« April 2021 | Main | June 2021 »

May 2021

May 31, 2021

2021 年 5 月のお仕事・その 5~その 6

お後は「世界の艦船」と「丸」。

「世界の艦船」の方は、いわゆる「クワッド」(4 人乗りのチェアリフトではない) の特集でありまして、そこで「日米豪印 4 ヶ国の新鋭艦艇」について書きました。しかし、何をもって「新鋭」とするかの線引きは難しいところ。結局、過去 10 年間を一応の線引きとしたのですが。

しかしアーレイ バーク級なんか、クラスそのものが出た時期からすれば、まるで「新鋭」ではないけれど。しかし、最新の艦は中身が別物になってるから、これはやはり落とせません。ああもお。

で。この手の記事は、とりあえずクラスの概要とスペックを列挙すれば最低限の用は足りるのでしょうが、それだけではどうなんだと思い、いろいろ考察パートをくっつけてみた次第。

一方の「丸」の方はいつもの海外ニュース欄ですが、トイレットペーパーの話を軍事専門誌で書いたのは極めて珍しいかも (←
ここのところ大戦機の特集が続いているので、そっちでは出る幕はありませんです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2021年 07月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2021/5/31時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2021年 07月号 [雑誌]
価格:1369円(税込、送料無料) (2021/5/31時点)


 

| | Comments (0)

May 26, 2021

AI サーボを信じよ

飛行機はともかく、鉄道が相手のときには、置きピンするのが通例だったんです。AI サーボ AF を使うのが定石なんでしょうけれど、前部標識灯に騙される可能性を懸念したり、測距点の乗り移りがうまくいくかという不安があったりして。

ただ、昔みたいに測距点が少ないカメラなら「数少ない測距点が討ち死にしたら、もはやこれまで」ですけど、最近の機材は測距点の数そのものが多いし、RF マウント機ならもうほとんど「面」で捉えてるようなもんだし。それで昨年の暮れあたりから、AI サーボ AF を使う場面を増やしました。

そして実際にやってみると、滅多に外さないんですなこれが (爆)

信じてなくてごめんなさい、私が悪うございました。ことに EOS  R5。こちらに向けて突っ込んでくる新幹線電車を捉え続けて離さない、おそろしいやつ。

Image_0_20210526212101

ただ、新幹線だとホームの先に停止限界標識や入信が立っていることが多くて、それを横切るときに引っ張られることはないか、という心配はしてますけれど。といっても、これは AI サーボのカスタマイズでどうにかなるかな… 経験的に、あれこれ頭の中で考えて設定をいじるよりも「基本的な設定」の方がちゃんと機能するような気はしているのですが。

あと、EOS RP だと AI サーボ AF×連写モードに設定したとき、バッテリの減りが早くなる上に連写速度が落ちるので、これは連写に頼らないで一発で決める覚悟が要りそう。まぁ、在来線が相手なら、それでもなんとかなりますけれど。

| | Comments (3)

May 25, 2021

N700 のノーズ

肩の力が抜けてるときほど、一発で流しが決まるのは、なんだか癪な話。

Image_0_20210525160501

ちなみにこちらは N700S 確認試験車。S の方が先端部が "薄い" のかな… と思って、後で思い出して報道公開時の写真を引っ張り出してみたら、「先端は S の方が薄いけど、その後方で一気にエッジが立つ」カタチ。そして先頭部が意外と幅広なので、よほど広角寄りのレンズを使わないと、ノーズが厚ぼったく見えてしまうのは難しいところ。

Image_0_20210525160601

| | Comments (0)

May 22, 2021

2021 年 5 月のお仕事・その 3~その 4

お次は「航空ファン」と「Jwings」。

まず「航空ファン」ですが、先にロールアウトした KAI の KF-X 改め KF-21 ポラメについて、これまでの経緯をまとめてみました。関連各方面のプレスリリースなどをずっと追っていたので、書くのはそれほど苦労しなかった… というか、文字数超過でダイエットに苦労したやつです。

「Jwings」の方は、特集「軍用機テクノロジー」をまるごと。あまり小難しくならない程度に、「なじみ深い民航機とは、こんなところが違う」と技術の見地からまとめてみたもの。武器やセンサーはともかく、射出座席やサバイバル キットなんか、あまり話題にならないやつですね。そして、勢いでワーッと書いた後で文字数カウントしてみたら「ヘ(;゚д゚)ノ」となって。

もちろん、いつもの海外ニュース欄や「月刊 F-35」もやってます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 07月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/5/22時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 07月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/22時点)


 

 

| | Comments (0)

May 12, 2021

2021 年 5 月のお仕事・その 1~その 2

今月は奇数月なので、「軍事研究」と「Jships」のダブルヘッダー。

といっても、後者はいつもの連載「世界の艦艇建造所」だけでありまして、今回のお題は JMU 磯子。しかし、ここを取り上げると、必然的に豊洲から話を始めないといけないのですな。住友重機浦賀も無視はできないけれど、すでに艦艇建造所のリストから外れているので、さてどうしたものか。

軍研の方は、AI がらみのお話を。「AlphaDogfight Trial」の結果だけ見てアツくなってる人に、ちょいと冷や水をぶっかけてみようという狙いもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 06月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/5/12時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2021年 06月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/12時点)


| | Comments (0)

May 03, 2021

2021 年 4 月のお仕事・その 6~その 7

いろいろドチャクソな状態になっていたら、書き忘れてました。「航空ファン」と「丸」は、いつもの海外ニュース欄であります。

なんかもう、この春は「どっちを向いてもファントム」なわけですが、F-4 の話になると私に出る幕はないし、出ていこうとも思わないし。そういえば、百里の外柵で撮り比べてみると、F-4 と比べて、F-2 ってちっちゃいんですよね。それだけ長い玉が要るわけで、R5 に 100-500mm をつけて 1.6x でちょうどいい感じ。

「丸」の特集は流星でしたけど、これもまた、私には出る幕のないやつです。しかしこの子、ちゃんと量産配備できたとしても、スカイレイダーにはかなわなかっただろうなぁ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2021年 06月号 [雑誌]
価格:1369円(税込、送料無料) (2021/5/3時点)


| | Comments (3)

May 02, 2021

風呂場のシャワーヘッドを再交換

風呂場のシャワー機材を交換」のコメント欄で書いた話なんですが。

「節水型シャワーヘッドにしたら、流している時間が増えて、結果的に節水にならない疑惑」に加えて「流している時間が増えたせいで、ガス代が減らない疑惑」が浮上しまして。

だいたい、春になればガス消費は月間 3 立方メートルが普通なのに、4 立方メートルじゃ冬と同じ。おい ! (なんでそんなに少ないかといえば、湯張りしないでシャワーで済ませることがほとんどだから)。それで結局、低水圧でも勢いが出るシャワーヘッドに付け直してしまった次第。

Image_2_20210502194601
交換前の節水型シャワーヘッド

Image_1_20210502194601
新しく買ってきたやつ

Image_0_20210502194601
交換後

そんな高い買物ではなかったので、授業料だと思って諦めることにします。なお、とりあえず出番を失った節水型シャワーヘッドは、予備として保管しておこうかと。

| | Comments (2)

« April 2021 | Main | June 2021 »