから、まだ悩む時間はありますね。

とりあえず来週、時間を見つけて銀座に行ってみます。再来週は時間がない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 07, 2019

EOS RP

【噂】キヤノン「EOS RP」の画像 (軒下デジカメ情報局)

質量 400g 程度というから EVF 外付けで来るかと思ったら、ちゃんと内蔵する模様。バッテリを小さな LP-E17 にするとはいえ、でかい RF マウントのフルサイズ機を、このサイズ感にまとめてくるのはすごい。

ただ、組み合わせる標準ズームが RF 24-105mm F4L だと、レンズにカメラが付いてる状態になりそう。24-70mm F4.5-5.6 ぐらいでいいから、もうひとまわりコンパクトな、並標準ズームが欲しいなぁ。

レンズも含めて、それなりにコンパクトにまとめることができれば、EOS M5 と入れ替えてもいいような気がするんですけれどネ。すると、光量不足に泣くことが多い展示会の取材が楽になりそう。

コンパクトなフルサイズ機というとαシリーズもあるけれど、EF レンズを使う前提なら、αはもう考えなくていいかな。ボディ内手ブレ補正が欲しい、オールドレンズ遊びの人は事情が違うでしょうけど。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Jan 12, 2019

EOS M5 に似合うクリップオンストロボ・その後

EOS M5 に似合うクリップオンストロボ の続き。

結局、地図亀に 270EX II が新規入荷したのを捕捉して、速攻で「ポチッとな」。元箱付きのきれいな個体が手元にやってまいりました。

 

実はその前に、「入荷したけど瞬殺で、入荷を知ったときには売れた後」という悔しい思いをしましたが、二度目の正直で捕獲に成功。

270EX II って、小さいけれどバウンス撮影もできちゃうお利口さん。取材のときは当然ながら 430EX を持って行くけれど、プライベートの旅行ぐらいなら、5D3 または 5D4 に 270EX II を組み合わせてもいいかも。

さて、どこで試験運用してみようかなあ (←自宅でやれ)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 05, 2019

EOS M5 に似合うクリップオンストロボ

過去 2 年は、年末年始の帰省から自宅に戻る途中で寄り道して列車や飛行機を撮っていたので、カメラ機材はフル装備でした。しかし今年はそれをやらなかったので、EOS M5 と EF-M 18-150mm だけ。

それはいいんですが、新年恒例の「全員集合記念写真」を撮るのに、定位置では背後の窓から光が入るので逆光になります。だからフラッシュ必須なのですが、EOS M5 の内蔵フラッシュは展開しても位置が低いので、被写体との位置関係によってはレンズの鏡筒が影を作ってしまう問題が。

今回はうまいこと回避できましたが、年賀状用の写真を撮っているときには、この問題に見舞われたことがありまして。それで 430EX を持ち出して解決。でも、平素から M5 と一緒に持ち歩くには、いささか大きいんですよねえ。

270EX II が手に入れば良かったのですが、どうもディスコンになっている模様。EOS M に合うコンパクトなクリップオンストロボというと、ニッシンの i40 ぐらいしかないかなぁ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