旅行・地域

May 24, 2024

6 年ぶりのアメリカ ドライブ

先に Twitter で書いてましたけれど、16 日から 20 日までアメリカに行ってました。で、クルマがないとどうにもならない場所を狙ったので、久方ぶりに運転しようかということでレンタカーを確保。

以前の経験から、小さなクルマでハイウェイにあがると「必死に走ってる感」がありすぎてしんどいのは分かっていたので、今回は「ミッドサイズ SUV」をリクエスト。セダンにしなかったのは、SUV の方がポジションが高くて見通しがいいだろうという理由と、日本で自分がこの手のクルマを買うことはないだろうからという理由。どうせ借りるなら、自分で買いそうにないやつに乗るのも一興。

そしたら出てきたのが、ジープ チェロキー リミテッド。どこがミッドサイズやねんwww (というのは日本の感覚で、あっちではこれがミッドサイズなんだろうけれど) 後で調べたら 6 年ぐらい前のモデルで、2L のターボエンジンを積んでいた模様。

Image_0_20240524141801

東海岸の上の方は有料道路が多いので、欠かせないのが PlatePass の端末機。日本の エトセトラ ETC だと車載器とカードが別になってますけど、あっちの E-ZPass は端末機だけ。形としては「レンタカー屋で端末機を借りて、レンタカー屋に請求が行って、それが借り手に回される」という流れ。そしてこの PlatePass の端末機、ひねったり引き出したりして有効にしておかないと使えないという罠が。私が借りたクルマに付いてたのは、ひねるタイプ。

Image_2_20240524141801 Image_3_20240524141801

有効にしないで通過すると、ナンバーをチェックされて、後でペナルティ付きの請求が来る仕組み。橋を渡ってニューヨークに出入りしようとすると、どこかで有料道路を通らされる格好なんですが、もう現金対応がなくなってて、PlatePass の端末機がないと身動きとれないのです。

そして実際に走ってみたところ、これぐらいの規模のクルマだとドッシリしていて、確かにアメリカの道路を長く走るには向いてますね。シートの出来が良くないのか、単に自分の身体に合わなかったのか、すぐ腰が痛くなってしまって困ったけれど。それを除けば、楽なことは楽でありました。今回、トータルで 700km 近く走ったので、このチョイスは正解。

ニューヨーク近辺では盛大に渋滞にハマったのに、トータルではリッター 10km 以上走ったのだから立派なもの。正確には、423 マイル走って 14.62gal 給油してます。

ただ、デカくて重い割にはブレーキの効きが若干、甘い感じがあって。普通に踏み込んでも、キュッと減速してくれない感じ。急停止したければ、そのつもりでグワッと踏まないと。これがアメリカ式なのかなぁ。

カーナビ (GPS と呼ばれる) も、いえば借りられるけれど、パス。今回はスマホで Google Maps を走らせて経路案内させました。そのために、空調吹出口につけるホルダーを用意していって。幸いにもクルマに USB 電源が付いていたので、バッテリの心配はなし。これで何も問題なかったです。

ちなみに Google Maps の経路案内音声、アメリカに行ったらちゃんと距離をマイル単位で言ってきました。

Image_1_20240524141801

| | Comments (0)

Mar 26, 2024

ヴィアイン梅田

最近、大阪における定宿というと、ヴィアイン梅田とヴィアイン新大阪。しばらく前にヴィアインの朝食がガラッとリニューアルして、グレードが一気に上がったので、利用頻度が上がってます。

で、ヴィアイン梅田。1F エントランス周囲のロケーションと、最上階にある朝食会場兼用ラウンジからの眺めの落差がなかなか…

朝食会場からの眺めの良さという話になると、ヴィアイン岡山もオススメ。トレインビューというか、ステーションビュー。ヴィアイン梅田も、京都線と環状線がチラッと見えるといえば、まあ見えるんですけど ()

Image_0_20240326213701

Image_1_20240326213801

| | Comments (0)

