雑談用 (V)14

雑談用 (V)13 が満タンになりましたので、新エントリに移動します。引き続き、御利用ください。

| | Comments (319) | TrackBack (0)

Jul 20, 2024

その後のソニー WH-CH720N L

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホン・WH-H900N のパッドがいかれて、交換する代わりにモノが新品交換に… という異例の展開で我が家にやってきた、WH-CH720N L。これを実際に長距離国際線の現場 (片道 12 時間オーバー) に投入してみました。

WH-CH720N は軽さを売りにしているみたいですが、これは看板に偽りなし。頭や耳にかかる負担は確実に軽減されたような気がします。肝心のノイズ軽減機能も、バッテリの保ちも、まあ不満のないレベル。

リンク先の写真にあるように、WH-H900N は折り畳むタイプですが、そこが WH-C720N は違っていて、90 度回転させて平らにする形。厚みは食わないけど面積は食うやつですね。結局、飛行機に乗るときは首に引っかけたままにして、そうでないときはトランクに放り込んでおきました。

最近になってさまざまな分野でありがちなやつですが、こいつも「スマホと接続しないと細かい設定ができない」んですね。仕方ないので帰国後に、海外用スマホの A101FC と WH-CH720N を Bluetooth 接続して専用アプリを導入。これでイコライザーのセッティングもいじれるようになったので、ちょいと不満があった「低音域の物足りなさ」をブーストしてみる設定を加えてみました。

…ということは、この新しいコンフィギュレーションで行けるかどうか、また現場に持ち込んでテストしてみなければ。渡米の話が持ち上がってるから、そのとき試すか…

P.S.
もしかして、加水分解してパッドが傷んでくるんじゃないかと考えて、使わないときは防湿庫に放り込んでみることに。幸い、E マウントのレンズ 2 本を放出したおかげで、少し空きスペースがあるし。

| | Comments (0)

Jul 13, 2024

2024 年 7 月のお仕事・その 1

軍事研究」も出てますが、こちらはお休み。

奇数月の恒例「Jships」では、「次世代レーダー AN/SPY-6(V) を学ぶ」と「PICKUP MARITIME NEWS」、それといつもの「世界の艦艇建造所」を。「PICKUP MARITIME NEWS」では、トルコの艦艇建造産業とアメリカの艦艇建造産業の話を取り上げてみました。

フネそのものは話題になりやすいけれど、意外と産業基盤の話は話題にならないというか、表層的なところをサッとなぞるだけのことが多いと思うんですよね。日常的な動向にも、意外とヒントは潜んでいるのだけれど。という話の一例も取り上げてみてます。

で、トルコは韓国とともに、防衛産業分野では馬鹿にしちゃいけない国だと思いますよ。なんだかんだといっても商談を勝ち取ってる事実はあるんですから。

| | Comments (0)

Jul 10, 2024

帰国ギャップ

海外にお出かけして、日本に戻ってくると、いつも感じることではありますけれど。

ほんの少し前まで異国を満喫していたのが、いきなりポンといつもの日常に戻されると、なんというかその、ある種のギャップのようなものを感じるのですね。いきなり周囲が激変したというか、そんなようなやつ。「一昨日には某国の某所でホゲホゲしていたのに、今日はもう、いつも通りに取材でお出かけだよ」みたいな感じで。

仕事や遊びのお出かけでもそれだから、戦争で外国に送られて戦ってきた兵士が帰国すると、もっと大きなギャップを感じるんだろうなあと。なるほどクールダウン期間を置いたり、フネでゆっくり帰国させたりすることには意味があるのだろうなあと。ついそんなところまで、話が発展してしまって。

ところが、面白いことに、日本国内だとそういうのが皆無で。してみると、日本国内はもう、一種の「庭」みたいなものになってて、「遠くに行った感」があまりないのかも。

| | Comments (0)

Jun 30, 2024

2024 年 6 月のお仕事・その 4~その 5

〆はいつものように「世界の艦船」と「」… ではなくて。今月の「世界の艦船」の特集には出ておりませんです。特集が「自衛艦隊 70 年の歩み」では、私に出る幕はございません。まあ、次号の原稿はもう送ったし、次々号の原稿も草稿はできてるけど…

「丸」の一特は「空母『飛龍』と山口多聞」ですが、その後に別枠でアーレイ・バーク級の特集を組んでまして、そちらで戦闘システムの概要を。ただしそこで、ちょいとひとひねりして、「機能分野別に解説する」とやってみました。だって、ありきたりの「ベースラインがどうとか」の話だったら、もう見飽きてません ?

そうじゃなくて、「この分野では、こういう発展を遂げて来たんだよ」の方がよくね ? なんてことを考えてみたわけです。

| | Comments (0)

Jun 26, 2024

海外遠征時のスマホと時計

海外にお出かけすると、たいていの場合には時差があるわけです。そして、ひとつの「お出かけイベント」に関する写真は、同じフォルダにひとまとめにして管理する方針にしています (内容によってサブフォルダを作ることはある)。

さて。時差がある他国に行って、スマホを現地のネットワークに接続すると何が起きるかというと、スマホの時計が現地時間に切り替わります。すると、そのスマホで撮影した写真のタイムスタンプも現地時間になります (当たり前)。その結果。

» Continue reading

| | Comments (2)

«2024 年 6 月のお仕事・その 2~その 3