仕事のあれこれ

Sep 11, 2020

2020 年 9 月のお仕事・その 1 & その 2

まず今月のトップバッターは「軍事研究」。今回は、次期戦闘機の話について書いてみました。

といっても、「技術的に実現可能かどうか」とか「こんな研究開発をやってます」とか「産業基盤維持のためにもああだこうだ」とかいう話はすでにさんざん出ているので、やりません。「そもそも、2030~2040 年代の航空戦をどう戦うつもりで、そのためのビジョンや戦う体制作りはどないなっとんねん」という観点から攻めてみてます。たまには斜め上からの記事があっても、バチは当たらないでしょう。

もうひとつは奇数月の恒例で「Jships」ですが、特集には出ておりません。そして、過去 6 年あまりにわたって続いてきた連載「艦艇用語の基礎知識」が、今回で最終回という運びになりました。 

実は、実は、ぱんぱかぱーん ! (なんのこっちゃ) 記事中でも末尾で触れておりますが、この「艦艇用語の基礎知識」がめでたく単行本化の運びとなりました。単に連載を並べ直して一冊にしただけではなく、足りない項目を追加したり、内容を全部見直してリライトをかけたり、と大幅に手を入れたモノになっております。

ちょっとネタばらしすると、日本語だけでなく、対になる英単語を可能な限り足したのがポイントです。この業界、どうしても横文字に接する機会は避けられませんからね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/9/11時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/9/11時点)


 

| | Comments (0)

Aug 25, 2020

2020 年 8 月のお仕事・その 1~その 3

おっと、お仕事関連のエントリを上げ忘れてたでござる… ( ; ゚Д゚)

「軍事研究」ではサイバー電子戦の締めくくりということで、AI の活用事例について書いてみました。昨今、なにかというと「AI でほげほげしました」「AI で問題解決」と書けばニュース種になる状況ですけど、そんな簡単な話じゃねぇぞ、学習次第だぞ、という話を書いてみた次第。

そして「Jwings」では、いつもの「月刊 F-35」に加えて、ステルス機特集の中で F-35 の配備状況に関するまとめ、それと日本の次期戦闘機構想に関する突っ込みを少々。「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 10月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)


| | Comments (2)

Jul 25, 2020

2020 年 7 月のお仕事・その 7~その 9

続きましては「世界の艦船」と「丸」。

「世界の艦船」の特集はイージス護衛艦「まや」ですが、そこでイージス戦闘システムの将来に関する記事を書きました。この記事もそうですが、なぜか今月はあちこちで AN/SPY-6(V) シリーズに関する話が出まくってるんですよね。もっとも、私が通り一遍の話を書くだけで納得するはずもなく。

「丸」の方は日米中のシーパワー比較がお題ですが、単に数だけ並べても有意な比較にならないのは記事中で書いた通り。そこであれこれと思索をめぐらしてみました。

あと、「航空ファン」はいつもの海外ニュース欄ですが、海外民間航空欄の不景気なことといったら、相変わらず (´・ω・`)

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1375円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)


| | Comments (0)

Jul 18, 2020

2020 年 7 月のお仕事・その 5~その 6

続きましては、イカロスさん二連発。

まず「Jwings」では、いつもの「月刊 F-35」で久々に騒音の話を書いてみたほか、特集で F-16V の解説とブロック別の概要を書いています。テーマ自体はそんな難しくなかったけれど、むしろ文字数の制限がきつい中に収める方が難しかった。

「新幹線 EX」の方は、いつもの連載「システム考察」と「保守用車オールガイド」の他、N700S 特集の中でハコごとの機器配置調査をやっています。これのために現車を追って、あっちに行ったりこっちに行ったり。コロナだろうが何だろうが、商売上、必要なんですからっ !

手元には、その調査結果を基に作成した床下機器配置図を作ってあるんですが、これをそのまま誌面に載せるのもちょっと。というか、書いてあることが細かすぎて。N700S と N700a/A を比較すると床下機器配置の変化がかなり大きいのですが、同じ N700S でも確認試験車と量産車の差異が意外と大きかったですね (確認試験車の床下機器配置図も作ってある)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2020年 09月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2020/7/18時点)


| | Comments (2)

Jul 10, 2020

2020 年 7 月のお仕事・その 3~その 4

お次は奇数月の恒例で「Jships」と「軍事研究」。

まず「Jships」ですが、特集「海上自衛隊 自衛艦隊のすべて」のうち「海洋業務・対潜支援群」「開発隊群」「第1海上訓練支援隊」「第1海上補給隊」のパートを書いています。目立たない上にガードが堅そうなところを多くアサインされたような気が… 特に「海洋業務・対潜支援群」ね。

いつもの「艦艇用語の基礎知識」は、装載艇の話を書いてみました。

一方の「軍事研究」は電子戦の話もいよいよ大詰め、SEAD (Suppression Enemy Air Defense) と DEAD (Destruction of Enemy Air Defenses) の話です。

