雑談用 (V)14

雑談用 (V)13 が満タンになりましたので、新エントリに移動します。引き続き、御利用ください。

| | Comments (280) | TrackBack (0)

Jan 21, 2022

2022 年 1 月のお仕事・その 2~その 4

続きましては 21 日発売分。

まず「新幹線 EX」の特集は「のぞみ 30 周年」。そこで何本かの記事を担当しています。面白いのは、鉄道の専門誌なのに、新幹線だと飛行機との競合が記事になる機会がままある関係で、民航機の写真が仕事で必要になること。やっぱり、なんでも撮っておくもんですよ。

実は Y1 編成の水切り現場にも行っていましたが、そちらの話はまたそのうち (現車報道公開の記事は「トラベル Watch」に載ってます)。あと、本誌最長の連載になっているらしい「システム考察」では、自分の生命にも関わりかねなかった事件まで、原稿のネタにしちゃいました (爆)

「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄。「Jwings」もいつもの「月刊 F-35」です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2022年 03月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2022年 03月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2022年 03月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)


 

| | Comments (0)

Jan 17, 2022

貯まったマイルの使い道

フライトがけっこうある上に JAL カードの「陸マイル」も加わり、国際線の欧米線向けアップグレード特典を何回か発動できるぐらいのマイルが貯まっています… が、おにょれコロナめ。海外に出られる目処が立たないのだから、国際線アップグレード特典も発動できる目処が立ちません。そんな状態で今年、万単位のマイルが有効期限を迎えてしまうという状況。

率の良さを考えれば特典航空券に交換するのがベストでしょうけれど、それだと FOP にならないのが難点。それで次善の策として考えているのが、eJAL ポイントへの交換。1 万マイル単位以上ならレートが 1.5 倍になるので、こまごま交換するよりも得。そのポイントを航空券の購入に回す方が、ステータス維持まで織り込んだときの効率は良いのではないか、という考えが。

状況次第では、6,000 マイル投入してガチャを引く手もありますけれど、それは今後の搭乗実績次第かなと。お仕事上、今年は九州方面へのフライトが増えそうでもありますし。

(追記) JAL マイルは量があるからこの手が使えるけれど、それほどでもない ANA マイルは素直に特典航空券だろうなぁ (こちらも今年の末でドサッと期限切れ)。

| | Comments (0)

Jan 12, 2022

Let's Note SV1 (CF-SV1JDMCR)

JDMCR では「女子大生の軌道モーターカー」みたいじゃないの (ちがうそうじゃない)

IT 分野のお仕事からは手を引いているものの、やはり「新しい OS が出れば、いずれはそれがメインストリームになるわけだから、早いうちから使っておかないと」という意識はあります。ただ、そこに降って湧いたのが例の半導体不足で、「Windows 11 入りの Let's Note は先送りかなあ」なんて考えてました。(他社はハナから意識にない)

ところが店頭で見てみたら、いつのまにやら SV シリーズの Windows 11 モデルが出てます。そのときにはちょっと逡巡したんですが、結局、旅先で大晦日に買うという無茶をやりまして。なにせ昨今の情勢だと、いつブツが消えるか分からない。メーカーも、そんなに数を作っていないかも知れないし。

Image_1_20220112214501

» Continue reading

| | Comments (3)

Jan 10, 2022

2022 年 1 月のお仕事 その 1

奇数月ですから、「Jships」と「軍事研究」の二本立て… ではなくて、今月の軍研はお休みです。で、「Jships」の方は「特集 海上自衛隊と第 7 艦隊」のうち、

  • その 6 補給・支援艦艇
  • 洋上の艦隊司令部 第 7 艦隊旗艦 ブルーリッジ
  • 横須賀基地と佐世保基地

を書いています。あと、連載の方は三井 E&S 改め三菱マリタイムシステムズ。そろそろ国内の主要造船所は (すでに艦艇建造から手を引いているところを除くと) 一巡してきたので、そろそろお楽しみの海外編ですかね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2022年 02月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/1/10時点)


| | Comments (0)

Jan 05, 2022

マンフロットのポケット三脚

フツーの三脚は、もちろん持ってます。大小取り混ぜて総勢三台。屋外の撮影はそれで用が足りますけど、屋内での撮影には大袈裟すぎる感はあります。

たとえば、年末年始に帰省すると元日の朝、雑煮が出てきたところで「みんなで記念写真」という恒例行事があるんですが、あいにくと三脚を立てる場所がありません。それで従来は、適当なものの上にカメラを載せていたわけですが、それだと細かい俯仰角の調整がきかないわけです。

そんなときに役に立つのではと考えて、以前から存在だけは知っていた、マンフロットのポケット三脚を買ってみました。大小 2 種類あるんですが、小さい方だとコンデジぐらいしか載せられないと思い、大きい方。

» Continue reading

| | Comments (4)

«2021 年を振り返ってみて