« December 2020 | Main | February 2021 »

January 2021

Jan 31, 2021

OneDrive 同期を試用してみる

うちでは、ラップトップは SD カードと NAS に ROBOCOPY.EXE でデータの同期をかける体制なので、これまで、オンライン ストレージを使ったバックアップは基本的に使っていませんでした。例外は、旅先でアップデートしたデータを「念のために OneDrive に複製する」ケースぐらいのもの。この複製は当然ながら手作業。

本来想定されている使い方は、「すべての PC の [ドキュメント] などのフォルダを OneDrive 経由で同期すれば、どの PC からでも最新のデータで作業できる」というものなんでしょうけれど。でも、うちでは「データの流れは一方向」という原則を通しているので、「どの PC からでも最新のデータで作業できる」は邪道扱い。だから、[ドキュメント] フォルダと OneDrive の同期は使っていなかったのですが、最近、ちょいと例外を発生させてみました。

Continue reading "OneDrive 同期を試用してみる"

| | Comments (0)

Jan 27, 2021

2021 年 1 月のお仕事・その 5 & その 6

最後は「丸」の関連で 2 件。

まず、別冊の「航空自衛隊歴代全戦闘機オール大百科」で、例の「F-2 後継次期戦闘機」の話を少々。例によって、少々、辛口になっている部分もあります。

あと、本誌「丸」の方はいつもの「World Military Information」です。他では取り上げがたい、三面記事的なネタをいろいろ拾ってくることにしているので、ネタ探しがしんどい反面、面白くもあります。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸別冊 航空自衛隊歴代全戦闘機オール大百科 2021年 02月号 [雑誌]
価格:2349円(税込、送料無料) (2021/1/27時点)


 

| | Comments (0)

Jan 24, 2021

冬の北海道

…と聞いて、たぶん、多くの内地の住民が真っ先に想起しそうな光景って、こういうのだと思う。

Image_0_20210124152801

| | Comments (4)

Jan 22, 2021

そのまたその後の EOS R5 (2)

一応「IOC 達成」と書いた手前、実戦投入したいわけですが、今月末に某所で取材の予定がひとつあるので、そこに EOS R5 を持ち込んでみようかと。いやまぁ、EOS 5D Mark IV でもいいんですけれど。ただ、ファインダーで露出まで確認できるミラーレス機は、ミスを減らす効果があると思いますし。

で、前回に書ききれなかった、細々した話を少々。

Continue reading "そのまたその後の EOS R5 (2)"

| | Comments (4)

Jan 21, 2021

2021 年 1 月のお仕事・その 2~その 4

一気にいっちゃいましょう。「新幹線 EX」「Jwings」「航空ファン」。

まず「新幹線 EX」は東北新幹線の全通 10 周年ということで、東北新幹線の特集。そこで私が担当したパートは、「東北新幹線の震災復興と、新たな対策」と「10 年度の東北新幹線を探る」。そのほか、連載はニュース欄に加えて、「保守用車オールガイド」が「架線延線車」、「システム考察」が「窓まわり」。

それと、私の担当じゃないですけど、超電導リニアの詳しい解説が載っているのは必読です。

「Jwings」は現代戦闘機に関する特集ですが、そこで「戦闘機の装備品」と「勝つためのテクノロジー」を書きました。なるべく小難しくならないように書くのが難しかったですね~

残る「航空ファン」は、いつもの海外ニュース欄です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2021年 03月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 03月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 03月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)


 

| | Comments (0)

Jan 20, 2021

そのまたその後の EOS R5 (1)

EOS R5 が到着してから 4 週間近く経ちましたが、その間に列車の走り撮影に車内撮影、戦闘機の離着陸や上空航過など、いろいろ撮影しつつ、設定の煮詰めを進めてきました。寒い場所でも使ってみたけれど、動作上のトラブルや、連写速度がガクンと落ちるようなことはなく。

ひとわたり試してみて「問題なく使えそう」と思えたので、初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) 達成は宣言して良さそう。

Continue reading "そのまたその後の EOS R5 (1)"

| | Comments (5)

Jan 11, 2021

手持ちの機材まとめ Mark XIII

前回更新から 1 年以上が経過しましたが、2020 年の末までは G1X Mark II 以外の変動が皆無で、おカネは機材ではなく旅費にぶち込みまくっていたので、こういうことになってしまいました。

過去の履歴が残るように、引退したやつを打ち消し線付きで残しているのは前回と同様 (コンデジ除く)。G1X Mark II の出戻り以外では、EOS R5 が加わり、入れ替わりに EOS 5D Mark III とシグマの 150-600C が現役を退いた件だけが差分。

その 150-600C がいなくなった関係で、150-600C に合わせてあったバッグの仕切りを見直す、なんてトバッチリが発生してます。仕切りだけに仕切り直し。

Continue reading "手持ちの機材まとめ Mark XIII"

| | Comments (4)

Jan 10, 2021

2021 年 1 月のお仕事・その 1

今月は軍研がお休みなので、「Jships」がトップバッター。潜水艦の特集を組んでおりまして、そこで主機に関する話を書きました。このスペースと文字数で原子力主機の基本をまとめるのはちょっとしんどかったですが、ツボはちゃんと押さえられたと思います。

そういえば、以前にも「Jships」で潜水艦のことを書いたな… と思ったら、あれは 2018 年秋のこと。渡米中に原稿の依頼をいただいて、待ち時間で暇だったサンディエゴ空港のロビーと、その後の帰りの機内でワーッと原稿を書いたんでしたっけか。

そうそう。今回の号から新連載がスタートします。題して「世界の艦艇建造所」。候補をざっとリストアップしたら、全部消化するのに軽く 6 年ぐらいはかかりそう。マジか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2021年 02月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/10時点)


 

| | Comments (0)

Jan 07, 2021

意外と降り立ってない

「全線乗りつぶし」はやりましたが、「全駅下車」はやっていないし、やるつもりもないのが実情であります。とはいえ、たまたま生田に行く用事ができて「はて、生田駅って素通りした記憶しかないな」ということになり、小田急の全駅について「改札を出入りしたことがあるか」のリストを作ってみたら。

Continue reading "意外と降り立ってない"

| | Comments (3)

Jan 01, 2021

その後の EOS R5

あけましておめでとうございます。

2020/12/26 に EOS R5 が到着して以来、あちこちに持ち出して試運転しています。基本的な設定は EOS 5D Mark IV から引き継いだけれど、R5 に特有の設定項目、R5 で内容が変わった設定項目もあるので、やはり「さまざまなシチュエーションで使ってみながらチューニング」のプロセスは不可欠。それに、オート機能だと動作ロジックが変わっている可能性もあるし。

「こうしたい」という意図があったときに、それをサッと実現できるかどうか。これは操作系に対する慣れの問題と、セッティングの相乗。それに対して、「こういう場面で、こう動いて欲しい」は、基本的にセッティングの問題。どちらにしても、実際に何かを撮影する現場に持ち込んで、使いながら詰めていかないと、最後の解は出てきません。

その最後の解が揃ってくるまでは、新しいカメラってなんかこう「借りてきた感」があって、手に馴染まないんですよね。逆に、操作に慣熟してセッティングも決まっていると、「ここではこうしたい」となったときに思いのままに操れるし、それぐらいでないと、仕事の現場には持って行けません。

よくよく考えれば、これってパソコンなんかでも同じや…

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »