旅行・地域

May 07, 2022

原野第 1 線踏切の規制線

「原野第 1 線踏切」といわれると「?」となってしまう人でも、「富良野線の美瑛-美馬牛間にある例の踏切」といわれれば、ピンとくるかも。(それにしても、すごいネーミングの踏切だなこれ…)

Image_0_20220511011701

その原野第 1 線踏切、2019 年 10 月に訪れたときには、こんな風に規制線が張られてました。しかも多国語で (お察し)

Image_2_20220507191201 Image_3_20220507191201

美瑛自体、海外からの観光客がワッと押しかけるようになっていましたが、その余波 (?) で、原野第 1 線踏切に来る人もかなりいたみたいで。それで運転士をヒヤヒヤさせる事案もあったのでしょう。

しかし現在、規制線はありません。

Image_0_20220507191201 Image_1_20220507191201

ただしこれ、来る人が少なくなったからなのか、雪が消えてから間がない上に観光客が押しかけてくるシーズンではないからなのか、その辺は分かりませんけれど。もしかすると、美瑛を訪れる人が増える 6 月以降に規制線が復活する可能性はあるのかも ?

| | Comments (6)

Jan 17, 2022

貯まったマイルの使い道

フライトがけっこうある上に JAL カードの「陸マイル」も加わり、国際線の欧米線向けアップグレード特典を何回か発動できるぐらいのマイルが貯まっています… が、おにょれコロナめ。海外に出られる目処が立たないのだから、国際線アップグレード特典も発動できる目処が立ちません。そんな状態で今年、万単位のマイルが有効期限を迎えてしまうという状況。

率の良さを考えれば特典航空券に交換するのがベストでしょうけれど、それだと FOP にならないのが難点。それで次善の策として考えているのが、eJAL ポイントへの交換。1 万マイル単位以上ならレートが 1.5 倍になるので、こまごま交換するよりも得。そのポイントを航空券の購入に回す方が、ステータス維持まで織り込んだときの効率は良いのではないか、という考えが。

状況次第では、6,000 マイル投入してガチャを引く手もありますけれど、それは今後の搭乗実績次第かなと。お仕事上、今年は九州方面へのフライトが増えそうでもありますし。

(追記) JAL マイルは量があるからこの手が使えるけれど、それほどでもない ANA マイルは素直に特典航空券だろうなぁ (こちらも今年の末でドサッと期限切れ)。

| | Comments (0)

Nov 15, 2021

旅の荷物

以前にも書いたとおり、うちには「すぐ飛び出せるように用意してある 1 時間待機の荷物」なるものを用意してあります。しかし、状況によってはそれをそのまま使うとは限らず、別の仕立てにすることもあります。機材が多いとか、レンズがでかくて J-TECH X-500 に入らないとか、2 泊以上するから着替えが多いとか、そんな理由で。

荷造りするときは、「何を持って行くか」と「何に入れるか」が悩みの双璧。特に飛行機を利用する場合、機内持ち込みが可能かどうか、なんて制約も加わりますし。それをクリアして、持って行った機材やその他のものが過不足なく活躍したときには、「してやったり」となるわけです。

先日に山形方面に出たときには、レンタサイクルを借りる可能性を考慮して、ショルダーではなくバックパック (エアポート エッセンシャルズ) にしたのが大当たり。その次に北海道に行ったときにも、カメラ 2 台とレンズなどと着替えを、ハクバ GW-PRO ショルダーに詰め込んで、過不足なく機能してくれました。

ところが。

13-14 日と四国に行ったときに、新しい試みをしたわけです。ニコンのスリングバッグに着替えと洗面道具など、それと RP とレンズ 1 本。そして普段使いのレトロスペクティブ 20 に、Let's Note と 7D2 とレンズを 2 本とフラッシュ。複数のバッグに分散する方が機動力が上がらないか ? 多用するやつとそうでないやつの棲み分けができるのではないか ? などと考えて。

Img_0160

ところが実際にやってみたら大失敗。スリングバッグは片掛けで、レトロスペクティブ 20 はショルダーバッグだから、結果的に右肩に荷重が集中しちゃったんですね。それで 2 日間飛び回った結果、右肩が痛くなっちゃって。

久方ぶりに引っ張り出してみて思いましたけど、スリングバッグって、あまり重たいものは入れられないですね。それとも、肩に当たる部分にパッドか何か当てて荷重分散すればマシになるのかしら ? サッと身体の前に回して中身を出せるから便利なんだけど。

| | Comments (7)

Jan 24, 2021

冬の北海道

…と聞いて、たぶん、多くの内地の住民が真っ先に想起しそうな光景って、こういうのだと思う。

Image_0_20210124152801

| | Comments (4)

Nov 03, 2020

青森さくさくりんごパイ

先週、GA-ASI のシーガーディアンを取材するため、八戸に行ってきました。現場の八戸基地が駅から近くないとか、ここのところクルマをあまり走らせてやってないとか、機動力があるとかいう理由から、クルマで。片道、約 650km の行程。

実のところ、GoTo トラベルの割引適用で新幹線とホテルをパッケージにする方が、ずっと安上がりなんですけど。でも、ついでということで E6 や 701-5000 や E130 の走り撮影までやってしまったので、まぁいいかと。

そんな事情から、宿泊だけ単独で手配したのですが、これも GoTo の割引が効きます。あと、1 泊ごとに 1,000JPY 分の地域共通クーポンが付いてまいりました。初日に盛岡の国道宿に泊まったときには、ただちに晩飯などの調達で使っちゃったのですが、2 日目に八戸の快適宿に泊まった分は使うアテがなく。そこで帰りに東北道の某 SA で、こんなん買ってきました。

Image_1_20201031213301 Image_0_20201031213301

外見はうなぎパイみたいだけど、中身はちゃんとリンゴ味。いやまあ、リンゴ味と謳っておいて、うなぎパイみたいな味がしても困りますけれど (爆)

Image_0_20201103191101

| | Comments (4)

Oct 27, 2020

遠方でそばを食らう

「扇屋そば」の「そば弁当」は 10 年前に木次線を訪れたときにもいただいてるんですが、今回のは温玉や食後の口直し用 (?) あめ玉が加わって、パワーアップしておりました。普通盛りで 750JPY なり。

Image_0_20201026213701
(これが 10 年前の)

Image_1_20201026213701
(これが今回の)

10 年前には、亀嵩でそば弁当を受け取る時点で列車に乗っていたのは自分一人という惨状でしたが、このあいだの土曜日は 20 人かそこら乗っていたので、ホッ。JR 西が出している乗り放題きっぷの威力かしら。

翌日の日曜日は、作戦完遂の締めくくりとして、姫路で「天ぷらえきそば」を。380JPY なり。つゆがサッパリ味なので、するするといただけるのが「えきそば」の良いところ。これを食べたかったのと HOT7000 の走りを愛でたかったのとで、米子からわざわざ鳥取まわりで帰ってきたというね。

Image_2_20201026213701

| | Comments (0)

Aug 13, 2020

特殊技能

自分の場合、「いつ、どこに行って何をする」と決めた途端に、

  • ターゲットを洗い出して
  • そのターゲットごとの優先順をつけて
  • だいたいのスケジュールの当たりをつけた上で
  • 細かい日程を決めていって
  • 足とネグラの手配もサクッとやって

といった流れがよどみなく進んでしまうことが多いのだけど、これってやっぱり特殊技能だったのか ( ゚д゚)

鉄道・航空については路線網などの概要が頭に入ってることが多いし。泊まる場所は利便性最優先で「駅から近いお手頃価格のビジホ」で済ませることが大半。しかも過去に行ったことがある場所なら、「どこそこに泊まればいいな」という当たりはついているし。そうなると、必要なパーツは頭の中からサッサッと出てきてしまう。

全体像が出た時点で、どこがボトルネックになるかは分かるから、そこを基準にして前後に日程をつなげていけばいいし。もしも複数パターンの比較検討が必要なら、Excel にデータを並べて線を結ぶ手を常用するけれど、これだって普通の人はやらないこと。

私みたいなお出かけヤクザはともかく、普通の人は、まずそういう「パーツのライブラリ」が揃ってないよなあ、確かに…

| | Comments (0)

Apr 14, 2020

その後の JAL Global WALLET (2) いろいろ使ってみてます

入金した JPY を、とっとと USD に両替して FOP キャンペーン奪取を確実にしてしまおうか、と思っていたら。カードが届くまでの間に、いきなりドルが跳ね上がってしまい、1USD=110JPY を割り込む始末。仕方ないので、とりあえず両替は見送り。国内でチビチビ使ってみることにしました。どーせ海外に出られる情勢でもないのだし。

1USD=110JPY を切ったところで腹をくくって両替するしかないかなぁと。そして今日、1USD=109JPY ぐらいまで円が上がったので、割り切って両替を執行しました。

JGW で面白いのは、スマホ用アプリだと「通貨リスト」を作れること。つまり、使用頻度が高い外貨のリストを作り、それぞれの残高を一目で確認できる仕組み。うちでは USD、AUD、EUR、GBP、CHF を並べてみましたが、とりあえず両替したのは USD だけ。人民元や韓国ウォンに用はなさそうだし。なお、このアプリはスクリーンショットを撮れないので、画はありません。あしからず。

このスマホ用アプリ、AQUOS Sense 2 で使っている Android 版は指紋認証を有効にしているのですが、iPhone 6s は指紋認証がないので、iOS 版だと認証は画面ロック解除のパスコードに依存してます。となると、Android 版だけで済ませたいところだけど、海外に持って行く端末は iPhone 6s というのが悩ましいところ。

一方、国内利用の方はというと、JMB WAON を使ったときと同様、JGW 利用に伴うショッピングマイルがこまめに加算されてきています。今はキャンペーン期間で国内利用時のレートが上がっているから、期間中にジャンジャン使ってやらないと。

JGW をスーパーのセルフレジで使ってみると、カードを突っ込むだけで OK。ところがそれ以外の場面だと、クレジットカードみたいに PIN 入力して OK… となるはずがうまくいかず、手書きサインを求められる場面が意外と発生してます (うーむ)。新宿西口の某ドラッグストアがそのパターンで、なんかお店の人の手間を増やしちゃって申し訳ないなぁ。

| | Comments (0)

Mar 26, 2020

その後の JAL Global WALLET (1)

前回は、カードが届いて初期設定を済ませるまでの話で終わっちゃいました。その後、実際に使ってみたので、そちらの話を。

とりあえず、日本円をチャージして国内で使ってみました。最初は JAL カードからチャージをかけようかと思ったけれど、それだとチャージ額×0.33% の手数料がかかるので、たとえば 5 万円なら 165 円の手数料。缶コーヒー 1 本分+α 程度とはいえ、うーん。

ということで調べ回っていたら、某銀行だと他行宛の振込でも手数料が免除になると判明したので、それを使うことに。

振込チャージの場合、指定の口座 (みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行にそれぞれ指定口座がある) に振込をかけるのですが、振り込む人の名前が要注意。個人名ではなくて「JMB 会員番号」と「個人名のカタカナ書き」を続けて書く必要があります。たとえば「123456789イノウエコウジ」といった具合。

振込をかけてから数時間後に「チャージ完了」を知らせるメールが来たので、レスポンスはまぁまぁという感じ。

クレジットカードでチャージすると、手数料が金額に比例して増えますが、口座振込ならそうはなりません。してみると、金額が大きくなると振込の方が得かもですね。(「ショッピング + ATM」だと、そもそもクレジットカードは使えませんけれど)

(2020/10/20 追記 : 2020/11/19 限りで、クレジットカードによるチャージができなくなるんだそうで)

とりあえず、最初に使ってみたのはスーパーのセルフ精算機。カード払いを選んで、JGW のカードをスロットに突っ込む手順はクレジットカードと同じ。そしてクレジットカードを使ったときと同じ体裁のレシートが出ます。

ただしクレジットカードと違うのは、即座に「いくらいくらの支払がありました」とメール通知が来ること。これなら不正利用が発生してもすぐ分かるから便利。

クレジットカードで小口の支払を多発させると、後で明細の項目が増えまくって整理が面倒なので、日本国内でも「雑費」扱いの小口決済は JGW で済ませてしまうのも手かも。

| | Comments (3)

Mar 19, 2020

JAL Global WALLET が来た

JMB 会員でもないと馴染みがないかも知れませんが、JAL Global WALLET という旅行者向けプリペイドカードがあります。プリペイドカードだから、事前になにがしかの金額をチャージしておいて決済に使うわけですが、JAL Global WALLET は旅行者向けだから外貨対応。ただし海外専用というわけではなくて、円建てのチャージ金額があれば、国内でも使えます。

Img_0055

まず円建てでチャージして、それを外貨 (主要通貨 15 種類に対応) に両替してから決済に使う仕組み。チャージ手段によっては、いきなり外貨でチャージする手もあるらしいけれど、うちでは使わんかな。

ショッピング機能は、mastercard のクレジットカードと同様に、端末にカードを突っ込んで PIN 入力、あるいはコンタクトレスで支払が可能。このとき、外貨は事前に両替しておく方法と、決済の時点で自動両替する方法があります。ただし自動両替だと決済時点のレートが適用されるので、円高のときに事前両替しておくと、得かも。

カードの機能として「ショッピング + ATM」という選択も可能で、その場合には mastercard 対応 ATM からの現金引き出しも可能。ただし、「ショッピング + ATM」だとクレジットカードでチャージできないので、指定銀行口座への振込でチャージしないといけないのが面倒なところ。

自分は、海外 ATM でも使える口座とキャッシュカードを持ってるので、ショッピングだけできれば OK。その場合の限度額は月間 30 万円まで (「ショッピング + ATM」だと月間 100 万円が上限)。

そしてエアライン系らしいのは、両替と決済のそれぞれについて 200JPY ごとに 1 マイルつくこと。ただし JAL カードを使ってチャージしても、JAL カード側でのショッピング マイルはつかない仕組み。そりゃ、二重取りになっちゃいますからね。

あと、このカードには JMB の会員情報も組み込んであるので、国内線のタッチ & ゴーでも利用可能。まあ、これは JAL カード CLUB-A でも同じですけれど。同じ人がタッチ & ゴーに使えるカードを 3 枚も持っててどないすんねん。ということで結局、JMB の会員カードが自宅置き去りということに。

Img_0056

で。JAL Global WALLET の何が便利なのか。

Continue reading "JAL Global WALLET が来た"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