« July 2020 | Main | September 2020 »

August 2020

Aug 29, 2020

見た目はホンワカ、中身は剣呑

先日、富良野駅で乗り換えの間にしばらくボケッと待ち時間が発生したとき。ふと目についたのが、駅の一角に置いてあった、下のリーフレット。

Image_1_20200829191901

表紙だけ見ると「ほんわかムード」なんだけど、よくよく見てみると、下の方にはなにやら穏やかでない記述が。そして開いてみると…

Image_0_20200829192001

なにこの利用者の落ち込みっぷり…

もちろん、JR 北海道が公式に作成・配布しているもの。富良野線はまだマシな方で、根室本線 (滝川-新得間) の惨状といったらもう。実際、この後で東鹿越まで単行のキハ 40 で移動して、そこから代行バスで新得まで行ったんですが、地元住民の利用はごくわずか。新得まで行ったのはみんな同類じゃないかしらん。

これじゃ線路は維持できないよなぁ (´・ω・`)

| | Comments (4)

Aug 28, 2020

新幹線完全制覇 (?)

といっても、路線ではなくて車内設備の話。

 

商売柄、機会を見つけていろいろ乗ってみるようにはしているのだけど、さすがに完全制覇とは行かず。現時点で乗った記憶がないのは…

  • E3-1000 : グリーン車
  • E3-2000 : グリーン車
  • E7/W7 : グリーン車
  • N700A : グリーン車
  • 500-7000 : 普通車指定席 (6 号車) [W 編成グリーン車としては乗ってる]
  • 700-7000 : 個室

こんなところかしらん。狙い撃ちができない E3-1000 と、頭数を揃えないといけない 700-7000 の個室がハードル高いなぁ。

| | Comments (4)

Aug 25, 2020

2020 年 8 月のお仕事・その 1~その 3

おっと、お仕事関連のエントリを上げ忘れてたでござる… ( ; ゚Д゚)

「軍事研究」ではサイバー電子戦の締めくくりということで、AI の活用事例について書いてみました。昨今、なにかというと「AI でほげほげしました」「AI で問題解決」と書けばニュース種になる状況ですけど、そんな簡単な話じゃねぇぞ、学習次第だぞ、という話を書いてみた次第。

そして「Jwings」では、いつもの「月刊 F-35」に加えて、ステルス機特集の中で F-35 の配備状況に関するまとめ、それと日本の次期戦闘機構想に関する突っ込みを少々。「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


| | Comments (2)

Aug 24, 2020

貴様、サボってるな!?

Image_0_20200824190201

道内のキハ 40 やキハ 54 は相変わらずサボを使っているけれど。しかし全国的に見ると、サボを使っているケースって、ずいぶんと少なくなってきているのでは。

| | Comments (4)

Aug 19, 2020

新しい炊飯器のその後

突発的に調達する羽目になった象印の炊飯器・NP-GJ05 でありますが、ボチボチと使ってみています。いつも「1 合炊いて、半分は冷凍保存、残り半分を食う」という運用をしているので、なかなか回数が伸びないのですよぬ (つまり書くネタが揃わない)。

既定値は省電力の「エコ炊飯」ですが、ノーマルともども試してみました。「エコ炊飯」だから特にまずいわけではないし、こっちを使えばよさそう。ただ、以前に使っていた三菱のやつと比べると仕上がりが固めという印象があるので、水加減を少しだけ変えて、水を多めにした方がいい感じ。

こだわっただけあって、内蓋の掃除は楽ちん。蒸気口まわりの汚れが気になるところだったけど、実際に使ってみると水滴が溜まるだけだし、構造はシンプルなので、こちらも問題なさそう。

Image_1_20200819164401

蒸気口の外見。半円の開口部を組み合わせているのが、デザインなのか、機能上の理由なのかは分かりませーん

Image_2_20200819164401

メシが炊き上がった直後に蒸気口のパーツを外してみると、ちょっと水が溜まってます。

Image_0_20200819164401

内蓋はこんな造りなので、掃除は楽ちん。

炊飯器について書いたエントリなのに、炊いたメシの写真がひとつも出てこないというね。

| | Comments (0)

Aug 13, 2020

特殊技能

自分の場合、「いつ、どこに行って何をする」と決めた途端に、

  • ターゲットを洗い出して
  • そのターゲットごとの優先順をつけて
  • だいたいのスケジュールの当たりをつけた上で
  • 細かい日程を決めていって
  • 足とネグラの手配もサクッとやって

といった流れがよどみなく進んでしまうことが多いのだけど、これってやっぱり特殊技能だったのか ( ゚д゚)

鉄道・航空については路線網などの概要が頭に入ってることが多いし。泊まる場所は利便性最優先で「駅から近いお手頃価格のビジホ」で済ませることが大半。しかも過去に行ったことがある場所なら、「どこそこに泊まればいいな」という当たりはついているし。そうなると、必要なパーツは頭の中からサッサッと出てきてしまう。

全体像が出た時点で、どこがボトルネックになるかは分かるから、そこを基準にして前後に日程をつなげていけばいいし。もしも複数パターンの比較検討が必要なら、Excel にデータを並べて線を結ぶ手を常用するけれど、これだって普通の人はやらないこと。

私みたいなお出かけヤクザはともかく、普通の人は、まずそういう「パーツのライブラリ」が揃ってないよなあ、確かに…

| | Comments (0)

Aug 12, 2020

炊飯器のリプレース

とまあ、これで概略は分かってしまうわけですが。

十数年は使っていたはずの三菱製の炊飯器で、内蓋のパッキンにクラックが入り、ついには部分崩壊。古いモデルなので、いまさら内蓋だけ手に入るとも思えず。それに、COVID-19 で散々なことになっているので、ちっとは景気に貢献してもいいだろうと。

ところが店頭でいろいろ見てみると、内蓋まわりの造りが複雑で、洗いにくそうだったり、汚れが溜まりやすそうだったりするんですよね。特に高級機ほど凝った造りになるので、その傾向が強くなるという。もともと、「レンズに 10 万円は出せるけど、炊飯器に 10 万円も出せない」ので、高級機は眼中にないのですが。

お店の人は、手入れというと「内蓋が簡単に外せます」ばかりいうんだけど、そうじゃないんだってば !

それで、他の部分はそっちのけで内蓋まわりばかり見てまわり、その結果として妥協したのが象印の NP-GJ05。まだ据え付けて中身をひとわたり洗っただけなので、実際にメシを炊いてみないと、なんともいえませんけれど。さてどうなる。

| | Comments (3)

Aug 06, 2020

YASASHIKUTE CHIKARAMOCHI

Image_0_20200806200001

JR 九州の YC1 系であります。

ここでクイズです。これ 1 両につき何ヶ所、エクステリア側に「YASASHIKUTE CHIKARAMOCHI」って書いてあるでしょう。ザッと見た範囲、10 ヶ所は軽く超えてたぞ… (インテリア側は知らぬ)

| | Comments (1)

« July 2020 | Main | September 2020 »