で、今回の軍研のメインは AN/SPY-6 の話だったんか。私は別のところで AN/SPY-6 がらみの話を書いてるんだけど…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/7/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2020/7/10時点)


| | Comments (0)

Jul 09, 2020

2020 年 7 月のお仕事・その 1~その 2

今月はちょっと出だしが違いまして。

まず、イカロスさんの「世界の名機シリーズ F-2」で、「F-2 のミッション」を書きました。以前にも別のところで書いたテーマですが、今回は内容を大幅に増強しております。

もうひとつが軍研別冊の「自衛隊の『新主力航空機』」。「空自 66 年 主要航空機の発展史」、「海自 66 年 主要航空機の発展史」、それと「MCH-101 掃海・輸送ヘリ : 掃海作戦と能力」。それと、青木さんの F-35 の記事中にあるコラム 3 点が私の担当です。

ふたつの「発展史」では、またも一般的な切り口をボツにしまして、機種別ではなく年代別にまとめてみました。どのタイミングで区切るかは、もちろん私の独断で (ぉ ただ、こういう切り口にする方が、置かれている状況や傾向の変化が見えるように思ったのですよね。新しい試みもやっていかないとマンネリ化するし。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

別冊軍事研究 自衛隊の「新主力航空機」 2020年 08月号 [雑誌]
価格:2600円(税込、送料無料) (2020/7/9時点)


 

| | Comments (0)

Jun 29, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 5~その 6

その 5。「世界の艦船」2020 年 8 月号の「特集 世界の空母 2020」で、「徹底比較 ! 米英新空母のメカと戦力」を書きました。ありきたりの話で済ませるのでは、編集部以前に自分が納得いかないので、新手の話をいろいろ拾い集めてみました。ちょうど IDR でフォード級の話をいろいろ書いてくれていたので、これは助かりましたね。

そしてよくやるように、現物の写真を見つけて、クローズアップして調べ回るの図。

後は「丸」の海外ニュース欄。恒例のやつです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2020/6/29時点)


 

| | Comments (11)

Jun 25, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 4

出ました、新刊「現代ミリタリーのゲームチェンジャー」。

ただし、Twitter でも先に書いていますが、「"これがゲームチェンジャーだ、すげえ" という趣旨の本ではありません。過去の事例をひもときながら、「ゲームチェンジャーとは何だ」「ゲームチェンジャーを生み出すためにはどういう思考や組織が要るか」といった話をメインに据えた本です。編集担当 S 氏の言を借りると「哲学的」なところもあります。

ぶっちゃけると、技術開発の動向そのものをメインに据えた、日経 BP 総研の「ゲームチェンジングテクノロジーの未来 2020-2029」を書きながら思ったこと、そこで書けなかったことを引っ張り出して、ひとつの本にまとめてみたところがあります。私の著作としては異色の存在といっていいかも。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代ミリタリーのゲームチェンジャー [ 井上孝司 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)


 

| | Comments (6)

Jun 21, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 2 & その 3

航空誌・2 誌をまとめて。

まず「Jwings」ですが、いつもの「月刊 F-35」で Auto-GCAS (Automatic Ground Collision Avoidance System) の話を書いたり、「これから直す不具合」ならぬ「無事に直った不具合」の話を書いたりしてます。

そして第二特集「魅惑のスウェーデン機」の中で、「旧型スウェーデン機が見たい !」を書きました。実際に現地に行って見てきた人が書いているのですから、バッチリです (なにがだ)。

一方の「航空ファン」は、いつもの海外ニュース欄であります。相変わらず、海外民間航空の欄がつらいことになっております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2020年 08月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2020/6/21時点)


 

ところで COVID-19 は滅ぼされなければならない。

| | Comments (0)

Jun 16, 2020

2020 年 6 月のお仕事・その 1

今月は諸事情により軍研がお休みなので (お察しください)、違うトップバッターが。「世界の艦船」別冊、「海上自衛隊 2020-2021」。

これは毎年出ている恒例の別冊ですが、そこで「艦艇と航空機」の項を担当しました。ただしそこで「細かいスペックの話は別にあって、自分のパートはオーバービューについて述べること。それなら最適な切り口は何か ?」ということをだいぶ考えまして。

その結果、この手の記事としては比較的珍しいと思われる、変わった切り口で書いてみています。たぶん、海自を扱う「世界の艦船」の別冊では初めてのことかも。幸い、編集部でも「これは面白い」と評価していただけたようです。

この後で出てくる新刊で書いた話にも通じるのですが、テンプレを壊してゼロベースで最適な解を追求する、にトライしてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船増刊 海上自衛隊 2020-2021 2020年 07月号 [雑誌]
価格:2649円(税込、送料無料) (2020/6/16時点)


 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