仕事のあれこれ

Oct 21, 2021

2021 年 10 月のお仕事・その 3~その 5

続きましては 21 日発売のあれやこれやを一挙に。

まず「新幹線 EX」は異色の特集として「新幹線撮影最前線」。ぶっちゃけると「ミラーレスでも戦えるようになってきてるよね」という話でありまして。それに併せて、キヤノンの EOS R3 とニコンの Z 6II をお借りして実際に試した上で、記事を書きました。R3 の高速連写をフル活用すると、16mm レンズを使ったこんな画でも、それなりの確実性を期待できます (ほんと)。

Image_0_20211021163401

惜しかったのは、ニコンの Z 9 が間に合わなかったことで、このためニコンにはちょっと分の悪い話になってしまったなぁと。

とはいえ Z 6II、EVF やレリーズタイムラグの遅延は意外と少なくて、タイミング合わせは比較的楽でした。以下の写真も、連写したうちの何枚目かがここに来たのではなくて、最初からこのタイミングでキメていますし。使ってみて「いいな」と思ったこと、「ここはこうなると嬉しい」ということはニコンの方にお話ししたので、そのうちどこかで反映されるといいなぁ。

Image_0_20211021142501

ちなみに。すでにさんざん書かれているように、R3 では電子シャッターが既定値。それだけローリングシャッター歪みが少ないわけですが、「じゃあ、どこまで押さえ込めたの ?」ということで、超電導リニア相手に "いぢめて" みました。さすがに、500km/h で走る相手を真横から撮れば、多少の歪みは出るでしょうって… とはいえ、普通の新幹線ぐらいなら、そんな気にしないで使えそう。

あと、「システム考察」は東北・北陸・上越・北海道の各新幹線で使われている可動柵の話。どれも現地調査をやっていますが、北陸新幹線は区間によってハードウェアもオペレーションも違うのが面白いところ。保守用車はバラストレギュレータと道床安定作業車の話です。小牧研究施設の取材には私も行っていたのですが、私の原稿が出るのは別の場所。今回は柴田東吾さんの担当です。

続きまして「Jwings」。米海空軍の仮想敵部隊 & 戦技教育部門に関する記事と、MUM-T (Manned and Unmanned Teaming) に関する記事の両方で、それぞれ記事を書いています。仮想敵部隊というと、ついつい「格闘戦のリバイバル」に短絡されがちですけど、そうじゃなくってね。というあたりに、ついつい力が入ってしまってるかも ?

ちなみに、レッド フラッグ演習がスタートする際に関わった軍人のひとりが、湾岸戦争で CENTAF の指揮を執っていたチャック ホーナー。そのチャック ホーナーがトム クランシーと一緒に書いた本の中に、レッド フラッグ発足時の話もちょっと出て来ます。

「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄ですが、ちょっとここのところ業界全般に、新ネタが乏しい感じはあり、書いている途上ではヒヤヒヤもの。それでも、締切の頃にはちゃんと揃っているんだから面白いものですが。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1549円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 12月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/10/21時点)


 

| | Comments (0)

Oct 10, 2021

2021 年 10 月のお仕事・その 1 & その 2

今月はまず、軍研の本誌と別冊。

本誌の方はいきなりですが、軍事分野におけるクラウド サービスの話と、それに関連して古巣の話をいろいろと。この業界でも御多分に漏れず、クラウド サービスの活用事例が増えているわけですが、取材の過程で出てきた「戦に負けないためのクラウド」という話は、なかなか新鮮でありました。なんでそういう話になるかについては、また後日。

別冊の方は「最新世界の空母打撃群」で、そのうち英海軍のパートを担当しています。原稿を送り出した後でクイーン エリザベスが横須賀に来たので、ちょっと間が悪かったような気もしますが、まあそれはそれ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 11月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/10/8時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊軍事研究 最新世界の空母打撃群 2021年 11月号 [雑誌]
価格:2600円(税込、送料無料) (2021/10/8時点)


 

| | Comments (0)

Sep 28, 2021

2021 年 9 月のお仕事・その 5 & その 6

お次は「世界の艦船」。特集「新しい艦隊防空」の中の、「最新の艦隊防空システム」を書いています。

「最新の」とつくので、ちょっと前のシステムだと対象から外れてしまうわけですね。で、単に使用しているハードウェアの名前やスペックだけ列挙しても面白くないので、まず「艦隊防空システムとはなんぞや」という概論みたいなことを書いて、その後で個々のシステムに言及する仕立てにしてみました。

ちょうど先日、横須賀で APAR (Active Phased Array Radar) の現物を見てきたばかりですが、NAAWS (NATO Anti-Air Warfare System) は「最新の」とはいいがたいので、対象から外れております。ただし、SMART-L MM/N の話は (半ば強引に) ねじ込みましたが。

あと、「MAMOR」の 11 月号で「マモル・アトラス」と題して地図の特集を組んでいます。そこでインタビュー取材がありまして、「地図も武器といって過言ではない」「地図にまつわるエピソード」といった話を喋りました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2021年 11月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2021/9/27時点)


 

| | Comments (0)

Sep 22, 2021

2021 年 9 月のお仕事・その 3 & その 4

お次は「航空ファン」と「Jwings」ですが、いずれも連載の海外ニュースもののみ。

ただし今回、「月刊 F-35」のタイトルカットは私の写真です。ヴェルニー公園で撮ってきた、「クイーン・エリザベス」の飛行甲板とアイランド。建物による邪魔を最小限にできる立ち位置をいろいろ探った結果の一枚で、EOS R5 に RF 100-500mm を組み合わせて、さらに x1.6 モード。つまり実質 800mm。いやあ、いい買物でした (ぇ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 11月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/9/22時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 11月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/9/22時点)


