雑談用 (V)14

雑談用 (V)13 が満タンになりましたので、新エントリに移動します。引き続き、御利用ください。

| | Comments (270) | TrackBack (0)

Oct 21, 2021

2021 年 10 月のお仕事・その 3~その 5

続きましては 21 日発売のあれやこれやを一挙に。

まず「新幹線 EX」は異色の特集として「新幹線撮影最前線」。ぶっちゃけると「ミラーレスでも戦えるようになってきてるよね」という話でありまして。それに併せて、キヤノンの EOS R3 とニコンの Z 6II をお借りして実際に試した上で、記事を書きました。R3 の高速連写をフル活用すると、16mm レンズを使ったこんな画でも、それなりの確実性を期待できます (ほんと)。

Image_0_20211021163401

惜しかったのは、ニコンの Z 9 が間に合わなかったことで、このためニコンにはちょっと分の悪い話になってしまったなぁと。

とはいえ Z 6II、EVF やレリーズタイムラグの遅延は意外と少なくて、タイミング合わせは比較的楽でした。以下の写真も、連写したうちの何枚目かがここに来たのではなくて、最初からこのタイミングでキメていますし。使ってみて「いいな」と思ったこと、「ここはこうなると嬉しい」ということはニコンの方にお話ししたので、そのうちどこかで反映されるといいなぁ。

Image_0_20211021142501

ちなみに。すでにさんざん書かれているように、R3 では電子シャッターが既定値。それだけローリングシャッター歪みが少ないわけですが、「じゃあ、どこまで押さえ込めたの ?」ということで、超電導リニア相手に "いぢめて" みました。さすがに、500km/h で走る相手を真横から撮れば、多少の歪みは出るでしょうって… とはいえ、普通の新幹線ぐらいなら、そんな気にしないで使えそう。

あと、「システム考察」は東北・北陸・上越・北海道の各新幹線で使われている可動柵の話。どれも現地調査をやっていますが、北陸新幹線は区間によってハードウェアもオペレーションも違うのが面白いところ。保守用車はバラストレギュレータと道床安定作業車の話です。小牧研究施設の取材には私も行っていたのですが、私の原稿が出るのは別の場所。今回は柴田東吾さんの担当です。

続きまして「Jwings」。米海空軍の仮想敵部隊 & 戦技教育部門に関する記事と、MUM-T (Manned and Unmanned Teaming) に関する記事の両方で、それぞれ記事を書いています。仮想敵部隊というと、ついつい「格闘戦のリバイバル」に短絡されがちですけど、そうじゃなくってね。というあたりに、ついつい力が入ってしまってるかも ?

ちなみに、レッド フラッグ演習がスタートする際に関わった軍人のひとりが、湾岸戦争で CENTAF の指揮を執っていたチャック ホーナー。そのチャック ホーナーがトム クランシーと一緒に書いた本の中に、レッド フラッグ発足時の話もちょっと出て来ます。

「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄ですが、ちょっとここのところ業界全般に、新ネタが乏しい感じはあり、書いている途上ではヒヤヒヤもの。それでも、締切の頃にはちゃんと揃っているんだから面白いものですが。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1549円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 

| | Comments (0)

Oct 17, 2021

(民航機なら) RP でええやん

「なんで R5 じゃなくて RP なの」というツッコミはありそうですけど、何回か試してみた経験からいって、民航機の離着陸だったら RP で用が足りるんじゃないかと。実際、JA383A の降りだって RP で仕留めているし。ただしレンズは思案のしどころで、RF 100-500mm だと「写りはいいけど、いささか大袈裟」。手持ちのレンズだと、やっぱり EF 70-300mm IS II あたりがマッチングいいのかなぁと。

列車の走り撮影だって、けっこう RP でこなしちゃってますし。さすがに新幹線になると、RP でやる気はなかなか起こらないですけど (一度、新山口でトライしてみたことはある)。あと、北海道や四国の振子特急も、ちょっと躊躇してしまうところかなぁ。

| | Comments (0)

Oct 15, 2021

その後の RF 24-240mm

RF24-240mm F4-6.3 IS USM を導入して、しばらく経ちます。だいたいは「目論見通り」の仕事をしてくれています。実際、新潟新幹線車両センターの取材に持ち込んだときにも、1 本で用が足りるので、ずいぶんと楽をさせてもらいました。

旅行に高倍率ズームを持ち込んだときの利点は「とりあえずはオフショット用だが、走り撮影が必要になっても即座に対応できる」にあります。実際、「旭川駅に着いてみたら、なんか黄色い機関車がいたー」なんて場面でも、慌てずに対応できました。

ただ、このレンズで走り撮影をやったカットを現像してみると、アンシャープマスクの線を少し太めにする方が、全体の印象がシャキッとするみたいですね。数字でいうと「5」ぐらい。線を細目にすると、全体的に眠い感じになるような気がします (個人の感想です)。まあ、高倍率ズームとなれば、何かしらの妥協は必要だし、その妥協がこれなら許容範囲ですけれど。

(追記)
成田か羽田の被写体が近いところで、一度、民航機相手に RF 24-240mm を試してみようかと思っているものの、未だに実行してないんですよね。

| | Comments (1)

Oct 10, 2021

2021 年 10 月のお仕事・その 1 & その 2

今月はまず、軍研の本誌と別冊。

本誌の方はいきなりですが、軍事分野におけるクラウド サービスの話と、それに関連して古巣の話をいろいろと。この業界でも御多分に漏れず、クラウド サービスの活用事例が増えているわけですが、取材の過程で出てきた「戦に負けないためのクラウド」という話は、なかなか新鮮でありました。なんでそういう話になるかについては、また後日。

別冊の方は「最新世界の空母打撃群」で、そのうち英海軍のパートを担当しています。原稿を送り出した後でクイーン エリザベスが横須賀に来たので、ちょっと間が悪かったような気もしますが、まあそれはそれ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 11月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/10/8時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊軍事研究 最新世界の空母打撃群 2021年 11月号 [雑誌]
価格:2600円(税込、送料無料) (2021/10/8時点)


 

| | Comments (0)

Oct 08, 2021

Windows 11

手元の PC で唯一、Windows 11 が使えますといわれたのが、Let's Note SV。あとは全滅でありました。

Win11

いずれは使うつもりだけど、いきなりメイン機を更新するのはリスクがあるので、さてどうしたものかと。Windows 11 をセットアップした状態で新しい Let's Note を買うのが無難かなぁ。ただ、最近の Office は Outlook のちょっとした仕様変更のせいで、うちのワークフローに悪い影響が出ているのだけど、それはまた別の話。

あと、半導体飢饉のせいで、PC そのものの入手性に問題が生じる事態も懸念されそうで。うーん。

ともあれ、PC に限らず、うちでは「漸進的移行」が基本なので、いきなり全部を Windows 11 にするような真似は、もともとするつもりがないのですね。カメラだって、いきなり EF マウントを放逐して全面的に RF マウントに移行なんてことはしませんし。

| | Comments (10)

«NX Studio