« 風呂場のシャワー機材を交換 | Main | ファームは常に最新に »

Apr 08, 2021

2021 年 4 月のお仕事・その 1~その 2

まずは、「軍事研究」の本誌と別冊。

本誌の方は、掩体の話の続編です。掩体と比べると、地下格納庫って見つけ出すのが難しいんですが、いろいろな基地の写真を眺めているうちに、なんとなく臭ってくるようになります (マジか)。

別冊の方は「自衛隊の島嶼防衛力」で、RQ-4 の話と、FFM ならびに哨戒艦の話を。FFM は現物が出てきたけれど、哨戒艦の方は一向に具体的な話が聞こえてこないのが謎。ただ、これを重武装化したがる意見に私が反対している路線は、以前も今も同じです。フネがあるのに軽武装で済ませるなんて、といって「隠れ護衛艦」にしたがるのは、この国に昔からある宿痾なのかも知れませんが。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 05月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/4/8時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 05月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/4/8時点)


 

|

« 風呂場のシャワー機材を交換 | Main | ファームは常に最新に »

Comments

それにつけても台湾の空軍基地の凄さよ。滑走路同士をつないで、片方が致命的なダメージを与えられてもとりあえず生きている機体だけでも離陸させようという意思なんですかね。いや、掩体の隠し方も凄いですが。日本だと千歳位しかあんな真似できません。那覇も遂に訓練場を敷地として手を付け始めたようですが。なお、百里は「丁寧な話し合い」を行えば割とどうにかなる気がします。あと10年くらい寝かせておけばより完璧でしょうけど。

Posted by: ぼろねこ2k | Apr 30, 2021 06:35 PM

個人的には、インパクトが強かったのは台湾とノルウェーとイスラエルですね。みんな「最前線」だから、緊張感の持ち方が違うと思いました。

Posted by: 井上孝司 | May 01, 2021 08:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 風呂場のシャワー機材を交換 | Main | ファームは常に最新に »