 

| | Comments (4)

Sep 14, 2021

2021 年 9 月のお仕事・その 1 & その 2

今月は奇数月。まず「軍事研究」ですが、「ステルス水上戦闘艦」がお題です。同じ「ステルス化」でも、航空機のそれとは意味合いが違うんじゃないの、というあたりの話から。意味合いと脅威の様態が違えば、ステルス化に際しての思想や実現手法だって違ってくるわけです。

なお、次号は事情により別ネタが入る予定なので、続きはしばらく先の話になりそうです (もう書いてあるけど)。

一方、「Jships」の方は、いつもの連載「世界の艦艇建造所」。今回は JMU 鶴見です。日立造船って、今でも鶴見に事業所があるんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 10月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/9/13時点)


 

 

| | Comments (0)

Aug 23, 2021

2021 年 8 月のお仕事・その 2 & その 3

続きましては航空関連 2 誌、「Jwings」と「航空ファン」。

「Jwings」では F-15EX の特集を組んでいますが、そこで「何が載っているか」については石川さん、その背景事情については σ(・_・)、という分担になっています。

「航空ファン」の方はいつもの海外ニュース欄。今月もそうですが、ここのところ微妙にネタが不足気味で、締切ギリギリまで冷や汗をかくことがままあります。最後にはなんとかなってるのですけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 10月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/8/23時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 10月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/8/23時点)


| | Comments (2)

Aug 13, 2021

2021 年 8 月のお仕事・その 1

トップバッターは「軍事研究」。今回は、ちょっと変わったテーマで「量子センシング」について書いてみました。しばらく前に IDR で読んで「へー」となったネタです。と思ったら、先日に届いた最新号で、また書いてたけど…

なぜか IDR って、σ(・_・) の心中を見透かしたかのように「タイムリーな記事を投げ込んでくる」ことがままあるんですけど、今回はタイミングが合わなかったようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 09月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/8/12時点)


 

| | Comments (4)

Jul 20, 2021

2021 年 7 月のお仕事・その 4~その 6

7 月ですので三連発。

まず「新幹線 EX」。今月の特集は、実質的には 9 月いっぱいでの引退が決まった E4 系 Max。そこで、E4 系のシステム・構造に関する記事を書きました。自分でいうのもなんですが、おおいに気合が入った一本。記事中のパンタまわりの写真は、現物調査のために日暮里の跨線橋に張り込んで、R5 で撮りまくった中からのピックアップです。

これを書いている最中に、新潟新幹線車両センターへの取材にも行ったのです。で、現車を見て分からなかった点について訊いてみたら「えらい詳しいなぁ」と相手を驚かせてしまったという (←

あと、「システム考察」は可動柵の第二弾ですが、これも現地調査と資料調査を組み合わせた、気合の入りまくった一品。ただ、書き上げてみてから新手の課題を思いついてしまったので、もしかすると次の回で何か書くかも。

そして「保守用車オールガイド」は道床交換作業車 (NBS)。保守用車というと LRA ばかり人気があるけれど、メカ的には NBS の方が面白いと思うんですよね。

そういえば。持田さんの連載で RF 機と RF レンズあるいは EF レンズを付けたときの比較というのが出てくるんですが。実は先日、R5 に RF 100-500mm を付けて鉄撮影に行ったんですけど、鉄道で使うレンジだとそんなに暗くならないし、フツーに使えました。300mm より先は一種の「保険」だと思って、これを常用してもいいと思ったぐらい。

なんか長くなっちゃいましたけど、他の 2 誌。「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄、「Jwings」もいつもの「月刊 F-35」です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2021年 09月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2021/7/19時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2021年 09月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2021/7/19時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2021年 09月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/7/19時点)


 

| | Comments (0)

Jul 11, 2021

2021 年 7 月のお仕事・その 1~その 3

奇数月ですので、「軍事研究」と「Jships」の二本立て + α。

まず「軍事研究」ですが、大人の事情 (?) により 1 ヶ月の先送りとなった、AI の話の続編です。米国防総省が打ち出した「AI 五原則」の話とか、「AI は学習次第で騙されるから気ぃつけーや」という話とか。

「Jships」の方は、いつもの連載「世界の艦艇建造所」。今回は川重神戸です。あと、執筆ではないところで関わっている頁があって、一応は名前も表に出ているので、探してみてねっ☆彡

あと、「世界の艦船」別冊でフォード級空母の本が出ましたが、これに本誌過去記事の再掲が含まれています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2021年 08月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2021/7/8時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2021年 08月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/7/8時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船増刊 米原子力空母「フォード」級 2021年 08月号 [雑誌]
価格:1799円(税込、送料無料) (2021/7/11時点)


 

| | Comments (2)

Jun 29, 2021

2021 年 6 月のお仕事・その 5~その 6

締めくくりは「世界の艦船」と「丸」。

まず「世界の艦船」ですが、毎年恒例の特集「世界の空母」で、米海軍のフォード級に関する最新情報をまとめました。ただ、このテーマで本誌に書くのは 3 回目。過去に書いたネタと被らないようにするのは難しい課題で、今回は一連の試験に関する話を前面に出してみています。

「丸」の方はいつもの「World Military Information」。特集が空母「蒼龍」では、出る幕はございませんです。来月もそうだけど、WWII モノが出てくると「お手上げ」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2021年 08月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2021/6/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2021年 08月号 [雑誌]
価格:1479円(税込、送料無料) (2021/6/29時点)


| | Comments (0)

より以前の記事一覧