Feb 09, 2024

北浜駅

PhotoCD のデータをなんとなく漁っていたら、27 年前に釧網本線の北浜駅を訪れたときの写真があったので。このときは夜行の「オホーツク 9 号」で網走入りして、朝イチの下りで北浜に行った次第。

で、「やるな」っていわれてるのに流氷の上を歩いてるアホンダラがいるし…

201907251058_051

201907251058_059

| | Comments (0)

Sep 03, 2023

時差ボケと無縁の絶妙なダイヤ

5 月にボストンに行ったときには、帰国してから何日か、あまり仕事にならなかったような気がしてます。でも、先日のスウェーデン行きでは、時差ボケとはまったく無縁。これ、フライトの時刻設定がすごく絶妙なんですね。(プーのやらかしのせいで、以前と比べて 4 時間ばかり余計にかかるのはまた、別の問題)

往路の JL47 は HND 2250 - HEL 0635。つまり、「飛び立ってメシを食ったら寝て、起きてちょっとしたら、朝に現地到着」。一方、復路の JL48 は HEL 1640 - HND 1255。「飛び立ってメシを食ったら寝て、起きてしばらくしたら、昼過ぎに現地到着」。機内での行動サイクルが現地時刻とシンクロする絶妙なダイヤ。

しかも、衛星がつながりにくくなるせいで機内 WiFi サービスが使えなくなる北極圏通過は、ちょうど寝ている間。完璧じゃないの。

 

Continue reading "時差ボケと無縁の絶妙なダイヤ"

| | Comments (0)

Jul 08, 2023

283 の駅

おしい ! あと 0.5km キロ程が少なければ「283 系が走っていたキロ程 283km の駅」になったのに !

Image_0_20230708141401

ちなみに、下り「おおぞら」に乗って LED 表示器に「白糠まで、あと 40km」の表示が出たときには、ぶったまげましたねえ。

| | Comments (2)

May 07, 2022

原野第 1 線踏切の規制線

「原野第 1 線踏切」といわれると「?」となってしまう人でも、「富良野線の美瑛-美馬牛間にある例の踏切」といわれれば、ピンとくるかも。(それにしても、すごいネーミングの踏切だなこれ…)

Image_0_20220511011701

その原野第 1 線踏切、2019 年 10 月に訪れたときには、こんな風に規制線が張られてました。しかも多国語で (お察し)

Image_2_20220507191201 Image_3_20220507191201

美瑛自体、海外からの観光客がワッと押しかけるようになっていましたが、その余波 (?) で、原野第 1 線踏切に来る人もかなりいたみたいで。それで運転士をヒヤヒヤさせる事案もあったのでしょう。

しかし現在、規制線はありません。

Image_0_20220507191201 Image_1_20220507191201

ただしこれ、来る人が少なくなったからなのか、雪が消えてから間がない上に観光客が押しかけてくるシーズンではないからなのか、その辺は分かりませんけれど。もしかすると、美瑛を訪れる人が増える 6 月以降に規制線が復活する可能性はあるのかも ?

| | Comments (6)

Jan 17, 2022

貯まったマイルの使い道

フライトがけっこうある上に JAL カードの「陸マイル」も加わり、国際線の欧米線向けアップグレード特典を何回か発動できるぐらいのマイルが貯まっています… が、おにょれコロナめ。海外に出られる目処が立たないのだから、国際線アップグレード特典も発動できる目処が立ちません。そんな状態で今年、万単位のマイルが有効期限を迎えてしまうという状況。

率の良さを考えれば特典航空券に交換するのがベストでしょうけれど、それだと FOP にならないのが難点。それで次善の策として考えているのが、eJAL ポイントへの交換。1 万マイル単位以上ならレートが 1.5 倍になるので、こまごま交換するよりも得。そのポイントを航空券の購入に回す方が、ステータス維持まで織り込んだときの効率は良いのではないか、という考えが。

状況次第では、6,000 マイル投入してガチャを引く手もありますけれど、それは今後の搭乗実績次第かなと。お仕事上、今年は九州方面へのフライトが増えそうでもありますし。

(追記) JAL マイルは量があるからこの手が使えるけれど、それほどでもない ANA マイルは素直に特典航空券だろうなぁ (こちらも今年の末でドサッと期限切れ)。

| | Comments (0)

Nov 15, 2021

旅の荷物

以前にも書いたとおり、うちには「すぐ飛び出せるように用意してある 1 時間待機の荷物」なるものを用意してあります。しかし、状況によってはそれをそのまま使うとは限らず、別の仕立てにすることもあります。機材が多いとか、レンズがでかくて J-TECH X-500 に入らないとか、2 泊以上するから着替えが多いとか、そんな理由で。

荷造りするときは、「何を持って行くか」と「何に入れるか」が悩みの双璧。特に飛行機を利用する場合、機内持ち込みが可能かどうか、なんて制約も加わりますし。それをクリアして、持って行った機材やその他のものが過不足なく活躍したときには、「してやったり」となるわけです。

先日に山形方面に出たときには、レンタサイクルを借りる可能性を考慮して、ショルダーではなくバックパック (エアポート エッセンシャルズ) にしたのが大当たり。その次に北海道に行ったときにも、カメラ 2 台とレンズなどと着替えを、ハクバ GW-PRO ショルダーに詰め込んで、過不足なく機能してくれました。

ところが。

13-14 日と四国に行ったときに、新しい試みをしたわけです。ニコンのスリングバッグに着替えと洗面道具など、それと RP とレンズ 1 本。そして普段使いのレトロスペクティブ 20 に、Let's Note と 7D2 とレンズを 2 本とフラッシュ。複数のバッグに分散する方が機動力が上がらないか ? 多用するやつとそうでないやつの棲み分けができるのではないか ? などと考えて。

Img_0160

ところが実際にやってみたら大失敗。スリングバッグは片掛けで、レトロスペクティブ 20 はショルダーバッグだから、結果的に右肩に荷重が集中しちゃったんですね。それで 2 日間飛び回った結果、右肩が痛くなっちゃって。

久方ぶりに引っ張り出してみて思いましたけど、スリングバッグって、あまり重たいものは入れられないですね。それとも、肩に当たる部分にパッドか何か当てて荷重分散すればマシになるのかしら ? サッと身体の前に回して中身を出せるから便利なんだけど。

| | Comments (7)

Jan 24, 2021

冬の北海道

…と聞いて、たぶん、多くの内地の住民が真っ先に想起しそうな光景って、こういうのだと思う。

Image_0_20210124152801

| | Comments (4)

Nov 03, 2020

青森さくさくりんごパイ

先週、GA-ASI のシーガーディアンを取材するため、八戸に行ってきました。現場の八戸基地が駅から近くないとか、ここのところクルマをあまり走らせてやってないとか、機動力があるとかいう理由から、クルマで。片道、約 650km の行程。

実のところ、GoTo トラベルの割引適用で新幹線とホテルをパッケージにする方が、ずっと安上がりなんですけど。でも、ついでということで E6 や 701-5000 や E130 の走り撮影までやってしまったので、まぁいいかと。

そんな事情から、宿泊だけ単独で手配したのですが、これも GoTo の割引が効きます。あと、1 泊ごとに 1,000JPY 分の地域共通クーポンが付いてまいりました。初日に盛岡の国道宿に泊まったときには、ただちに晩飯などの調達で使っちゃったのですが、2 日目に八戸の快適宿に泊まった分は使うアテがなく。そこで帰りに東北道の某 SA で、こんなん買ってきました。

Image_1_20201031213301 Image_0_20201031213301

外見はうなぎパイみたいだけど、中身はちゃんとリンゴ味。いやまあ、リンゴ味と謳っておいて、うなぎパイみたいな味がしても困りますけれど (爆)

Image_0_20201103191101

| | Comments (4)

より以前の記事一覧