仕事のあれこれ

Oct 01, 2022

予備機

先日、西九州新幹線の開業について取材するため、長崎に行ってました。ひとつの取材に複数名ならあまり悩まないのですが、ひとりで行くとなると「絶対外せない」という圧が強くなります。進行中の原稿の方は、データが更新されると自動的に OneDrive に放り上げるからまだいいとして、問題は写真の方。

データの損失を防ぐためには、デュアルスロットの EOS 5D Mark IV や EOS R5 を持ち込み、さらに取材終了後は迅速にデータを取り出すことで対処していますが、厄介なのは機材の故障・破損。

幸いにも過去に、取材の現場で致命的な故障や破損に遭遇した経験はありませんが (せいぜいフラッシュのワイドパネルを割ったぐらい)、過去に起こらなかったからといって、将来も起こらないことは保証しませんからね。すると対策は機材の二重化。しかし、ボディだけ 2 台用意しても、レンズがいかれたのでは洒落にならないし、広角・標準・望遠とフルに 2 セット持っていくのは、なんぼなんでも大変。まあ、予備は高倍率ズームで済ませるというのも手ですが。

しかし予備機というやつは、出番が発生しない限りは出番がないわけで、そこにどこまで金額面の、あるいは輸送スペース面のリソースを割くかは難しい課題。キヤノンだったら「高倍率ズーム付きの EOS R10」はひとつの解でしょうけれど、ボディだけ見れば EOS RP と大して変わらないし… 「とにかく撮れればいい」ということなら、G1X Mark II って手もありますが。

実のところ、新たにコンパクトな予備機を足すために費用をかけるよりも、既存の機材の組み合わせでなんとかして。で、それが手持ちのバッグに収まらなければ、バッグを買い足すなり買い換えるなりするのが現実的なのかも。

| | Comments (0)

Sep 29, 2022

2022 年 9 月のお仕事・その 5 & その 6

〆は「世界の艦船」と「丸」。

「世界の艦船」ではロシアの核戦力について特集していますが、その中で「ロシア海軍の戦術核と搭載艦艇」を担当。いやー難しかった。

手っ取り早いのは、核弾頭装備が可能な (SLBM 以外の) 各種艦載ミサイルと、それを搭載する艦のスペックを並べて終わり、というやり方なんでしょうけれど、それでいいのかと。そこでさんざ悩んだ結果、「ロシアはこういう場面で核兵器を使う気だといっているが、それを実現するための戦術核にはこんなものがあって、プラットフォームはこれこれ、配備状況はこれこれ」というアプローチに。

単に「何を持っている」だけで終わらせずに、「どういう目的で、何を、どれだけ、どこに配備しているのか」という切り口ですね。これはこれでアリじゃないかと思ってます。

「丸」の方はいつもの海外ニュース欄。今月から少しボリュームが減って読みやすくなったと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2022年 11月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2022/9/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2022年 11月号 [雑誌]
価格:1479円(税込、送料無料) (2022/9/29時点)


| | Comments (0)

Sep 18, 2022

2022 年 9 月のお仕事・その 3 & その 4

お次は航空 2 誌。

まず今月のハイライトは、「Jwings」で実現した、空自の F-35A に関する取材。全体概要の解説に加えて、飛行隊長インタビューと北空司令官インタビューを担当しましたが、取材のときには機体の止まり撮影や離着陸撮影の場にもいました。そして取材が終わった後、スタコラサッサと三沢空港に移動して JAL の羽田行き最終に飛び乗り、翌日には別の取材だったという。ちょうどボーディング中にナイトの機体が上がっていきましたが、いやはやうるさいのなんのってw

このほか、ユーロファイターについても全体概要と、トランシェ・ブロック・能力向上計画の話を。それから、AGM-88G AARGM-ER の解説記事、そして今回が最後の「ネットワーク戦闘入門」、レギュラーの「月刊 F-35」と盛り沢山。今月はいっぱい仕事したなあ…

「航空ファン」の方はいつもの海外ニュース欄ですが、とにかくもう、締切までにアルテミスが上がらなかったのが残念で。次号には間に合うかしら ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2022年 11月号 [雑誌]
価格:1549円(税込、送料無料) (2022/9/18時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2022年 11月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2022/9/18時点)


 

| | Comments (2)

Sep 14, 2022

2022 年 9 月のお仕事・その 1 & その 2

今月は「Jships」と「軍事研究」。

まず「Jships」ですが、連載「世界の艦艇建造所」のみで、場所がいきなりすっ飛んでカールスクローナのコックムス。ここは 2019 年の 8 月にお邪魔しています。カメラ持ち込み禁止とはいえ「そこまで見せちゃってええんかいな」状態で、実にありがたい限り。

船体用のサンドイッチパネルを作るのに VaRTM (Vacuum Assisted Resin Transfer Molding) で樹脂を含浸させる場面なんて、そうそうみられるもんじゃありません。いやそれよりもむしろ、作りかけの A26 型潜水艦の船殼。作りかけの潜水艦の船殼を生で見た部外者が、世の中にどんだけいることか。サーブさんに感謝。

軍研では、以前から温めていたテーマ「ネット上での宣伝戦・心理戦」をお題に書いてみました。もちろん、例の「環球時報によるでっち上げニュース」の話もネタにするわけです。物書きの第一法則「物書きの身辺で発生した出来事はすべて原稿のネタになり得る」が発動。うひゃひゃ、ますます中国に渡航できなくなりそう (笑)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/9/14時点)


 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1300円(税込、送料無料) (2022/9/14時点)


 

| | Comments (0)

