« January 2022 | Main | March 2022 »

February 2022

Feb 27, 2022

三発目はモデルナで

過去 2 回の COVID-19 ワクチン接種は自治体接種でファイザーを打ちましたが、3 回目は予約を取りやすいという理由でモデルナに。副反応が強いという話をいろいろ聞いていたので、ビビリながら接種を受けてきたのが金曜日の夕方 (午後まで取材のお仕事があり、それが終わってから接種会場に駆けつけたらギリギリだった)。

では、実際にどんな副反応を食らったかというと…

当日 (金曜日) の夜あたりから、接種部位の痛みが出始めました。そして翌日 (土曜日)、倦怠感がかなり強く出たのと、あとは寒気があって、日中に南側の部屋にいても暖房なしではいられなかったです。ただし体温を測っても大きな変動はなし。接種部位は鈍い痛みがずっと続いてました。

寒気がすることもあって迷ったのですが、結局、「清潔第一」といっていつものように風呂に入り、その後で体温を測ってみたら 36.72 度。いきなり 1 度以上も上がったので、「こりゃいかん」といって、急いで布団に転がり込んで寝た次第。

そして翌朝 (日曜日) になってみたら、倦怠感も寒気も雲散霧消。体温を測ってみたら 35.02 度と通常通り。まだ接種部位の痛みは少し残ってますけど、今日はもう普通に生活できました。

腕に痛みは出たけれど「腕が上がらない」というほどではなかったし、全般に、比較的軽くて済んだんじゃないかと思います。念には念を入れて、土曜と日曜は何もスケジュールを入れないようにしていたのですが、これはまぁ正解だったかなと。

| | Comments (5)

Feb 22, 2022

2022 年 2 月のお仕事・その 2~その 3

21 日発売の航空誌・2 誌。

まず「Jwings」ですが、一特の F-35B の記事で、機体解説と搭載兵装の概要について。次に、二特の「軍用機サイトの歩き方」で、海外サイトがらみの話を書きました。

後者みたいな記事、インターネット利用が広まり始めた草創期には見られたような記憶がありますが、最近の航空誌では見かけなかったと思います。基本的には、自分が日常的にやっていることの中からベーシックな話を切り出しているのですが、それはそれで意外と難しかったですね。

そして「Google 検索は死んだ」という意見も聞かれる昨今、意外なキモは「uBlacklist などを駆使したノイズの排除」かも知れません。軍用機以外の分野でも役に立つツールです。そうそう、検索時に「いかがでしたか」は排除キーワード指定必須ですよね !

「航空ファン」の方は、いつもの海外ニュース欄。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2022年 04月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2022/2/22時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2022年 04月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/2/22時点)


 

| | Comments (0)

Feb 19, 2022

低体温

昨日、JR 東日本の燃料電池ハイブリッド車「FV-E991 系 HYBARI」の報道公開に行ってきました

受付の際に、資料をいただくとともに手指のアルコール消毒と検温があるのは、最近の報道公開における「あるある」。ところが、手首で検温しようとしたら、むやみに低い数字が出てしまったようで、JR の方が「???」状態に。「いやぁすみません、平熱が 35 度台なんです」と説明して一件落着。

昨年、ANA Blue Base Tour の報道公開に行ったときにも同じことが起きていて、やはり ANA の方が「???」状態に。毎日、寝る前に体温をチェックしてるんですが、いつも 35 度台で、へたすると 35 度フラットということも。

もちろん、38 度台ないしはそれ以上の数字が出て先方を慌てさせるよりは 1,024 倍ぐらい良いのですが、体温が低すぎるのも却って騒動の元であります (´・ω・`)

| | Comments (0)

Feb 13, 2022

IDR と JIR の合併、そして方向性の変化

ここしばらく、Jane's International Defence Review をとっていて、何かと参考にさせてもらってました。ところが年明けの 1 月号から、Jane's Intelligence Review と合併して、Jane's Defence and Intelligance Review に模様替え。

Image_0_20220213194101

ぶっちゃけると、装備品やエンジニアリングの話が主体の International Defence Review と、軍事情勢の話が主体の Intelligence Review を別々に維持できるほど、部数が出なくなったんだろうなと。ただしそうなると、International Defence Review と同じ位置付けとして読もうとした場合、内容が薄くなっちゃうんですよね。実際、誌面の多くを Intelligence Review 系の記事が占めているなというのが、1 月号を見たときの印象。

すでに購読申し込みをしている分は仕方ないからそのままとしても、参考になる度合が明確に下がり続けるようなら、別の媒体に乗り換えることも考えないと。

| | Comments (4)

Feb 11, 2022

2022 年 2 月のお仕事・その 1

今月は「軍事研究」でスタート。クラウド話の第三弾で、コラボレーション機能だの点群データだのと、いろいろな話題をまとめてみました。これを書くためにいろいろ調べていたら、サーブがスウェーデン軍向けにクラウド サービスを手掛けていると知ったのは、ひとつの収穫。

Hololens を使う IVAS ですけど、なんか開発に手間取ってるらしいんですよね。記事中でも書いたけれど、いきなり野戦環境に持ち込むよりも、もうちょっと無難な環境、かつ「現場に出なくても現場の状況を理解できる」ような使い方から始める方がよくないかしらと。で、そこでいぢめながら堅実に育てていくのも一案ではないかなと思ってみたり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2022年 03月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2022/2/11時点)


| | Comments (2)

Feb 02, 2022

あちら立てればこちらが立たず

動体撮影を行う場面が多いせいか、ワンショット AF と AI サーボ AF を切り替える場面が頻発します。ただし EOS DIGITAL の操作系だと基本的に、ツーアクション以上を必要としてしまうのですね。

EOS RP と EOS R5 では、[M-Fn] ボタンに、ワンショット AF と AI サーボ AF の切り替えをアサインできるので、そうしてきました。ところが困ったことに、EOS 5D Mark IV と EOS 7D Mark II では、この選択肢がありません。そこで目をつけたのが、絞り込みボタン。ところがところがところが。

Continue reading "あちら立てればこちらが立たず"

| | Comments (0)

« January 2022 | Main | March 2022 »