Aug 30, 2022

2022 年 8 月のお仕事・その 4 & その 5

〆は「世界の艦船」と「丸」。

まず「世界の艦船」ですが、「もがみ」型護衛艦のアイコンとなっている統合空中線、NORA-50 の話を書きました。装備庁が動画を Youtube に上げたせいで (?) いろいろ話題になっていますが、あの動画、腑に落ちないところがあるんですよね。なんで洋上無線ルータの空中線を明記してないんだろと。

「丸」の方は、いつもの海外ニュース欄です。特集が「震電」で私に出る幕があるはずもなく。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1530円(税込、送料無料) (2022/8/30時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1699円(税込、送料無料) (2022/8/30時点)


 

| | Comments (0)

Aug 19, 2022

2022 年 8 月のお仕事・その 1 & その 2 & その 3

今月は軍研がお休みだったので、「Jwings」と「航空ファン」、それと久々の「Jtrain」から。といっても、航空二誌はいつものニュース欄、すなわち「月刊 F-35」と海外ニュース欄でありまして。

「Jtrain」は事業用車の特集ですが、GV-E197 系砕石輸送車と E493 系牽引車、それと DEC741 の現車取材を担当しました。ことに DEC741 は、JR 西日本さんの御厚意により長時間の現車取材を実現。屋根の上 (ここが一番大事) から床の下まで、じっくり見せていただきました。

え、「事業用車今昔・電車編」なのに GV-E197 系が出てくるのはおかしい ? いや、あれは自分で発電所を持ち歩く電車みたいなもんだから…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1400円(税込、送料無料) (2022/8/19時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2022/8/19時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

j train (ジェイ・トレイン) 2022年 10月号 [雑誌]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/8/19時点)


 

 

| | Comments (2)

Jul 28, 2022

2022 年 7 月のお仕事・その 6 & その 7

〆は「世界の艦船」と「丸」。

まず「世界の艦船」ですが、「特集 現代の対艦ミサイル戦」の「最新対艦ミサイル搭載艦ラインナップ」。といっても、クラスとスペックを並べて終わりじゃ面白くないので、「搭載形態の違いによる運用面への影響」みたいな観点を加えてみました。SSM は発射筒をポンと架台に載せるケースが多いですが、VLS を使うフネも間々あるのですよね。

「丸」の方は、いつもの海外ニュース欄に加えて、RQ-4 グローバルホークの話を。幸いにも現物を間近で何度か見ているので、私に向いたネタではあります。巻頭カラーに載っているブロック 40 の写真は、3 年前にアヴァロンで撮ったもの。確かこれ、現地入りした初日にはいなくて、翌日の金曜日だったかに現れて大喜びしたやつです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の艦船 2022年 9月号 [雑誌]
価格:1449円(税込、送料無料) (2022/7/28時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2022年 9月号 [雑誌]
価格:1439円(税込、送料無料) (2022/7/28時点)


 

| | Comments (0)

Jul 22, 2022

2021 年 7 月のお仕事・その 5

続きましては「新幹線 EX」。いつものように盛り沢山ですが、今回のお品書きは

  • 「整備新幹線が開業を迎えるためのステップ 西九州新幹線の監査と検査」
  • 「西九州新幹線を例にみる 整備新幹線の諸設備について」
  • 「新幹線開業のために行われる 国土交通省による検査」
  • 「システムから紐解く東海道新幹線 (1) 新幹線を支える 6 つの分野」
  • 「日本の鉄道輸送を支える巨大システム 新幹線を支えるマルスシステムの舞台裏 (1) 空席割り当てのロジック」
  • 「SHINKANSEN NEWS EX」
  • 「EOS R7・R10 の実力やいかに ?」 

西九州新幹線がらみで運輸機構のお仕事に焦点を当てたのと、マルスの話が今回の売りかなと。西九州新幹線の入線架線試験では、新大村と長崎の両駅を掛け持ちしたのですが、これはなかなか際どい移動タイミングでありました。試験列車は遅れたけれど、取材受付時間は所定だったので。

あと、「システムから紐解く東海道新幹線」は、"話を始めたのはいいけれど、いつ終わるか予想もつかない" というやつです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新幹線 EX (エクスプローラ) 2022年 9月号 [雑誌]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/7/22時点)


 

| | Comments (0)

Jul 20, 2022

2022 年 7 月のお仕事・その 3 & その 4

お次は航空 2 誌。「Jwings」で「F-15 クロニクル」という特集を組んでいて、そこで機体寿命の話を。あと、65AGRS の発足に関する記事と、「ネットワーク戦闘入門」の 4 回目、そして毎度の「月刊 F-35」という布陣。IBCS のサイバー セキュリティ対策なんか興味ありありなんですけど、どう見ても機密度最高なシロモノなので、書くに書けないのが辛いところ。いやそれどころか情報が出てこない。

「航空ファン」の方はいつもの海外ニュース欄です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Wings (ジェイウイング) 2022年 9月号 [雑誌]
価格:1549円(税込、送料無料) (2022/7/20時点)


 

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

航空ファン 2022年 9月号 [雑誌]
価格:1361円(税込、送料無料) (2022/7/20時点)


 

| | Comments (0)

Jul 12, 2022

2022 年 7 月のお仕事・その 2

お次は「Jships」。イージス艦の特集を組んでいるんですが、その中で「戦闘システムのベースライン」「VLS」「スタンダード ミサイル」の話を書いてます。そしてお約束のように「ソフトウェアのバージョンこそがキモ」「Mk.41 のメリットは柔軟性」とやっています。

あと、連載「世界の艦艇建造所」は EB。意外や意外、ここは日本向けの艦を手掛けたこともあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

J Ships (ジェイ・シップス) 2022年 8月号 [雑誌]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/7/12時点)


| | Comments (0)

より以前の記事一覧